伝説のコピーライターに学ぶ、たった一つの最強ライティング術

日本でも80年代にコピーライターブームなるものがありましたが、世界を代表するコピーライターといえば、その一人で多分あげられるであろう人がユージン・シュワルツ(最も、私も専門外なので名前は聞いたことがある程度の知識ですが・・・)。特にダイレクトマーケティング分野で有名な人らしく、過去に10冊近い著書もあるこの偉人から、有能なコピーライターになるため必要な方法について学んでみようという記事をコピーブロガーから。ネット、ソーシャル時代に必須のスキルである文章力を磨くその秘密とは? — SEO Japan

伝説のコピーライター、Eugene Schwartz(ユージン・シュワルツ)が作った仕事のあり方は、彼が死ぬまでに9冊の本とごまんとある成功した広告と世界中の有名な出版物への数え切れないほどの記事を書くことを可能にした。

彼は、それをたった週に5日間、1日3時間で書くことで達成したのだと自分自身の言葉で言っている。

そして、彼はそれを堂々とやってのけた。

1950年代60年代の最も高給取りのコピーライターの1人であるシュワルツは、マンハッタンでとても気楽な暮らしをしながら、ワールドクラスの美術品コレクターおよび立派な聖書学者となった。

彼のコピーを生み出すテクニックは、腹が立つほどシンプルだ。

あなたがこれについて何て言うかは分かっている。

“そんなこと当たり前だ。”

もしくは・・・

“私の時間を無駄にしてくれてどうもありがとう。私は、真剣なコピーライターで、これは失礼なことだ。”

あなた自身の職業的な危機を覚悟でこのアプローチを無視してくれても構わない。もしくは、それを使って自分のキャリアが加速するのを目にするかだ。

ハードワーク条項

このことを説明する前に、シュワルツが実に見事な職人だったということを言わせてもらいたい。

彼は、自分のコピーライティングのスキルを向上することと献身的な調査を通して仕事の準備をすることに絶え間なく取り組んだ。

仕事が終わる頃には、自分はそれを作った人以上にその製品のことを知っているだろう、と冗談さえ言っていた。

彼は、製品について自分が手にできる全ての情報を読んで読んで読みまくること、そして、製品の長所―製作者によって述べられたもの―を1つ1つ体系的に書き留めることによってこれをやっていた。

これが、ライティングの作業過程に投入する無限の銃弾を彼に与えるのだ。

もしあなたが自分の船を知らなければ、あなたは沈んでしまう。

もしあなたが調査をしないなら、あなたの仕事は屈辱的な失敗に終わることになるだろう。

それでは、話を続けよう・・・

週5日、1日3時間

シュワルツは、自分の乗る船について学ぶことと調査をすることはハードワークであると言った。

多くの人が証言しているように、ライティングは途方もない仕事になり得る。

あなたは、チカチカと光る恐怖の真っ白の画面を見つめる。立ちあがって、コーヒーをお代わりし、本棚の整理をして周る。

飲む。

歯をいじくる。

くだらないことをツイートする。

あなたは、行き詰ったのだ。

ユージン・シュワルツが、ライターの行き詰まりを経験することは決してなかった。彼が、ページの前で自信喪失を味わうことは決してなかった。彼はどのようにしてビジネスの歴史の中で最も強力なコピーライターの1人になったのだろうか?

彼は、小さなキッチンタイマーを33分33秒にセットし、スタートボタンを押したのだ。

ここであなたは、あきれた表情をしてうんざりして立ち去るか、読み進めて自分の仕事を変える可能性を持たせるか、それはあなたの決断次第だ。

シュワルツは、週に5日間自分のデスクの前に座っていると表現している。それはひどく恐ろしいことだが、彼には決まったやり方があって決して他の場所で書くことはなかった。

彼は、左側に少しクリームの入ったコーヒーを置き、右側には数本のペンを置く。

彼は、自分のマシンと自分が取り組んでいる広告に取り掛かる。(明らかに、その当時はTwitterを気にする必要がなかった。)

そして、彼は小さなタイマーを33分33秒にセットする。

タイマーがセットされると、ほんの少しだけ簡単なルールがあった:

  1. 彼は、コーヒーを飲んでもよい。
  2. 彼は、窓や壁を見つめてもよい。
  3. 彼は、座って33分33秒間まったく何もしなくてもよい。
  4. 彼は、広告を書いてもよい。
  5. 彼は、どんな理由にせよ席を離れてはいけない。
  6. 彼は、他のことをしてはいけない。

以上。彼は、調査ノートと大まかな概略と共に開いたページの前にただ座っていた。

彼は、通常、飽きるまで数分間椅子に座ったままでいて、それからゆっくりとタイプを始めた。

タイマーが切れると、たとえ文章の途中でも中断し、10分か15分間好きなことをしに席を立つ。そしてまた戻って来て同じことをするのだ。

自分の乗っている船の概略と調査が燃料だったが、キーは退屈だった。30分か何もせずに座っていることが退屈へと導く・・・だから彼は書いた

彼は座って古いタイマーを週5日、1日6回セットした。すなわち1日3時間だ。

いや、正確には1日3時間と20分だ。まあ3時間と言っていいだろう。

9冊の本、ごまんとある成功している広告、数え切れないほどの記事、すごい生き方。

とにかく、これが世界最高のコピーライターのライティング方法なのだ。

あなたはそれを気に入ることも、嫌うことも、笑うことも、採用することもできるが、かのユージン・シュワルツがそれを何度も何度も何度も繰り返したことは間違えのない事実である・・・。

作者について: Robert Bruceは、Copyblogger Mediaは話し上手なコピーライターである。


この記事は、「Copy Bloggerに掲載された「How to Kill Writer’s Block and Become a Master Copywriter in Only 3 Hours a Day」を翻訳した内容です。

毎日3時間机に座っているだけで伝説のコピーライターになれるなら苦労しないよ!といいたくなるのですが、同時に伝説レベルの”天才”であっても、普段の努力は欠かさなかったわけで。。。日本でいうと王選手みたいな話なんですが(若者世代には通じない例えですが・・汗)、世界共通で日々の努力をどこまで続けられるかということがイチローじゃないですけど大事という結論で良いでしょうか。ウェブの正解はSEOにしてもソーシャルにしても、継続的な努力はトップレベルでやり続ける以上は最低限必要な作業と思いますし、進化が激しいウェブの世界で最先端の技術・知識についていくのは大変ですが、伝説と呼ばれる天才でさえそうだったんだ、と思ってみれば少しはその努力も苦じゃなくなるかもしれません。 — SEO Japan

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション