Google Discoverへの最適化と、注力すべき領域

すでに無視できないほどの流入獲得を見込めるGoogle Discover。

SEO Japanでも何度か取り上げていますが、まだまだ解明されていない要素も多いです。そのため、最適化を行える箇所は、通常のSEOと比較すると、少ないと言わざるを得ません。

もちろん、従来の最適化は確実に必要なのですが、Google Discoverに焦点をあてると、どの部分の最適化が重要なのでしょうか。今回紹介するSearch Engine Journalの記事が1つの参考になればと思います。

Google Discoverは最新の機能ではない。

しかし、SEOの新しい時代(検索が発生しない検索)の始まりとして認識すべきだ。

2018年に導入されたDiscover(以前はFeedとして知られていた)はChromeのモバイルアプリケーションで注目の機能となり、Androidデバイスのみの機能であった。

Discoverのフィードは、「Interesting finds」という特別枠として、自然検索結果にも表示される。

しかし、他のリッチリザルトと比べ、「Interesting finds」は非常に珍しい。

Discoverのフィードの対象となる情報は下記だ。

  • ニュース
  • 記事
  • 動画
  • 広告
  • ライブスポーツのスコアなどの特別なリッチリザルト

Google Discoverはソーシャルメディアのフィードと似ており、ユーザーの検索履歴(通常の検索)や視聴したYouTubeのデータなどによって、かなりパーソナライズされている。

GoogleのAIと組み合わせることで、ユーザーの嗜好と関連性が高く、興味関心を持つであろうコンテンツが提供されている。

これは、Facebookがニュースフィードを非時系列で表示させる仕組みと非常によく似ている。

また、Google DiscoverはSEO担当者へ新しい課題を突きつけている。

通常、SEMの多くは何らかの起点(キーワードやキーワード群が一般的)が存在する。

あなたは、「リバースエンジニアリングをしてコンテンツを作成し、キーワードの背後にある検索意図を満たすためにユーザー体験にあわせて調整する」という作業を行ってきたはずだ。

Google Discoverでは、その起点は存在しない。

Google Discoverの戦略を正しく立てれば、大きなトラフィック獲得が期待できる

様々な業界(フィンテック企業からメディア企業まで)のWebサイトで試行錯誤した結果、よく知られていない要素も多いが、Google Discoverとの相関がある要素もわかってきた。

その中でも、Discoverのパフォーマンス改善と強い相関が見られた最適化の方法をご紹介しよう。

Discoverに対するテクニカルSEO

Discoverのパフォーマンスと相関するテクニカルなSEOにおいては、新しい発見や驚愕の事実というものは存在しない。

見落としがちな領域の再確認と言った意味合いが強いだろう。

モバイルフレンドリー

Discoverがスマートフォンとタブレットのみで利用可能であることからも、モバイルからのアクセスを可能にすることはとても重要だ。

何年もの間、Googleはモバイルでの検索に重点を置いているにもかかわらず、レスポンシブデザインになっていない、セパレートされたモバイルぺージのないサイトが多いことは非常に驚きだ。

Discoverでの認知度獲得を目指すのであれば、デスクトップと同様、モバイルの体験も良いものにする必要がある。それは、下記の項目を満たすということだ。

  • 煩わしい広告やポップアップで埋め尽くされたモバイル体験であってはならない
  • 記事内で使用されるあらゆる画像は、アクセス可能ができ、読み取れるものとする。ユーザーが画像をクリックすると拡大画像が表示され、ズームも行えることを確認しよう。

モバイルデバイスでコンテンツをアクセス可能にし、利用できる状態にすることは、モバイルフレンドリー全体の一部分に過ぎない。

他の領域としては、ページスピードが挙げられる。

コンテンツの読み込みの速さとDiscoverのフィードへの採用は強く相関している。また、AMPを活用しているニュースやマガジンのサイトとも相関がある。

画像の最適化

ブローディ・クラーク氏が調査で裏付けたとおり、Discoverからトラフィックを得るために、画像は重要な役割を果たしている。また、品質の高い画像はフィード内での訴求にも相関する。

コンテンツと関連したユニークな画像を作成し、用いることは、コンテンツのパフォーマンス(またDiscoverのフィード内でのアピール機会において)にも影響があることも、彼の調査は指し示している。

そのため、下記に挙げる画像SEOのベストプラクティスを行うことはとても重要なのだ。

  • 画像のファイルサイズは、劣化しない範囲で可能な限り圧縮する(サイトスピードの改善のためにCDNに依存するのはよくない)
  • 画像に適したファイル名を記載する
  • 適切なAlt属性を付与する
  • 画像を端的に説明するキャプションをつける

コンテンツ戦略:複数タイプのコンテンツや新旧のコンテンツ

Googleが保有する特別なコンテンツ(ライブスポーツのスコアや情報など)に加え、YouTubeもDiscoverに採用される。

コンテンツ戦略においては、メデイアとアプローチの両方の意味で、複数のタイプのコンテンツを意味する。

ユーザーがGoogleで検索し、Discoverを利用する度に、Googleはあなたの興味について学習し、あなたがまだ出会っていないと思われるコンテンツを提供する。

この学習には時間を要する。

例えば、私は様々なスポーツチームの試合結果や名簿をよく検索する。

Googleはこうした私の行動から、私がこれらのチームに興味があると解釈する。

それを確かめるために、ライブスコアや数週間先の試合スケジュールなどを私に提供するのだ。

Discoverでの戦略に置き換えれば、あなたは下記の内容を組み合わせる必要があるということだ。

  • エバーグリーンな情報(正確な情報を反映するために更新は行う)
  • 最新の業界のトレンドを載せる
  • 関連トピックのニュースを載せ、それに対する意見も載せる

Discoverのフィードにはペイウォールのコンテンツも採用されることも覚えておこう。

リアルタイムな時間感度の高いコンテンツ

重要なことがある。リアルタイムのイベントや時間感度の高いコンテンツをDiscoverは採用するということだ。

ユーザーは複数の趣味や興味があることから、ニュース性のあるコンテンツを戦略に組み込むことは非常に重要だ。

ユーザーの興味とあなたのコンテンツの内容が重複する箇所は、彼らの興味範囲のほんの一部に過ぎない。

つまり、あなたのオーディエンスを理解すること(彼らの広い興味範囲は何なのか)はとても重要と言える。

顧客に期待を抱かせる

Discoverからのトラフィックを得たいのであれば、顧客に期待を抱かせることはとても重要だ。

他のマーケティング手法と同様、確実に成果が得られるというものではない。

この記事の最初に掲載したグラフを見ても分かる通り、Discoverのインプレッションとクリック数は非常に不安定であり、通常のSEO、広告、ソーシャルメディアと異なり、安定した成長曲線を描くものではない。

私の分析によれば、Discoverに掲載された記事の寿命は、2~3日間である。この数字は、ブローディ・クラーク氏の調査とも合致する数字だ。

この記事は、Search Engine Journalに掲載された「Optimizing for Google Discover: Key Areas to Focus On」を翻訳した内容です。

記事中でもある通り、画像はGoogle Discoverにとってとても重要だと感じます。

実際に、1ユーザーとしてGoogle Discoverを使用していても、きれいな画像にはついつい目を向けてしまいます。さらに、「自分が興味のあるトピックについて書かれているはずだ」と画像から判断できる場合はクリックしてしまう機会も多いと思います。

「ユーザーのためのサイトを作る」をベースとしながらも、「Google Discoverでの見られ方」も意識していきたいですね。

メールマガジン購読・SEO Japan Miniのご案内

SEO Japanの記事更新やホワイトペーパーのリリース時にメールにてお知らせいたします。

SEOを始めとしたWebマーケティングの情報を収集されたい方はぜひご購読ください。

>>メールマガジンを購読する

Page Top

投稿ナビゲーション