スマホで自動車情報を検索するユーザーの36%は「1時間以内」にコンバート

米国でニールセン等、大手調査会社が共同で行ったモバイルデバイスを使った検索~購買に至るまでの行動調査に関する興味深いアンケート結果。その中でもモバイルでの自動車関連情報の検索に関する内容を今回はお届けします。 — SEO Japan

今朝、ニールセン、xAd、そして、テルメトリクスの3社が、今年の始めに実施した調査「mobile path to purchase」(購入へのモバイルの道のり)の第3部をリリースした。この調査は、レストラン、旅行、そして、自動車の3つの分野に焦点を絞っている。

デバイスでリサーチを行っているモバイルおよびタブレットのユーザーのほとんどは、購入者として申し分がないものの、分野によって消費者の行動に違いがある。本日リリースされたのは、自動車のカテゴリに関するデータであった。

この調査によって、自動車のモバイル検索ユーザーの4つのタイプが判明した:

  • 自動車リサーチャー
  • お買い得ハンター
  • 出来事または緊急事態に左右されるユーザー
  • メカニック

それぞれのタイプによって層および収入は異なる。また、行動にもタイプによって若干違いが見られた。

全体として、この調査は、自動車の検索のモバイルオーディエンスは、長い期間リサーチする人が多い一方で、約半分(49%)は「1日以内の購入を求めている」点が判明している。しかし、実際にはこのグループの36%は「1時間以内」にコンバートしている。

ソース: xAd-テルメトリクス「mobile path to purchase」調査 – ニールセン(Q2 2012) n=1,500 調査参加者 & 6000名のアップルおよびアンドロイドのユーザーの行動を観察

その他のカテゴリーと比較した際のアプリの利用度は、自動車のカテゴリーは少なかった。この調査のスポンサーは、「モバイルで自動車の検索を行う消費者の15%のうち、アプリを利用しているのは1%に満たなかった – 恐らく、このカテゴリーでは日常的なアプリのメリットを必要としていないことが原因ではないかと」と指摘している。

また、今回の調査により、自動車分野のスマートフォンとタブレットのユーザーの行動にも違いがあることが明らかになった:

  • タブレットのユーザーは、スマートフォンのユーザーよりもレビューの閲覧に時間をかけ、また、価格のリサーチを実施する傾向が見られる
  • タブレットのオーナーは、スマートフォンのオーナーよりも、ポジティブなレビューに影響を受ける割合が3倍以上高い
  • スマートフォンの自動車の検索者の36%は、1時間以内のコンバートを希望しているものの、タブレットユーザーは15%に留まる(より“リラックス”し、緊迫感が少ない傾向を反映)
  • スマートフォンユーザーの多く(42%)は車に乗っている際に検索およびリサーチを実施している(すぐに情報が必要)

自動車検索アクティビティ、そして、求められている情報の上位は、店の場所/道順、価格情報、そして、電話番号である。

今回提供した情報はレポートの一部であり、すべてのデータはここをクリックすると見ることが出来る(登録した後)。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「Study: 36 Percent Of Mobile Automotive Searchers Convert “Within The Hour”」を翻訳した内容です。

そもそも自動車を「1日以内の購入したい」人が半分近くいることに驚きましたが。。。。アメリカならではでしょうか?思いだしてみると、私もアメリカにいた時は、車の見た目など余り気にせず「ちゃんと動く」かと「安い」ことだけを重視していますし、欲しいと思ったらすぐに理想の車があれば買っていたかもです。

それはともかく、タブレットとの比較も興味深かったですね。タブレットユーザーの方が調査に時間をかけ、価格も比較検討する、、、かつてのPCとモバイルの差のようです。

しかしスマホユーザーの42%が車に乗っている時に検索って、、、ドライバーに限らないのかもしれませんが、日本より道が広くて混んでないとはいえ大丈夫なのでしょうか?! — SEO Japan [G+]

Page Top

投稿ナビゲーション