Googleの新しいアプリインストール広告。”トライアル・ラン広告”と”インタラクティブ・インタースティシャル広告”とは。

本日は2記事更新となります。(もう一つはこちら。)Googleがアプリインストール広告の2つの新しいバージョンを発表しました。共にベータ版ですが、参加者も募っているようです。”トライアル・ラン広告”がゲームアプリ向けで、”インタラクティブ・インタースティシャル広告”はエンゲージメントを高めたいアプリ向けとなっているようです。モバイルの利用率の増加に伴い、アプリの数も増え続けている状態だと思われますが、群雄割拠の市場を勝ち抜くための、1つの手段となるかもしれません。– SEO Japan

*記事内のリンクは英語となっています。

Googleはアプリインストール広告の新しい広告フォーマットを2つ発表した。1つは非常に素晴らしく、以前取り上げた、アプリのストリーミング機能を使用して、該当のアプリをダウンロードしなくてもトライアルができるというものだ。

この広告は”トライアル・ラン広告(Trial Run Ads)”と呼ばれている。ユーザーがこの広告をクリックすると、ユーザーは60秒間のトライアルを行えるというものだ。広告には60秒間のカウントダウンが表示される。下記にこの広告のGIFを載せておく。

Google App Trial Run Ads

2つ目のフォーマットは、HTML5を用いた非常にインタラクティブなものだ。Googleの説明によると、「”インタラクティブ・インタースティシャル広告”はベータ版である。HTML5を用いた広告であり、広告を出すアプリに合わせた、完全にカスタマイズされたユーザー体験を提供することができる。」、としている。

この件に関するGoogle+WebmasterWorldのリンクを張っておこう。

この記事は、Search Engine Roundtableに掲載された「New Google App Install Ads: One Streams Your App For 60 Seconds For Free」を翻訳した内容です。

Googleの記事によると、インストールされたアプリの内、4分の1が全く使用されていないということです。ロイヤリティの高いユーザーの獲得が望まれていますが、非常にハードルも高いのでしょう。また、”モバイルに適した経験を提供することは広告とて同じこと”とも述べており、”インタラクティブ・インタースティシャル広告”では、既存のテンプレートではなく、カスタマイズされたテンプレートを使用し、A/Bテストを行うことも薦めています。自身のアプリに適した広告の最適化が今後進むかもしれません。– SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション