14人の若手起業家に学ぶiPadをビジネスに活かすアドバイス集

実は昨日ついにiPadを購入したSEO Japanです。Appleに関する記事をさんざん配信しておいて今更かよ!といわれそうですが、家にPCがある&移動中に仕事をすることがメールチェック以外ないので、使わなかったんですよね。。。とはいえ、せっかく買ったことには仕事にも活用してみたい、ということで14人の起業家がiPadのビジネス活用法を語ってくれた興味深い記事をThe Next Webから。 — SEO Japan

タブレットがコンピュータに置き換わろうとしている―と、言われている。企業におけるタブレット使用については意見が分かれているが、奴らはやって来るのだ…ものすごい速さで。スマートフォンの画面は本や書類や記事を読むには小さすぎるかもしれないが、タブレットは私たちの指先にフルサイズコンピュータの最良の特徴をもたらす。必要以上に大量のコードから解放され、私たちが必要とする全てのアプリが揃っているのだから、タブレットが標準ガジェットではない未来を想像するのは難しい。

消費者としてはこの台頭を見るのはワクワクするが、経営者はタブレットへの技術シフトに準備をすべきである。あなたがどんな業界にいるとしても、避けられないフロンティアに備えて今することができる小さな変化がある。それより、他の人よりも早く自分のビジネスモデルにタブレットを統合することによって、あなたは自分のビジネスを実際に促進することができるのだ。

私は、今勢いのある若手起業家たちに以下のような質問をした:

高価なタブレットをあなたの小さなビジネスに最大限に活用するための秘訣は何ですか?

ここに、よくあるタブレットのハンディキャップを克服し、ビジネスのためにこのガジェットを活用するための14個のシンプルな秘訣を紹介しよう:

1. キーボードを使う

“タブレットにはかなり優れたキーボードとタッチスクリーンがあるが、私たちは今でもいつものキーボードで入力するようにかなりプログラムされている。それに、付属キーボードを使ってタブレットに向かう時に、あなたの効率性は本当に上がるのだ。”

Danny Wong, Blank Label Group, Inc.

2. ツールを利用する

“Onlive Desktopは、Microsoft OfficeとInternet Explorerへのリモート・アクセスを提供する。あちこち動き回って仕事をするにはパーフェクトで、さらにBluetoothキーボードがあれば、あなたのタブレットは必要な時にコンピュータに置き換わる。”

Josh Weiss, Bluegala

3. クライアントへの売込み

“タブレットは、契約の際に効果的に使用する時にその価格に値する。企業のタブレットをクライアントとのミーティングに取り入れる方法を見つけるようにするのだ。例えば、あなたがモバイル開発会社なら、アプリがどう動くのかを見込み客に見せるためにアプリのデモをタブレット上ですることができる。もしくは、ミーティング中に紙とペンに代わってタブレットでノートを取ることもできる。”

Doreen Bloch, Poshly Inc.

4. けちらない!

“アプリにお金を使いすぎることを恐れないこと。KeynoteやAir Sharingといった10ドルという統一小売価格を持つアプリケーションはお金を払う価値がある。タブレットの持つ可動性を取り入れるためには、あなたは、実際に毎日のビジネスタスクでタブレットを使用することを可能にするシステムを作ることにお金と時間を費やす必要がある。”

Jennifer Donogh, Young Female Entrepreneurs

5. 仕事を制限する

“イベントで自分に必要なだけの十分なストレージを獲得するという心理の犠牲にならないこと。私は現在32GBのiPadを持っているが、振り返ってみると、16GBでも十分間に合った。タブレットは究極的には消費と表示のためのものであるため、コンテンツはクラウドを介してアクセスされればいいのだ。Slapshtopのようなアプリが、タブレットからデスクトップに遠隔アクセスさせてくれる。”

Pete Chatmon, Double7 Images

6. データプランを利用する

“データプランがあなたの時間とお金を節約する。無料ワイヤレスアクセスはまだどこにでもあるものではなく、あなたは自分がいつインターネットが必要になるか分からない。私は、データプランのおかげで、喫茶店やホテルのロビーで自分の製品を見込み投資家やビジネスパートナーに簡単にデモをすることができている。”

Bhavin Parikh, Magoosh, Inc.

7. 用途を選ぶ

“私は、タブレットは一部のビジネス機能には最適だが、より頑強なコンピュータの代替にはまだならないということを素早く学んだ。例えば、複数のソースを見ることを要求するドキュメントをタブレット上で書くことは、フラストレーションのある行為だ。一方、1つの記事を書くことに焦点を合わせる必要があるときにはタブレットは優れている。このツールを誤った活動にフィットさせようとしないことだ。”

Charlie Gilkey, Productive Flourishing

8. 博覧会でのスター

“私はいつも購入可能な一番良いiPadを持つことに投資する。私は、iPadを博覧会に持っていったり、持ち歩いたり、見込みクライアントに私のサイトの実演を見せたりするのが好きだ。タブレットは、モバイルプレゼンテーションに最適のツールだ。人々は最新のテクノロジーを知ることが好きなので、あなたのカッコいいタブレットで売り込むときにだけあなたの話を聞くかもしれないのだ!”

Eric Bahn, Beat The GMAT

9. アイディアのマインドマップ

“私はマインドマップが好きだ。デスクトップやノートパソコンでマインドマップを作成するツールはたくさんあるが、マインドマップを作るのにタブレットを使用することは、出先でアイディアを手早くメモすることを可能にする。さらに、始めから終わりまでアイディアを視覚化するのにも役立つ―従来のコンピュータが提供するマルチタスクの環境に邪魔されることなく。”

Nathalie Lussier, Nathalie Lussier Media

10. ターゲットメディアを知る

“あなたの顧客があなたのサイトや製品をタブレットで見ている時には、あなたが彼らに最高の体験を与えていることを確実にすること。私たちのオンラインレポートダッシュボードがiPad上にきれいに表示されるということは、私たちの会社にとっては競争相手に対する大きなアドバンテージである。”

Allie Siarto, Loudpixel

11. コンテンツの消費

“タブレットは、コンテンツの消費―本、PDF、ストリーミングビデオのダウンロード―や他の人とコミュニケーションを取るのに最適だ。あなたのタブレットがこの全てができるようにすること。でも、限界があることも知っておくこと。タブレットはコンピュータではないため、特定の機能は可能であったとしてもそれほど良くはないのだ。”

Ash Kumra, DesiYou

12. クリエイティブになる

“もしあなたが小売業をしているなら、タブレットがメニューやパンフレットに置き換わることはできないのだろうか?あなたのタブレット上でだけ(ウェブサイトでさえない)利用できる社内セールをしたら?全てのPOSをPOSアプリの入ったタブレットに置き換えるのはどうだろう?クライアントに使ってもらって楽しんでもらうのだ。”

Devesh Dwivedi, Breaking The 9 To 5 Jail

13. 賢くアプリをダウンロードする

“人々はタブレットを手に入れると、アプリストアに行って、ただ単にビジネスに混乱とカオスと非効率性を加えるだけのたくさんのアプリをダウンロードすることが多い。その代わりに、あなたがすでにビジネスで使用しているプログラムを称賛するアプリをダウンロードするのだ。そうすれば、あなたはより多くのステップを追加せずにシームレスなワークフローを作ることができる。”

Erin Blaskie, BSETC

14. ペンは持ってる?

“メモを殴り書きすることでも、マインドマップを作ることでも、大まかな試作品の画像を描くことでも、私がiPadのペンに費やした10ドルが、それを単なる消費デバイスからクリエイティブなリソースへと完全に変えた。”

Sean Ogle, Location 180, LLC

画像ソース:bloomua(shutterstockより)


この記事は、The Next Webに掲載された「14 tips for making the most of the tablet for your business」を翻訳した内容です。

iPad初心者の私ですが読んでみると、特に使い方に関してはどれも普通というか想像の範囲内ですよね。結局は日常的に使いこなせるかどうかが重要ということでしょうか。確かにプレゼンのシーンでは、余計な起動時間もないですし、大活躍しそうです。1年後、ビジネスにiPadを活用できているかは限りなく不安な私ですが(子供のゲームマシンになっている可能性大・・・)、この記事、iPadユーザーの皆さんには何か参考になるアドバイスがあったでしょうか? — SEO Japan [G+]

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション