• TOP
  • SEO対策ガイド
  • Webライターに必要なSEOの知識とは?スキルを身につける3つの方法を詳しく紹介

Webライターに必要なSEOの知識とは?スキルを身につける3つの方法を詳しく紹介

「SEOライティングのポイントが知りたい」
「SEOのスキルはどのように身につけるの?」
「SEOライターの仕事はどこで探せばいい?」
などと考えていませんか?

Webライターとして活動していく上で、SEOの知識は非常に重要です。
ところがSEOには様々な要素があるので「ライターとして何を意識すべきかがわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、Webライターに必要なSEOの知識を身につける方法や、ライティングのポイントについて解説していきます。

SEOの知識を持つライターとして仕事を獲得していきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

SEOと「検索エンジン最適化」という意味

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。

簡単に説明すると「検索エンジンでキーワードを検索した際に、Webサイトを上位表示させるために行う対策」のことです。

日本ではGoogleとYahoo!が主に使われている検索エンジンですが、Yahoo!はGoogleのシステムを採用しています。

よってSEOは、Googleの検索エンジンに対して行うことが一般的です。

Webライターは、SEOの施策が盛り込まれた記事を作成することが求められています。

ライターがSEOのスキルを身につける3つのメリット

こちらでは、ライターがSEOの知識を身につける3つのメリットを紹介します。

  1. 仕事の幅が広がる
  2. 単価がアップする
  3. 自分でメディア運営ができる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.仕事の幅が広がる

SEOの知識が身につくと、仕事の幅が広がります。Web記事をライターに依頼するクライアントの大半が、検索結果で上位を取ることを目指しているからです。

SEOの知識を用いることで、クライアントが満足できる記事を執筆できます。その結果、多くの案件を獲得できるようになるでしょう。

ライターとして案件を獲得できる幅が広がるというのは、SEOの知識を身につける大きなメリットです。

2.単価がアップする

SEOを意識した文章を書けると、報酬単価を上げることが可能です。

検索上位を取ると、クライアントの集客力が上がり、商品やサービスの売上が伸びます。するとライターに依頼する予算を増やせるため、単価が上がりやすくなるのです。

さらに今まで書いた記事を実績として、別のクライアントに営業も行えます。

単価を高められるのは、SEOを勉強するうえで魅力的なポイントです。

3.自分でメディア運営ができる

SEOの知識があれば、自分でメディアを立ち上げて運営することも可能です。「どのユーザーに向けて記事を書けばいいのか」「SEOができている記事はどう作ればいいのか」がわかります。

自分でメディアを作ると、アフィリエイトなどで副収入を得られるかもしれません。またメディアの実績を使って、クライアントからライターの仕事を受注することも可能です。

SEOの知識はライターとして仕事を受けるだけでなく、メディア運営にも利用できると覚えておきましょう。

ライターがSEOのスキルを身につける3つの方法

こちらでは、ライターがSEOのスキルを身につける方法を3つ紹介します。

  1. 本やインターネットで学ぶ
  2. 初心者向けの仕事をこなす
  3. 自分でメディアを立ち上げる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.本やインターネットで学ぶ

SEOの知識は、本やインターネットで勉強できます。

本であれば数百円、インターネットであれば無料で閲覧できるものがあるので、低価格で学べる点が魅力です。

初心者~上級者向けまで様々な情報が出回っているので、自分のレベルに合うもので、効率的に勉強を進められます。

費用をかけずに手際よく勉強したいという方は、本やインターネットを利用してみてください。

2.初心者向けの仕事をこなす

初心者向けのライティング案件に挑戦することも、勉強方法として効果的です。実際に手を動かすことで、SEOについて理解するスピードが速まります。

特にマニュアルつきの仕事だと、実際にメディアを運営している人のノウハウを吸収できます。

クラウドソーシングサービスなどでは、初心者向けの案件も多く存在するので、チャレンジしてみてください。

3.自分でメディアを立ち上げる

実際に自分でメディアを立ち上ることでも、SEOのスキルを高められます。アクセス数を増やすには、SEOの知識が必要不可欠です。

さらにメディア運営を行うことで、クライアントの意図を汲み取れるようになるため、ライターの仕事を受注する幅も広がります。

ブログサービスを使えば無料で自分のサイトを開設できるので、スキルを身につけるためにもぜひ試してみてください。

SEOライティングのポイント7選

こちらでは、SEOライティングのポイントを7つ紹介します。

  1. キーワードの検索意図を考える
  2. 上位記事を参考にする
  3. 適度にキーワードを盛り込む
  4. 簡潔でわかりやすい文章を心がける
  5. 見た目に気を使う
  6. タグを正しく利用する
  7. 情報を過不足なく伝える

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.キーワードの検索意図を考える

キーワードの検索意図を考えることは、SEOを意識した記事を書くうえで非常に大切です。

ユーザーは様々な悩みや疑問を持っており、それを解決するために検索エンジンを利用します。

例えば「ダイエット」というキーワードの場合、以下のような検索意図が考えられます。

  • 効率的なダイエット方法が知りたい
  • 痩せるメカニズムが知りたい
  • 効果的な運動や食事について知りたい

このような検索意図をしっかり読み取り、記事に解決策を載せることが、SEOライティングでは大切です。

2.上位記事を参考にする

記事を執筆する際は、まずは狙うキーワードで実際に検索して、上位記事を確認しましょう。検索結果の上位に表示される記事は、検索エンジンが「読者の悩みを解決している」と判断しています。

上位に表示されている記事に目を通し、どのようなことが書かれているか、足りない情報は何かないかなどを考察することで、読者のためになる記事を作ることが可能です。

記事のコピーは厳禁ですが、上位記事を参考にして記事を構築することは意識してみてください。

3.適度にキーワードを盛り込む

SEOを意識した文章を書く際には、適切にキーワードを盛り込みましょう。記事内にキーワードを入れることで、検索エンジンから評価を得やすくなります。

タイトルや見出し、本文中に、キーワードを入れながら執筆を進めてみてください。

ただし、入れれば入れるほど効果があるというわけではありません。あくまでも「ユーザーにとって有益かどうか」が大切なポイントなので、キーワードを入れすぎて読みにくくしないことも重要です。

読者が読みやすく、かつキーワードに関する内容が充実した文章が、検索エンジンには評価されます。

4.簡潔でわかりやすい文章を心がける

Webで文章を書く際は、簡潔で分かりやすい文章を心がけることが大切です。読みやすい記事を書かないと、読者が途中で読むのを辞めてしまいます。

  • 1文が長くなりすぎていないか
  • 難読漢字や堅苦しい表現を使っていないか
  • 強引にキーワードを入れていないか

など、常に読者の目線を持ち、わかりやすい文章を作成しましょう。

5.見た目に気を使う

Webで記事を書く際には、見た目に気を使うことも大切です。ただ文章を羅列するだけでは、メリハリが無くなってしまいます。

  • 適度に改行を入れる
  • 太文字や色などで装飾する
  • 画像を盛り込む

など、見た目にも気を使って文章を作成していきましょう。

6.タグを正しく利用する

タグを正しく利用することも、ライティングでは意識しましょう。
SEOに効果的なタグをうまく取り入れることで、検索エンジンの評価を高められます。

  • 見出しタグ
  • リストタグ
  • リンクタグ
  • alt属性

など、正しいタグの使い方を覚えておくと、ライティングの幅が広がります。

7.情報を過不足なく伝える

Web記事では、情報を過不足なく伝えることが重要です。
知りたい情報がなかったり、逆に不要な情報が多く入っていたりすると、読者の満足度が下がってしまいます。

すると検索エンジンの評価にも悪影響を与えてしまうので、注意が必要です。

上位記事を見たり、検索意図を深く考えたりして「何が必要で何が不要な情報か」ということを考えて構成を練りましょう。

SEOライターの仕事を獲得できる場所

SEOの知識を身につけてライターとして活動していく場合、仕事を見つけられなければなりません。

こちらでは、SEOライターの仕事を獲得できる場所について紹介します。

  1. クラウドソーシング
  2. 求人サイト・転職エージェント
  3. SNS

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトは、仕事を発注したい人と受注したい人を結ぶつけるプラットフォーム。
ライターを始めたばかりの人は、クラウドソーシングの利用がおすすめです。

サイトを確認すると、初心者向けの案件から経験者のみを募集している案件、高単価な案件など、たくさんの案件を見つけられます。

などが、有名なクラウドソーシングサービスです。

高単価な案件は経験が豊富なライターや実績があるライターが採用されやすいので、まずは初心者向けの案件で経験を積んでから単価が高い案件に挑戦すると良いでしょう。

2.求人サイト・転職エージェント

求人サイトや転職エージェントにも、ライターの求人があります。正社員として会社に属して記事を執筆する求人もあれば、業務委託で執筆した記事数に応じて報酬が支払われる案件もあるなど様々です。

など、求人サイトを探してみてください。

また転職エージェントであれば、自分のスキルに合わせて仕事を紹介してもらえる可能性もあるので、営業活動が苦手な方におすすめです。

3.SNS

SNSを利用してSEOライターの仕事を探すことも可能です。特にTwitterでは、頻繁に「ライター募集」というキーワードでライターを探している人や企業を確認できます。

クラウドソーシングサービスと異なり、仲介業者がいるわけではないので、手数料がかからない点も魅力です。自分が気になるジャンルでライターを募集していたら、コンタクトを取ってみると良いでしょう。

ただし手数料が無い分、報酬の未払いなどに巻き込まれやすいのも事実です。

相手が信頼できるかどうかをしっかりと確認してから、仕事を受けるようにしましょう。

まとめ

WebライターがSEOのスキルを身につけると、仕事の幅が広がり、単価を上げられます。さらにはSEOの知識を活かして、自分でメディアを運営することも可能です。

SEOの知識やノウハウは、インターネット記事や本を読めば気軽に入手できます。自分のレベルに合わせて、勉強を勧めていくことが大切です。

SEOのスキルを身につけて、Webライターとして仕事の幅を広げていきましょう。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます