• TOP
  • SEOガイド集
  • 【解決】SEOとSEMの5つの違いを徹底解説!それぞれのメリット・デメリットを紹介

【解決】SEOとSEMの5つの違いを徹底解説!それぞれのメリット・デメリットを紹介

「SEOは聞いたことがあるけど、SEMについてはよくわからない」
「SEOとSEMの違いが知りたい」
「SEOとSEM両方の特徴を知って有効活用したい」

このように考えていませんか?

SEOとSEMは言葉だけ見ると似ていますが、意味や施策の内容は大きく異なります。

そこでこの記事では、SEOとSEMの違いについて、以下の内容を詳しく解説していきます。

  • SEOとSEMの概要
  • SEM施策に重要なSEOとリスティング広告の違い
  • SEOとリスティング広告のメリット・デメリット
  • SEOとリスティング広告の使い分け

SEMとSEOの違いや、SEOとリスティング広告の使い分けなどについて知りたい方は参考にしてみてください。

SEOとSEMの概要

簡単にいうと、SEOはSEMの一部です。SEMの中にSEOとリスティング広告のマーティング施策が含まれます。

よく似ているSEOとSEMはどのようなものなのか、それぞれの概要を解説していきます。

SEOとSEMの違いを把握するための参考にしてみてください。

SEO=検索エンジン最適化

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略です。Googleなどの検索結果で、広告を使わずに上位表示されるような施策を行うことを意味します。

検索エンジンでは「クローラー」と呼ばれるロボットが、Webサイト上を巡回して情報を収集します。

収集した情報がインデックスされると、キーワードと関連性が高いサイトが検索結果に表示されます。

SEOにおいて重要なのは、ユーザーファーストのコンテンツを作ることです。

  • 読者の悩みを解決する内容
  • 画像や装飾などで視覚的に見やすい
  • ページの読み込み速度が速い
  • 他のサイトで多く紹介されている

など、ユーザーにとって有益だと判断される記事を作ることが、上位表示に欠かせません。

SEM=検索エンジンマーケティング

SEMとは「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略です。SEOやリスティング広告などを含む、検索エンジン上のマーケティング全般を意味します。

よって「SEOはSEMの中に含まれている」と考えてください。

SEOと並んで重要なSEMの施策が「リスティング広告の出稿」です。
リスティング広告とは、検索エンジンの上に表示される広告のことを示します。

検索エンジンに広告を表示させるためには費用がかかりますが、検索結果で1位の記事よりさらに上位に表示されます。

費用がかかる分、検索結果の目立つ場所にコンテンツを配置できる手法です。

SEM施策に重要な「SEO」と「リスティング広告」の5つの違い

SEMの施策として主に利用されるのが、SEOとリスティング広告です。

ここではそれぞれの違いを、以下の5つの項目に分けて詳しく解説していきます。

  1. 費用
  2. 結果がわかるまでの期間
  3. 順位のコントロール
  4. クリック率
  5. 運用方法

SEOとリスティング広告の違いを知りたい方は参考にしてみてください。

1.費用

リスティング広告は広告を出すのに費用がかかります。広告がクリックされた際に、単価を支払うことが一般的です。

単価はオークション形式で決定され、他の出稿者の入札金額と比較して順位が決まります。よって人気のキーワードであるほど、入札単価が高くなります。

一方SEOは、基本的には費用がかかりません。良質なコンテンツを作成して、Googleからの高い評価を受けられれば、費用をかけずとも検索上位を狙えます。

ただし成果を出すためには幅広くコンテンツを作成する必要があるため、記事制作などの運用費が多くかかる可能性があります。

  • リスティング広告:クリックごとに決められた費用が発生する
  • SEO:検索上位を狙うための費用はかからないが、サイト運用費が多くかかるリスクがある

と考えておきましょう。

2.結果がわかるまでの期間

リスティング広告は入札単価を高く設定すれば簡単に上位表示を狙えるので、即効性があります

一方でSEOは、検索エンジンがコンテンツを認知するまでに時間がかかるケースが大半です。

新規でサイトを作ると、評価されるまでに3ヶ月以上かかることも考えられます。その分、順位が上がっている間は長期的な効果が見込めることが魅力です。

リスティング広告を長期間出すとなるとかなりの費用がかかりますが、SEOは基本的に無料です。ただし時間が経てば確実に上位表示が狙えるわけではありません。

  • リスティング広告:費用はかかるが、即効性がある。単価を上げれば確実に上位表示が可能
  • SEO広告:費用がかからない分、時間がかかる。上位を取れる保証は無いが、長く効果を見込める

と考えておいてください。

3.順位のコントロール

順位をコントロールしやすいのはリスティング広告です。

リスティング広告は、入札額を他の出稿者より増やし、品質スコアを高めることで上位表示が可能なので、費用により結果の変動をコントロールしやすいです。

一方、SEOは検索エンジンのアルゴリズムにより順位が決まるため、自分で順位をコントロールできません。

Googleのアルゴリズムの変動により、順位が入れ替わることも多いです。ある日突然1位になる場合もあれば、変動によって表示されなくなるということも十分にありえます。

  • リスティング広告:入札単価さえ上げることで、順位をコントロールしやすい
  • SEO:順位は検索エンジンによって決められるため、自分ではコントロールできない

という違いがあります。

4.クリック率

クリック率は、ページの上部に表示されるほど高まります。SEOもリスティング広告もこの現象は同様ですが、クリック率が高いのはSEOです。

ユーザーは広告を避ける傾向にあるため、同じ1位という状況でもクリック率は大きく違います。

ジャンルやキーワードによりますが、リスティング広告のクリック率は約2~6%(参考:WordStream

反対にSEOは、検索1位で約28.5%という高いクリック率です。
(関連記事:検索結果1位のクリック率は25%超。Google検索のCTR最新調査データ

5.運用方法

SEOとリスティング広告は、運用方法が大きく異なります。
リスティング広告はクリックされる毎に費用が発生するため、黒字化するまでに日々細かい運用が必要です。

例えば利益額が3,000円の商品を取り扱う場合、1クリック300円の広告を10回押されるまでに商品を売らないと赤字になってしまいます。

そのため1記事の成約率を分析して、商品がより売れやすくなるようなページ作成と、単価が安いキーワードの選定を続けなくてはなりません。

一方、SEOは更新や修正などを行ってもすぐに順位に反映されないため、リスティング広告ほど細かい運用は必要ないでしょう。ただしコンテンツを多く入れないとページの評価が上がらないため、新しい記事を増やす必要があります。

  • リスティング広告:入札単価をなるべく下げつつ、1ページ内での成約率を高める
  • SEO:質の高いコンテンツを増やして、サイトの評価を高める

と、運用方法が全く違います。

SEOとリスティング広告のメリット・デメリット

SEOとリスティング広告にはそれぞれメリット・デメリットがあります。どちらを利用するかは、ケースによるでしょう。

こちらでは、SEOとリスティング広告のメリット・デメリットを詳しく解説します。自サイトがどちらに向いているのか確認してみてください。

SEOのメリット・デメリット

SEOのメリットは以下のとおりです。

  • 基本的に無料
  • 高いクリック率で多くの集客が期待できる
  • 長期的な収益が見込める

SEOの魅力は、なんといっても上位表示に費用がかからないことです。
上位表示をしている間は、長く収益を生み出せます。

反対にSEOのデメリットは以下のとおりです。

  • 時間がかかる
  • 多くのコンテンツを作成する必要がある
  • 確実に集客できるわけではない

SEOはコンテンツを多く作成する必要があり、さらに評価を受けるまでの期間があるので、成果発生までに時間がかかります。

また確実に上位を取れるわけではないので、細かいサイト設計やキーワード分析が必要です。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告のメリットは以下のとおりです。

  • 即効性がある
  • 確実な集客が期待できる
  • 多くのユーザーが目にする機会が増える

リスティング広告は、即効性があるのが大きなメリットです。
広告を出稿したその日からアクセスを集められます。

反対にリスティング広告のデメリットは以下のとおりです。

  • 費用がかかる
  • 広告をよく思わないユーザーがいる
  • 継続して集客するのが難しい

リスティング広告はクリックされるたびにお金が発生するため、集客時にかかる費用はSEOに比べて膨大です。
費用に対して成果が薄いと赤字になってしまうため、細かな予算設定が求められます。

SEOとリスティング広告の使い分け

こちらではSEOとリスティング広告の使い分け方について、以下の項目で解説していきます。

  • 短期間で成果を出したいならリスティング広告
  • 長期的に安定した成果を出したいならSEO
  • コンテンツを多く作成するならSEO

どちらでSEMへの施策を行っていくのか迷う方は参考にしてみてください。

短期間で成果を出したいならリスティング広告

短期間で成果を出したいのならリスティング広告がうってつけです。

リスティング広告は即効性があるうえ、費用により成果をコントロールしやすいからです。
ただし費用が発生するため、常に公告による収益>費用というバランスになることを意識しなくてはなりません。

予算に余裕があり、結果を早く出したい場合には、リスティング広告を利用してみてください。

長期的に安定した成果を出したいならSEO

長期的な効果を見据えてサイトを運営していくなら、SEOが良いでしょう。
SEOは手間や時間がかかりますが、良質なコンテンツを作成すれば長期的に安定した成果に繋げられます。

SEOで結果を出すためには、サイトの分析が必須です。ユーザーがどのキーワードで流入してくるのか、どのコンテンツが読まれているのかなどをしっかり分析し改善していきましょう。

コンテンツを多く作成するならSEO

コンテンツを多く作成する時間や余裕があれば、SEOがおすすめです。
質の高いコンテンツを多く用意することで、検索順位の上位を狙いやすくなります。

反対にコンテンツ量が少ないなら、リスティング広告がおすすめです。リスティング広告であれば極論1記事であっても、成果を出せるかもしれません。

コンテンツの作成には時間がかかるので、どちらが向いているかを考えたうえで決定してみてください。
「SEOにチャレンジしたいけど、コンテンツ作成の時間が取れない……」という場合は、外注やコンサルティングを利用することも検討してみましょう。

まとめ

SEOは検索エンジンに上位表示させるための施策を行うことです。SEMは検索エンジンに対するマーケティングの総称で、SEOやリスティング広告が含まれます。

SEOで確実に効果を出すためには時間や知識が必要ですが、上位表示されている間は長期的な効果が見込める方法です。

一方リスティング広告は有料ですが、即効性があり確実に上位表示できる方法です。しかし、ユーザーは広告を避ける傾向にあるため、一時的なものとして使用するのが良いでしょう。

SEOとリスティング広告、どちらにもメリット・デメリットがあります。適切に利用して集客につなげてみてください。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます