ブログを読む「だけ」は時間の無駄という真実

Googleのアルゴリズム更新だ、ソーシャルだ、TwitterにFacebook、そしてGoogle+だ、、、、とネットマーケティングに携わる人は経験問わず常に学習し続ける意欲と覚悟が必要ですよね。もちろんSEO Japanを読んでいる位の方であれば普段から複数のニュースサイトで業界の最新情報をチェックしていると思いますが、果たしてそこで得た情報をどこまで活用しきれているでしょうか?英語圏でコンテンツマーケティングを代表するブログメディアであるCopyBloggerから、インプットも大事だけどアウトプットしなければ意味がないよね、という襟を正して読みたい記事を。– SEO Japan

もしあなたがCopybloggerをいつも読んでくれている読者ならば、1週間に5回は良いアドバイスを得ていることになる。本当に、優れたアドバイスを。非常に素晴らしいアドバイスを。

特に私が書いている日にはね(エッヘン)。

ちょっと待って、私は今何て言った?

そうなのだ。あなたは、本当に良いアドバイスを、無料で、週に5回もらっているのだ。仮にコンサルタントがあなたに同じアドバイスを教えれば1時間に150ドル以上はするだろう。

では、あなたがそのアドバイスを実際に行動に移したのはいつのことだろうか?

あなたの約束の遂行はどこにあるのだろうか?

あなたは考えるだけで何も行動しない人間か?

読者の多くは、“私はいつもアドバイスを実行している。だって、ちょうど先週ここにあったソーシャルメディアがどう私のブログに役立つかに関する記事を読んで、私はすぐにTwitterに行って一日中つぶやいていたんだ。うまくいったよ!”と、言うかもしれない。

良かったね。でも、あなたはそれを次の日もしただろうか?次の次の日は?毎日いつTwitterを使い、何をつぶやき、その戦略をどうやって自分のビジネスゴールに結びつけるのか、あなたはプランを立てただろうか?

(同じように重要なことに、あなたは一日中つぶやいている以外に自分が何かしないようにするプランを思いついたのだろうか?)

あなたが毎日取り組むべきことについてのアドバイスをする記事はどうだろう?

もしあなたがJason Cohenのもっと魅力的なコピーを書く方法に関する記事をアドバイスのように聞こえると考えたなら、彼の10のチェックリストをあなたの次のブログ記事を書く時に、自分がどれも逃さなかったことをダブルチェックしただろうか?

あなたはDan ZarrellaのTwitterの見出しに関する確かなデータに関する記事をブックマークに入れていて、山火事のようにつぶやきを広めたい時にはそれをすぐに参照することができるようになっているだろうか?

大部分の人が、“なかなかいいアイディアのようだ”と考える以外には、もらったアドバイスについて積極的に多くを考えることはしない。みんな素早く読んで次へと進む。善意はあるが、それについて何かすることは決してないのだ。

地獄への道のりは善意で敷き詰められている

恐らくあなたは毎日ブログを読んでいる。マーケティングや起業家精神や、禅やガーデニングや犬のしつけに関するブログを。

あなたはそこで読んだアドバイスの1つでも自分の実生活に取り入れただろうか?

もちろん、あなたはその記事を読んでいて、忠告されたことについて考えている。コメントだってするかもしれない。でもたぶんあなたは、行動を起こしたり、結果を測定するために最低2週間継続し続けることを約束しない。

考えてみよう。良いアドバイスをしている賢い人が書いた知識豊富な特定のブログ記事を遡ってあなたが毎日している行動はあるだろうか?

もしあなたが良いアドバイスを意識的に実行に移さなければ、ブログ記事を読んでいる時間を無駄にしているのと同じなのだ。あなたはそこから何も得ていない。雪かきをするとか、フリスビーで遊ぶとか、その時間を使って他に何かすることを見つけた方が良い。

計画を立てる

あなたがブログで読んだアドバイスは、概して役に立つものだ。中にはすでに知っている情報や過去に試した方法もあるかもしれない。でも一般的には、評判の高いブログは本当に良いアドバイスしか提供していない。彼らは基準を持っていて、それらに忠実に、必ず読者にとって価値のあるものを提供するようにしている。

しかし、その価値のあるものから恩恵を受けたり、そのアドバイスに従うことができるのはあなただけではない。読みながら頷いているだけでは十分ではないのだ。

今度あなたがブログ記事を読んで“私はそれをしないといけないな”と思ったら、行動に移すのだ。

その記事をブックマークする。コンピューター上の分かる場所にポストイットを貼っておく。赤ペンを使う。大文字で大きく太く書く。To-doリストやスケジューラーを出してそこに忘れないように記しておく。

絶対に、必ず、そのアドバイスを行動に移すのだと自分自身に言い聞かせるのだ。そしてそれを実行する。

これは、もしあなたが、もっと力強いセールスコピーを書く方法に関するブログ記事を読み、自分が力強いセールスコピーを書いていないことを知っていたら、その記事をブックマークするという意味だ。その後の2週間、仕事の日は毎日、力強いセールスコピーに関する15分間の訓練時間を設ける。そして、その時間は席について、その記事を振りかえって見るのだ。

ステップごとに、1行ごとに、そこにある格言を目の前の作業に適用する。もし記事が消極的な言葉をチェックするように言えば、自分のセールスコピーにある消極的な言葉をチェックする。もし記事が力強い動詞を使うように言えば、コピー内にある全ての動詞が次の夏のオリンピックで勝てる位に力強いものになっているかチェックするのだ。

記事について考えることをやめ、それを行動に移し始めるのだ。

もう一歩先へ

ちょっとしたコツは飲み込めた?それならそれを高めるのだ。

過去記事までさかのぼって全てのアーカイブを読み込めば、読み手が実行可能な全てのマーケティングプランを手に入れることができるマーケティングブログを少なくとも3つ私は知っている。とはいえ、そこにある全てのアドバイスを正しい順番通りに並べた時にのみ、それはうまくいくのだ。

ペンとノートパッドを持ち(あるいはワープロを開き)、それらのブログにあるアドバイスを順番通りに並べよう。全ての記事に目を通し、あなたには効果がないもしくはあなたのビジネスには合わないものは除外する。

それらの記事を読み終わってアドバイスを実行する頃には、あなたはコンサルタントに頼んだら数千ドルも支払う価値のあるマーケティングプランを無料で手にしていることだろう。そして、あなたのビジネスが、あなたの行動的な努力からすでに恩恵を受けていることは間違いない。

皮肉を言うが、もしあなたがこのアドバイスにお金を払わなければならなかったとしたら―3000ドルをテーブルに置きその代わりにこのマーケティングプランを手にするとしたら―、この中のいくつかは絶対に実行することは間違いないのだ。

あなたはラッキーだ。無料でこのアドバイスを受けられるのだ。でも、それは価値がないということではない。出来る限りはそれを実行に移すのだ。

作者について: 素晴らしい行動指向のフリーランスライティングビジネスのアドバイスは、James Chartrandのブログ、Men with Pensでアーカイブを検索しよう。自分のフリーランスビジネスをもっと活性化させる必要があることが分かるだろう。


この記事は、CopyBloggerに掲載された「Is Reading Blog Posts Worth Your Time?」を翻訳した内容です。

1年に1回位は考えたい話題だと思いますし、2012年最初の月に読むにはちょうど良い内容でした。入手できる有益な情報がブログで爆発的に増えたのは嬉しいことですが、毎日押し寄せてくる余りに大量の情報、質の高そうなものだけ斜め読みし、一瞬その場で良いと思って保存やブックマークしても結局次の情報を処理している間に、気付いてみたら二度と読み直すことはなかった、、、こんな経験は誰にも一度や二度はあるのではないでしょうか?

様々な情報収集ツールを駆使して最新&話題の情報を常にチェックすることはもちろん重要なことですが、その情報を自身の生活や仕事、生き方に反映できなくてはその価値も半減してしまいますよね。私も数年前、情報収集の仕組みに凝って当時は最先端だったRSSの書籍を2冊書いてしまった程なのですが(SEOの本は書いてないくせに)、ある時から情報収集だけが目的になってしまったことに気付き、今では取るべき情報を精査に精査してできるだけ本当に必要な情報しか得ないようにしています。

もちろんそれでも読んだ時に「いい!」と思っても実際に活用できているモノがどれ位あるかといわれると相当に疑問符がつくのが現状なんですけどね。ま、正直人間そんなものだとは思いますし、インプット対アウトプットの比率も人によって差はあれど9:1位じゃないのかなと思う今日この頃ですが(それでも立派だと)、さてこの記事に何か日々の生活や仕事に生かせる何かは皆さんにあったでしょうか? — SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション