今デジタルで起きている最も気が滅入ること

先日、カリスママーケッターで有名なミッチ・ジョエルのKickstarterに関する記事を紹介しましたが、今回は、その続編的な位置づけになる記事を。少し前にバス監視員の女性が生徒からいじめられている映像がYoutubeにアップされて大きな話題になりましたが、その事件から考えるインターネット、そして人間の暗部について。 — SEO Japan

続きを読む

Kickstarter、それはデジタルで今起きている最もエキサイティングな事件だ!

話題になっている割には本格普及にはまだまだ夜明け前といった日本のクラウドソーシング分野ですが、世界を見ると英語圏、特に米国ではクラウドソーシング関連サービスがキャズムを超えて大ブレイクしつつあります。その代表格ともいえるのが、ニューヨーク発のKickstarterなわけですが、今回はKickstarterを愛してやまないと公言するカリスママーケッターのミッチ・ジョエルがその素晴らしさについて語ります。 — SEO Japan

続きを読む

iPadはノートブックを殺すのか?

先日、マーケット・オブ・ワンに、まどわされるなという記事を紹介したのですが、内容は示唆に富んでいると思うものの、若干具体性に欠けたせいか、いまいち注目を集めませんでした。今回その第二段、かつほぼ0ベースから一つの巨大市場を作ったiPad率いるタブレットPC市場を取り上げたており、これならもう少し興味を持って読めるのでは?という記事を改めて。 — SEO Japan

続きを読む

先導者のパラドックス

40過ぎてなお1年に一回位モラトリアムな時期を過ごしてしまう私です。微妙に記事の更新頻度が遅れがちなSEO Japanもその影響が多分にあったりするのですが、そんな時に読んだ今回の記事。Chris BroganというSEO Japanでもブログを翻訳している米国の超有名カリスマブロガーが最近出版したGooge+のベタボメ本に関する論争を元にしたその内容、レベルはともかくイノベーション的行為に憧れを感じる人にも嫌悪する人にも考えさせられる記事になっています。 — SEO Japan

続きを読む

コンテンツはドラッグ、ストーリーが治療薬

リターゲティングからRTB、DSPなどアドテクノロジーの急激な進化でネットマーケティングがより効率的に運用できるようになるかと思いきや、その一方でこれからはコンテンツマーケティングが大事、ネイティブ広告で広告もコンテンツ化されるべきなど、これまで以上に柔軟な発想とクリエイティビティを駆使したマーケティングが求められるようになっている今日。コンテンツ作りに関するノウハウ記事も世の中無数に出ていますが、今回はコンテンツマーケティングを考える際に、カリスママーケッターのミッチ・ジョエルがコンテンツ以上に重要な要素と考える「ストーリー」について語った記事を。 — SEO Japan

続きを読む

マーケット・オブ・ワンに、まどわされるな

ネットが普及し始めた頃から嫌という程、語り尽くされてきたワン・トゥ・ワン・マーケティングの重要性ですが(その割に最近まで、というか今でも普通のマス指向の広告キャンペーンがネットにも溢れかえっていますが・・・)、今回は少し視点を変えて特定の個人視点に頼りすぎたマーケティングの危険性に関する記事をミッチ・ジョエルから。文中で出てくるマーケット・オブ・ワン(個客市場)とは、大量市場(マス・マーケット)との対比で使われる用語です。 — SEO Japan

続きを読む

さようなら、ページビュー

古くはFlashやAjax、そして今日のアプリにHTML5全盛時代、、、ページビューでウェブサイトの価値を考える時代はとうに過ぎ去ったはずなのに、ネット広告の世界では何故か未だ幅を利かしているページビュー換算の広告指標。日本に限らず最先端のアドテクノロジーが次から次に生まれているアメリカでも意外と状況は似ているようです。とはいえ、そろそろそんな時代も終わりに来ているかも、、、ということで、今回はページビューの今後を考えてみた記事をカリスママーケッター、ミッチ・ジョエルのブログから。 — SEO Japan

続きを読む

ピンタレストバナー狂想曲

過去1年、英語圏で最も急成長した新興ソーシャルメディアといえばピンタレストです。とはこの数か月の間にピンタレストの成長が鈍化しつつある、、、というニュースを小耳にはさんだ方も多いでしょうか。Twitterの時も同じような話があった気がしますが、さてPinterestの場合はいかにということでカリスマ・マーケッターのミッチ・ジョエルが考察します。 — SEO Japan

続きを読む

マーケティング・ハッカーを目指せ!

米国と比較して、変化に対応するのが遅いといわれる日本の広告業界ですが(あくまで一般論)、アドテクノロジー分野で世界をリードする米国であっても変化に柔軟に対応できるエージェンシー(日本でいう広告代理店)、そしてクライアントは少ないようです。そんな技術革新への対応が遅れがちな状況をカリスママーケッター、ミッチ・ジョエルが既存のエージェンシー/クライアント側、そしてアドテク業界側それぞれ理由について考察した、広告・マーケティングの未来を考える人には興味深い記事を。 — SEO Japan

続きを読む

Instagramに続く10億ドル・スタートアップは誰か?

先週、新たに配信を始めたミッチ・ジョエルのブログが意外と好評で気分の良いSEO Japanです。今回はその第二弾ですが、少しベタ気味なスタートアップ系記事を。最近最も成功したスタートアップといえばFacebookに10億ドル(800億円!)で事業を売却したInstagramが思い浮かびますが、Instagramに続く10億ドル・スタートアップ候補をミッチ・ジョエルが大胆に予測。VCとは違う、超一流のデジタルマーケッターの考えはいかに? — SEO Japan

続きを読む

2012年後半、今からブログを始める人へ贈るアドバイス

日本では知名度が無いかもしれませんが英語圏を代表するオンラインマーケッターの一人が今回から新登場のミッチ・ジョエルです。自らもマーケティング会社の代表を務める彼ですが、「Six Pixels of Separation」というブログと著書でカリスマ的存在として有名になり、あのGoogleが世界の有名ブランドにデジタル広告の魅力をアピールする目的でミッチ・ジョエルを本社に呼んで講演をしてもらった程の人です。今回幸運にも彼のブログの翻訳許可が下りましたので、今後日本人にも参考になると思われる記事をピックアップして紹介していきたいと思います。第一回目は2012年、これからブログを書くことについて考えた彼のアドバイスを。インバウンドだコンテンツマーケティングだとブログの価値が見直されている最近、今更書き始める意味があるのか?と悩んでいるあなたは是非。 — SEO Japan

続きを読む