GoogleがYouTube検索のアルゴリズムを解説。関連性・エンゲージメント・品質の3要素が重要

今やGoogle検索に次ぐ検索プラットフォームといっても過言ではないYouTube。

Googleは2006年にYouTubeを買収し、その後驚異的なグロースに成功しています。

今回はYouTubeの検索アルゴリズムについて、Googleが公式に発表した情報を紹介する内容となっています。いわゆる通常のSEOにも共通する要素が多分にあり、SEOにも役立つ内容となっております。

Googleは、動画共有プラットフォームの内部構造に特化した新しいドキュメントで、YouTube検索がどのように機能するかを説明した。

YouTubeの仕組みを説明するためのより大きな取り組みの一環として、GoogleはYouTubeの検索結果に関するよくある質問に回答するための新しいドキュメントを公開した。

Googleは、YouTubeプラットフォームのすべてのコンポーネントを詳細に紹介するHow YouTube Works(YouTube の取り組み)というまったく新しいサイトを作成し、公開している。

ここでは、検索と発見に関する様々なセクションのハイライトをいくつか紹介しよう。

YouTube検索

YouTubeの検索ランキングシステムは、毎分アップロードされる500時間を超えるコンテンツをソートし、クエリに対して最も関連性の高い結果を表示する。

YouTube検索では、検索結果を順位付けするときに、次の3つの主要な要素を優先して評価する。

  • 関連性
  • エンゲージメント
  • 品質

各要素の詳細は以下のとおりだ。

関連性

YouTubeのランキングアルゴリズムは、関連性を判断する際に多くの要素を調査する。

具体的な要素まで触れているわけではないが、タイトル・タグ・概要欄・動画コンテンツなどの要素について指摘している。

エンゲージメント

YouTubeの検索アルゴリズムには、特定のクエリに対する特定の動画の総再生時間など、ユーザーからのエンゲージメントシグナルの分析が組み込まれている。

「エンゲージメントシグナルは関連性を判断するための貴重な方法でもある」とGoogleは述べている。

品質

YouTubeは品質を判断するために、SEO担当者によく知られている信号を使用している。

最後に、品質のために、当社のシステムは、特定のトピックについて専門性、権威性、信頼性を示すチャネルを決定するのに役立つ信号を特定するように設計されています。

専門性・権威性・信頼性は、SEO担当者の間でもE-A-Tとして知られている。

Googleは、Google検索においてもこれらのシグナルの重要性を強調しているため、良く知られていることだろう。

※参照:Surprising Facts About E-A-T

その他の要因:パーソナライゼーション

上記3つの主な要素に加えて、YouTubeはユーザーの検索と視聴データを考慮し、各ユーザーにとっての関連性を判断しようとしている。

同じクエリに対して、検索結果がユーザーによって異なることは珍しくない。

例えば、スポーツの動画をよく見ているユーザーが「クリケット」を検索する場合、クリケットを含む自然の動画ではなく、スポーツクリケットを特集する動画をおすすめする場合があります。

YouTubeの検索と再生の履歴はいつでも消去可だ。消去した場合、YouTubeの検索結果にこれらのシグナルが反映されることはない。

信頼できる情報源を調達する

YouTubeは、適切なタイミングで、信頼できるソースからのコンテンツに優先順位を付けることについて言及している。

これには、ニュース・政治・医療情報・科学情報などのコンテンツのカテゴリを含めることができる。

これらの領域においては、信頼性が重要だ。

音楽やエンターテイメントなどの他の分野では、YouTubeは関連性・新規性・人気度などのシグナルを見る可能性が高くなる。

※関連:How YouTube Generates & Ranks Suggested Videos

YouTubeのレコメンド

動画投稿者(コンテンツクリエイター)がYouTubeで発見される検索以外の機会は、レコメンド(関連動画)だ。

YouTubeのトップページと「次の動画」セクションでは、次に何を見るべきかという提案としておすすめの動画を共有している。

レコメンドを決定する際には、次のような多くのシグナルが考慮される。

  • 閲覧と検索の履歴
  • 登録しているチャンネル
  • ロケーション
  • 時刻
  • 動画の視聴維持率
  • ランダムな調査によるユーザーからのフィードバック

ユーザーは、「興味なし」ボタンをクリックすることで、自分へのおすすめ動画を微調整することができる。これにより、今後、同様の動画をレコメンドしないようにYouTubeに指示できる。

YouTubeのアルゴリズムの詳細については、「YouTubeの取り組み」を参照してほしい。

この記事は、Search Engine Journalに掲載された「Google Explains How YouTube Search Works」を翻訳した内容です。
「YouTubeはGoogle検索よりアルゴリズムが単純」と言われることもありますが、正確には「ユーザー行動に最適化された独自のアルゴリズムを採用している」と言った方が良いでしょう。

Google検索は明確な目的を持って利用することが主だと思いますが、YouTubeは習慣として開いて見ることが多いはずです。

プラットフォームによってユーザーのニーズや行動は変わってくるので、そういったユーザーの背景を想像しながら活用していきたいですね。

メールマガジン購読・SEO Japan Miniのご案内

SEO Japanの記事更新やホワイトペーパーのリリース時にメールにてお知らせいたします。

SEOを始めとしたWebマーケティングの情報を収集されたい方はぜひご購読ください。

>>SEO Japanのメールマガジンを購読する

Page Top

投稿ナビゲーション