【リサーチ】男性上司・女性上司との付き合い方に関する調査

国を挙げての女性の活躍支援推進により、今後ますます女性管理職や経営層の増加が見込まれています。上司が男性であれ、女性であれ、仕事のやりやすさに性別は関係なく、結局のところはその人の人間性次第ではありますが、興味深いリサーチ「一緒に仕事しやすいのはどっち? 男性上司VS女性上司」についてご紹介します。 — SEO Japan

シチュエーション別 男性上司VS女性上司
男性上司・女性上司との付き合い方に関する調査

男性上司、女性上司のそれぞれにおいて、上司との付き合い方にどんな違いが出るものなのでしょうか?

「男性上司のココがいい」と思う部分として、世代、男女を問わず、8割前後は男性上司のほうが「論理的に物ごとを考える」と回答。一方、「仕事の指示が気分によって左右されやすい上司」という項目では、「女性上司」という回答が7割近くに上っており、女性上司は男性上司とは対極に、「感情的」になりやすいと捉えられているようです。また、「女性上司のココがいい」と思う部分としては、全体の6割以上が、「女性上司のほうが気配りできる」と回答しています。部下に対しても様々な「気配り」ができるところは、女性上司ならではの良さなのでしょう。

では、上司の性別によって仕事の対応は変わるものなのでしょうか?全体の8割近くは、男性上司でも女性上司でも「仕事の対応は変わらない」「分からない」と回答。部下の多くは「上司の性別は、仕事そのものには大きな影響を与えない」と考えていることがわかります。

より詳細な調査結果は【サーブコープジャパン オフィシャルブログ】「一緒に仕事しやすいのはどっち?男性上司VS女性上司」のページをご覧ください。

部下と上司が同性同士か、部下と上司が異性同士か、などによっても違いは出てくるようです。同性同士だと見る目は厳しくなるけど、深いところで通じ合えたり、異性同士だといい距離感を保てるものの、少しよそよそしくなってしまったり。男性だから、女性だからという性別のみでは一概にくくれないものの、男女それぞれの違いや特性などがあると経験的に感じている人はかなり多いようです。– SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション