• TOP
  • SEOガイド集
  • 【重要】リライトはいつ行うべき?SEOに効果のあるタイミングや4つのステップを徹底解説

【重要】リライトはいつ行うべき?SEOに効果のあるタイミングや4つのステップを徹底解説

検索結果で上位表示を目指すためにリライトが重要だとは知っていても「どのタイミングで行えばいいのかわからない」「効果的な方法がわからない」という方もいるのではないでしょうか?

リライトはやみくもに行えばいいというわけではなく、実施に適切なタイミングや方法があります。

適切にリライトを行うことで、検索順位の上位が狙えたり、新しいキーワードからのアクセスが増えたりする効果が見込めるのです。

そこでこちらでは記事のリライトについて、初心者の方でも分かりやすいように解説します

  • SEOにおけるリライトのメリット
  • リライトをするタイミング
  • 効果的なリライトの手順

いまある記事の順位をより高くしたいという方は、ぜひ最後まで確認してみてください。

SEOにおけるリライトの3つのメリット

こちらではリライトのメリットを3つにまとめました。

  1. 検索順位の上昇が狙える
  2. 新規記事より低コストで時間もかからない
  3. 新しいキーワードからのアクセスが増える

ぜひ参考にしてみてください。

1.検索順位の上昇が狙える

上位表示されるコンテンツを作ろうと思っても、初めから検索順位トップに表示される記事を制作するのはなかなか簡単ではありません。

そのためまずはコンテンツを制作した上で、どんなキーワードから流入しているかなど分析しましょう。

リリースした記事の伸び方やクリック数などを分析してからリライトすることで、少しずつGoogleからの評価を高めていけます。

検索順位の上昇によって、今まで以上にアクセス数が増加したり、商品やサービスの購入も増えたりする点が、リライトのメリットです。

2.新規記事より低コストで時間もかからない

リライトは、新規記事よりも低コストかつ、時間もかからない点がメリットです。

新規記事の場合だと、SEO構成や形式を踏まえて作成しなければなりません。また初めから作成するため時間もかかります。

リライトの場合、すでにコンテンツはリリースされているため、必要な箇所のみ手を加えるだけで問題ありません。

よって外注する場合でも、低コストで進められます。リライトは業者によって取り組み方が異なるため、外注する場合はどのように進めるのか事前に確認しておきましょう。

3.新しいキーワードからのアクセスが増える

記事をリライトすることにより、コンテンツが充実します。
コンテンツの内容が増えると、その記事では取ることができなかった、新たなキーワードからの流入を増やせる点も大きなメリットです。

例えば「テニスのおすすめラケット」という、ラケット紹介のみの記事があったとします。

そこにラケットの選び方という項目も加筆した場合、リライトしてからはラケットの選び方を知りたいというユーザー層からのアクセスも増えやすくなります。

このように新たな関連キーワードからの検索流入も増えやすくなるため、積極的にリライトすることは大切です。

しかしあまり関連性がない情報を盛り込むのは、ユーザーの検索意図から外れてしまうため注意が必要です。

リライトをする4つのタイミング

こちでは、リライトをするタイミングを4つにまとめました。

  1. 上位表示されているのにクリック率が低い時
  2. 表示回数は多いが順位が低い場合
  3. 情報が古い場合
  4. すでにある程度上位表示されている場合

やみくもに記事を書き直していても、なかなか効果は得られません。

タイミングを把握して、リライトにかける時間を少なく、効果が大きい状態を目指しましょう。

1.上位表示されているのにクリック率が低い時

上位表示されているのにもかかわらず、クリック率が低い記事はリライトの対象です。
クリック率はCTR(Click Through Rate)とも呼ばれ、記事がユーザーに表示された回数のうち、実際にクリックにつながった数の割合のことをいいます。

上位表示されているのにもかかわらずクリック率が低い=ユーザーの目に触れているがクリックはされていないということです。

アメリカの企業SISTRIXのデータを見ると、各検索順位の平均クリック率は以下のとおりです。

1位 28.5%
2位 15.7%
3位 11.0%
4位 8.0%
5位 7.2%
6位 5.1%
7位 4.0%
8位 3.2%
9位 2.8%
10位 2.5%

参考:SISTRIX

上記数値より低い場合は、ユーザーの興味を惹きつけるようなタイトルではないのかもしれません。

よってリライトで、検索結果で表示されるタイトルやディスクリプションを見直す必要があります。

2.表示回数は多いが順位が低い場合

表示されている回数は多いのにもかかわらず、順位が低い場合もリライトすべきです。

このパターンは、上位記事にユーザーニーズを満たす上質なコンテンツが少ない場合が多いです。ユーザーは上位記事で満足できないからこそ、2ページ目・3ページ目と、検索結果を進んでいきます。

つまり競合が少ない状態なので、リライトで読者が満足できる記事を作成することで、より上位を目指すことが可能です。

他の近い順位の記事と見比べて、表示回数が多いかどうかを確認してみましょう。

3.情報が古い場合

情報が古いと、ユーザーが記事を読んだ際に、信憑性のないサイトだと思われてしまいます。

また時代遅れの記事や、最新の情報と比べると虚偽に近い内容である場合は、Googleからの評価も下がる場合があります。

よって古い記事がある場合は、正しい最新の情報に書き換えることを意識しておきましょう。

4.すでにある程度上位表示されている場合

すでに記事がある程度上位表示されている場合も、リライトの対象です。ある程度上位にいる=Googleから一定の評価を得ているということに繋がります。

ここでリライトを行い、コンテンツを充実させることで、さらなる上位表示を狙うことが可能です。

1~2ページ目に入っている記事で、上位記事と比べてコンテンツが不足している記事がないかを確認してみてください。

反対に検索結果が100位以上など、極端に評価が低い記事は、リライトしてもあまり効果が得られない可能性が高いです。

リライトをする際は「ある程度順位がついている記事」に行うようにしましょう。

効果的なリライトの方法4ステップ

リライトをしようと思っても、どこから始めたら良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。

こちらでは、効果的なリライトの方法を4つのステップにまとめました。

  1. リライトする記事を選定する
  2. 記事の分析をする
  3. 加筆修正をする
  4. 順位を確認する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.リライトする記事を選定する

まずはリライトする記事を決めます。

  • 上位表示されているのにクリック率が低い記事
  • 表示回数やクリック数は多いが順位が低い記事
  • 更新日が古い記事
  • すでにある程度上位表示されている場合

の中から、リライトに適していそうなものを選びましょう。

ただしリライトは万能ではなく、かえって順位が下がってしまう可能性もあるので、慎重に行うことが大切です。

最初は伸び悩んでいる記事を加筆、修正することをおすすめします。

2.記事の分析をする

やみくもに書き換えるだけではなく、リライトする際は、どのようにするとアクセス数が増えるか考えましょう。

分析する際は、以下の点を特にチェックすることをおすすめします。

  • 上位記事と比べて過不足がないか
  • ユーザーの疑問に対して解決できているか
  • オリジナリティが含まれているか
  • 専門性の高い内容があるのか
  • タイトルや概要欄は魅力的か
  • 構造や目次はわかりやすいか

自己満足だけでなく、しっかりユーザーのニーズを理解しているか、わかりやすいかという点を意識しましょう。

3.加筆修正をする

記事の分析ができたら実際に加筆していきます。ここでもともと書いていた内容を削除しすぎないように注意しましょう。

元の内容を削除してしまうと、評価されていた部分まで消してしまい、順位がさらに落ちてしまう可能性もあります。

誤字脱字や、間違った情報などの誤りがある部分を除き、基本的にはそのまま残しておくことが大切です。

また構成の順序を変更することは問題ないため、よりユーザーニーズに合った内容を考えましょう。

4.順位を確認する

記事をリライトして公開したら、順位を必ず確認しておきましょう

もし公開後に検索順位が10位以上落ちた場合、評価を大幅に下げた可能性があるため、すぐにリライト前の状態に戻すことをおすすめします。

順位が大きく変わらない場合でもすぐに書き直すのではなく、時間をかけて見守ることが大切です。

全く変わらない場合でも、2ヶ月以上経過してから急に上昇し始めるケースも少なくありません。

適切だったかどうかを判断して、次のリライトに繋げましょう。

リライトする際の5つの注意点

こちらでは、リライトする際の注意点を5つにまとめました。

  1. 競合を事前調査してから書く
  2. 新規記事として公開しない
  3. 検索意図から外れた情報を記載しない
  4. コンテンツが少なければリライトしなくて良い
  5. 誤字脱字はないか確認する

ぜひ参考にしてみてください。

1.競合を事前調査してから書く

なんとなくリライトするのではなく、競合コンテンツをしっかり調べ、参考にすることは重要です。

検索結果の上位にいる=Googleから評価されているということに繋がります。

  • どんなタイトルなのか
  • 記事の構成は見やすいか
  • 画像や動画はあるのか

など、競合をしっかり分析しておきましょう。

2.新規記事として公開しない

リライトした記事を新規記事として公開してしまうと、元の記事の評価が引き継がれません。

URLが変わってしまうと、全く別のコンテンツとして評価されてしまいます。

仮にURLを変更する必要があった場合は、元のURLから新しいURLへの301リダイレクトを設定すると、SEOの効果を引き継ぎます。

とはいえ原則として、URLはなるべく変えないことを意識しておいてください。

3.検索意図から外れた情報を記載しない

リライトする際に、検索意図と関係ない情報まで盛り込まないように注意しましょう。

SEOで大切なのは「情報を過不足なく伝えること」なので、無理やり文字数を増やしても、かえって順位が下がる可能性があります。

検索ユーザーは「どういったことを解決したいのか」をしっかり調べてから追記しましょう。

4.コンテンツが少なければリライトしなくて良い

そもそもWebサイト全体のコンテンツが少ない場合はリライトするよりも、新規記事を増やすことが大切です。

最初の数記事は検索上位にもなかなか上がらないため、まずは記事数を増やしてサイトに厚みを持たせましょう。

リライトはある程度コンテンツがたまり、検索結果に反映してきた頃に行うことが重要です。

5.誤字脱字はないか確認する

基本ですが、誤字脱字はないかしっかり確認しましょう。

リライトをしたらそこで終了ではなく、最後にもう一度初めから読み直してみるべきです。
また、難しい漢字や専門用語などは言い換えるようにして、読みやすさを第一に考えましょう。

まとめ

リライトとはSEOにおいて、上位表示させるために非常に重要な作業です。

やみくもに記事を書き直していても、なかなか効果は得られません。上位表示されているのにクリック率が低い時や更新日が古い記事がある場合など、適切なタイミングで書き直すことで効果も得られやすくなります。

リライトを行うことで、コンテンツが充実し、サイトの信ぴょう性も上がります。信ぴょう性が上がると、商品やサービスの成約率も高くなるでしょう。

書き直すべき記事がないか、Webサイト内をもう一度見直してみてください。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます