• TOP
  • SEOガイド集
  • 【必見】SEOの勉強方法5選。学ぶ上で意識したい5つのポイントとは

【必見】SEOの勉強方法5選。学ぶ上で意識したい5つのポイントとは

「SEOについて本格的に勉強したい」
「勉強方法について知りたい」

「どんなことから始めたらいいかわからない」
と考えていませんか?

SEOで学ぶべき内容は幅広いため、自分に合った方法で効率よく勉強することが大切です。

そこでこの記事では、SEOの勉強法やポイント、理解しておくとよい項目を詳しく紹介します。

自分に合ったSEOの勉強方法を見つけたいという方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

SEOの勉強におすすめの方法を5つ紹介

こちらでは、SEOの勉強におすすめの方法を5つ紹介します。

  1. インターネットで調べる
  2. 書籍を読む
  3. 自分でサイトを運営する
  4. セミナーに参加する
  5. コンサルなどでプロの意見を聞く

そもそもどういった勉強法があるかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.インターネットで調べる

インターネット上には、あらゆるSEOの情報が存在します。無料で閲覧できるものも多く、手軽に勉強を始めたい方にうってつけです。

さらにわからない専門用語が出てきた場合にも、すぐに検索して情報を得られるため、効率よく進められます。

ただし掲載されているSEOの情報が最新ではない可能性があるため、いつ用意されたコンテンツなのかを確認しておくと良いでしょう。

2.書籍を読む

書籍も、SEOを学ぶうえで効果的な手段です。初心者から上級者向けまで、レベル別で多くの書籍が刊行されているため、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

さらに順序立てて説明されていることが多く、まったく知識がない状態でもスムーズに学習を進められます。ただし中には古い情報が載っている書籍もあるため、発売日が新しいものを選ぶことがおすすめです。

3.自分でサイトを運営する

実際に自分でサイトを運営することも、おすすめの勉強方法です。インターネットや書籍で学んでも、実際に試してみるとうまくいかないことは少なくはありません。

自分でサイトを運営すると、どのようにSEOを意識すればいいのかや、疑問点がハッキリとわかるため、知識を効率よく定着できます。ただ知識を仕入れるだけでなく、実際に手を動かして学ぶことも意識しましょう。

4.セミナーに参加する

セミナーで、実際に活躍しているプロと話すこともおすすめです。最新情報や本人の体験談を聞けるため、より実践向きな情報を入手できます。

さらにセミナーには同じ目的を持った人達が集まるため、モチベーションアップにつながることもメリットのひとつです。

セミナーの内容は、最新の情報や技術解説、初心者向けまで幅広く存在します。自分のレベルにあったものを選んで参加すると良いでしょう。

5.コンサルなどでプロの意見を聞く

SEOの勉強方法として、コンサルを受けることもおすすめです。プロの意見を参考に取り入れることで、自分では思いつかなかった部分が見えてきます。

また自分が運営しているサイトに対して客観的な意見がもらえるため、改善につなげやすいです

さらにコンサルティング会社によっては、様々なサポートを行っています。

  • 市場分析
  • メディアの準備
  • キーワード選定
  • 記事作成
  • 定期的なフィードバック

など、確かなWEB知識を持ったプロに依頼することで、大きな成果が見込めるでしょう。

SEOの勉強をする際のポイント

こちらでは、SEOの勉強をする際のポイントを5つにまとめました。

  1. まずは基礎知識を習得する
  2. スマートフォン対策について学ぶ
  3. 上位記事を参考にする
  4. わからない部分は放置しない
  5. 最新情報に目を向ける

ぜひ参考にしてみてください。

1.まずは基礎知識を習得する

SEOを勉強する際には、まず基礎知識をしっかりと頭に入れておく必要があります。検索エンジンの仕様は時代によって細かな違いはありますが、基本的な部分はあまり変わりません。

よって様々な状況に対応するためにも、まずは基本を学ぶことが大切です。

どこから学べばいいかわからないという方には、Googleが公式で公開している「検索エンジンスターターガイド」を確認してみてください。

スターターガイドは、元々社員向けだったものを公開したものです。上位表示させるために必要な基礎知識から、この先もしばらく使える情報までわかりやすくまとめられています。

まずは基礎を身につけてから、応用技術を学ぶことが大切です。

2.スマートフォン対策について学ぶ

スマートフォンについてのSEOを学ぶことも、重要なポイントです。Webサイトをスマートフォンで利用する人は非常に多いため、モバイルユーザーから見たサイトデザインなどの勉強にも注力しましょう。

Googleは2018年に「モバイルファーストインデックス」を開始しています。これは従来のデスクトップ型のコンテンツをランキングシステムに利用するのではなく、モバイル版のページを使うことを意味します。

  • スマートフォンでの表示速度
  • デザインレイアウトの切り替え

など、スマートフォンで使いやすいWebサイトかどうかは、今後のSEOにおいても重要です。

3.上位記事を参考にする

上位記事を参考にすることも、勉強する際のポイントです。上位表示されている記事は「ユーザーにとって有益である」と検索エンジンが評価しています。

参考にすべき点は、主に以下のとおりです。

  • 誰が書いているのか
  • どのような悩みを解決する記事なのか
  • どのような見出しが入っているのか
  • タイトルやサイトデザインにどのような工夫があるのか

ただし、完全に同じ記事にしないように注意しましょう。丸々コピーしてしまうと検索エンジンからの評価が下がるため、あくまで参考程度にとどめることが大切です。

4.わからない部分は放置しない

SEOの勉強をする際には、わからない部分を放置しないことも大切です。専門用語が多いため、理解しないまま進めてしまうと、さらに難易度が高くなってしまいます。

  • インターネットや書籍を活用する
  • SNSなどで情報を集める
  • 実際に成功しているプロに話を聞く

など、少しでも疑問に感じたら、すぐに調べるようにしましょう。

5.最新情報に目を向ける

基礎知識だけでなく、最新の情報に目を通すこともポイントの1つです

SEOの手法は日々変化しています。よって基礎的な知識やテクニックだけでなく、新しい情報もしっかりチェックしておくことが大切です。

特にGoogleの公式Twitterブログでは、最新の検索アルゴリズムのアップデート情報などを発信しています。定期的に確認しておきましょう。

SEOを勉強する際に理解しておくと良い5つの項目

こちらでは、SEOの勉強で理解しておくと良い項目を5つにまとめました。

  1. 検索エンジンの仕組み
  2. サイトがクリックされるまでの仕組み
  3. キーワードの選定方法
  4. 内部対策
  5. 外部対策

それぞれ詳しく紹介していきます。

1.検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組みは、知っておくべき基本情報です。検索エンジンは、ユーザーが最も知りたい情報を効率よく提示するために使われています。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、数多くあるサイトの中からユーザーが求めているニーズに合わせ、コンテンツを表示しています。
おおまかな手順は、以下のとおりです。

  1. 検索エンジンのクローラー(サイト巡回ロボット)が、Webサイトの情報を収集
  2. 集めたデータを分類して、データベース(インデックス)へ登録
  3. 独自の評価基準でスコアリングし、点数の高い順番に表示

評価基準に関しては明確に公開されていませんが、ユーザーの悩みを解決できるような記事が高い評価を得る傾向にあります。

まずは検索エンジンのシステムを理解して、それに応じた対策を組み立てることが大切です。

2.サイトがクリックされるまでの仕組み

実際に自分のサイトがクリックされるまでの仕組みを知っておくことも重要です。

検索エンジンに表示されているタイトルは「titleタグ」というHTMLによって表示されています。正しくHTMLを記述することで、検索結果に反映されているということを覚えておきましょう。

またユーザーはタイトルだけでなく、メタディスクリプション(タイトル下の概要欄)を見ることで、記事をクリックするかどうかの判断を行っています。

よってユーザーの興味を引くタイトル文やメタディスクリプションを考えることが、サイトのクリック率を高めるうえで大切です。

3.キーワードの選定方法

キーワード選定は、サイトの閲覧数や売上を伸ばすうえで非常に重要です。ユーザーが検索するキーワードに対して記事を書くことで、上位表示を狙いやすくなります。

  • よく検索されているか
  • ライバルが少ないか
  • 自社商品の販売につながるか

など、様々な観点からキーワードを選定することが大切です。

やみくもにコンテンツを増やしていても、アクセス数はなかなか伸びません。自分のサイトの目的を明確にして、どのようなキーワードなら上位表示ができるか、商品の購入につながるかを考えながら選定を行ないましょう。

4.内部対策

内部対策は、サイトの順位を上げるために行うコンテンツの内部構造の施策を指します。上位表示を狙うには、まず検索エンジンのクローラーが巡回しやすいサイトを構築することが大切です。

  • HTMLタグを適切に利用する
  • サイトマップの作成
  • パンくずリストの作成
  • サイトの構造を最適化

など、サイトの内部を適切に整える必要があります。

ユーザーにとって魅力的な記事を書くことも大切ですが、検索エンジンに向けた内部対策についても勉強しておきましょう。

5.外部対策

外部対策とは、自身のサイトに外部からリンクを集めるための対策です。

検索エンジンに価値の高いサイトと認識されるためには、外部からどれだけ評価を集めているかも重要な指標とされています。

外部対策では、主に「被リンク」の獲得が重要です。多くのサイトに紹介されている記事=価値が高いと判断されます。

被リンクは自分でコントロールすることが難しいですが、どのようにすれば紹介されやすい記事になるのかを考えて作成する意識を持ちましょう。

まとめ

検索エンジンの評価基準は定期的に変動するため、状況に応じたSEOを行うことが大切です。

インターネットや書籍など、様々な勉強方法があるので、自分に合うものを選びましょう。また勉強した知識を定着させるために、実際にサイトを運営することも試してみてください。

SEOによる成果を得るためには、日々コツコツと勉強を進めていきましょう。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます