マーケティング、PR、広告、ブランディングの違いとは?

マーケティング、PR、広告、ブランディング、、、どれもソーシャル時代の企業活動には欠かせないものですが、その定義を一言でいってみろ、といわれると意外と考えてしまったりします。今回は、シンプルなイラストで男女の恋愛関係を元に説明してしまおうというネタ系ながら意外と深い?!試みをQuick Sproutから。 — SEO Japan


数ヶ月前、Ads of the WorldPronet Advertisingで、マーケティング、PR、広告、そしてブランディングの違いについて何枚かの絵を使って議論された。

1. マーケティング : 男性「僕は最高の恋人だ」。
2. PR : 女性の友達「私を信じて。彼は最高の恋人になるわ。」。
3. 広告 : 男性「僕は最高の恋人だ。」「僕は最高の恋人だ。」「僕は最高の恋人だ。」
4. ブランディング : 女性「あなたが最高の恋人になることは分かっているわ」。

パーソナル・ブランディングの観点からこの絵をよく見てみると、自分自身をマーケティングしたり宣伝したりすることは絶対にしたくないと思うだろう。これらの二つのことをすることは、あなたが少しやけくそで必死になっているように見せてしまう。心から好きだと女性に伝えることは、あなたの口から出た言葉であるためにあまり意味をなさない。そして、もしもう一度心から好きだと繰り返すこと(広告)によってもう一歩先に進むと、完全に女性があなたのことを信じていないことが予測できる。しかしその一方、もし女性が他の女性にあなたが心から好きだと言うことを伝えたり、女性があなたに「あなたが心から好きだと聞いた」と言えば、彼女を恋人にするチャンスは大きくなる。

あなたが自分自身をブランディングしたいのであれば、自分で自分を宣伝するのに比べて他の人があなたについてポジティブなことを話す方がずっと効果的であるということを理解する必要がある。

この絵が役に立つと嬉しい!


この記事は、QuickSproutに掲載された「The Difference Between Marketing, PR, Advertising, and Personal Branding」を翻訳した内容です。

恋愛でも友達から攻略しろとは良く聞く話ですが、ソーシャル時代の企業活動にとっても重要な観点ですかね。広告の説明で同じセリフをリピートしているだけなのは少し笑ってしまいました。マーケティングの説明は少しシンプルすぎる気がしなくもなくマーケッターに怒られそうですが。男女の恋愛関係をモチーフにした説明したが、言い方を変えればソーシャル全盛の現在、企業活動も上から目線で顧客に大量広告投下によるメッセージ刷り込みしていく時代は完全に終わり、まさしく男女の恋愛関係のような、相手の気持ちを惹くためのより巧みなアプローチが必要になっているのかもしれませんね。 — SEO Japan

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション