SEOに活きる、アンカーテキストの最適化のための戦略

SEOにおいて、リンクの重要性は言わずもがなですが、可能であればアンカーテキストまでこだわりたいものです。かつてのSEOでは、スパム的な手法として使われていたこともありましたが、Googleのアルゴリズムが進化した今においても、重要なシグナルと言えるでしょう。今回は、アンカーテキストに焦点をあてた、NEILPATELの記事を紹介します。

初期のSEOは、まるで、映画の「ワイルド ワイルド ウェスト」のような世界であった。

Googleの検索結果で上位に表示させるために、ブラックハットのSEOの専門家は、キーワードスタッフィングやスパムリンクの作成など、考えられるものはなんでも行っていた。

そして、それは効果的であった。僅かではあるが。

最近では、Googleのアルゴリズムはコンテンツの品質を重視するようになり、上記のような古い手法のSEOは廃れている。アンカーテキストのような詳細な施策が重要となっているのだ。

なぜだろうか?我々は、より賢く、複雑なアルゴリズムを相手にしているからである。現在、Googleが用いるランキング要素の数は、200を超える

Webサイトは読み込みが速く、安定し、安全であるべきとするコア・ウェブ・バイタルは、百万以上のWebサイトに影響を与えている。これは、検索結果で上位に表示されたいのであれば、コンテンツの作成と公開とともに、Webサイト上の体験も改善しなければならないことを意味している。

同様に、ペンギン(別名、「Webスパムアルゴリズム」)も、ここ数年間で変化が見られている。バックリンクと内部リンクのアンカーテキストが今まで以上に重要となっているのだ。

「ノイズ」が多ければ、アルゴリズムを混乱させてしまうことになる。少なすぎると、動揺させてしまう。

非常に繊細なバランスなのだ。

しかし、2022年、多くのマーケターにとってSEOが最重要事項であると考えると、注目に値するものである。

この記事では、SEOを改善させるためのアンカーテキストの最適化について説明する。また、オーディエンスの数を著しく低下させてしまう、Googleペナルティの回避策についても解説したい。

まずは、アンカーテキストとは何なのか、そして、SEOにどのような影響を与えるのかを理解しよう。

アンカーテキストとは何か?

それを実感していなくとも、あなたがアンカーテキストを毎日使用している可能性はある。アンカーテキストとは、ハイパーリンクに表示される、クリック可能なテキストである。

インターネットを高速道路とすると、アンカーテキストは、次の出口を示す標識のようなものである。

アンカーテキストは、Webサイトのユーザーと検索エンジンの両方にシグナルを送る。正しく使用すれば、他のWebサイトからの信頼できる情報を調達し、他の「車線」とあなたをつなぐことができる。

また、ユーザーがあなたのWebサイトを回遊するための手助けとなり、Googleのアルゴリズムに、あなたのコンテンツがどのような人に関連しているのかを伝える役割を果たしている。

自身のWebサイトのソースコードを見てみると、下記のようなラインを見つけることができるだろう。

これは、Googleが見ているあなたのWebサイトの一部である。

Webブラウザと検索エンジンに、どのリンクをたどるべきかを伝える箇所があるのだ。

これが、あなたのWebサイトで起こっていることとして説明しよう。

ユーザーがクリックすると、指定されたページに遷移する。

URLの詳細について調べたことがなければ、単にリンクを作成して終わり、と思うかもしれない。しかし、ブランドがこの単純な要素に着目するための深い理由があるのだ。

なぜ、アンカーテキストはSEOにとって重要なのか?

前述の通り、2012年にGoogleはペンギン・アルゴリズムをリリースし、SEOの世界を一変させた。そして、再び更新された

こうした変化により、アンカーテキストは、信頼できるWebサイトがどのように関連しているかを判断する、最も簡単な方法となった。

また、Googleは、Webサイトが過度に最適化されていないかを確認するために、バックリンクとアンカーテキストを用いるようになった。

Googleは過度に最適化されたWebサイトにペナルティを与えるため、アンカーテキストの役割は大きくなるばかりであった。Googleはペンギン・アルゴリズムを何回も更新しているため、今後もさらに変化していくことだろう。

コンテンツマーケティングのROIを最大化させたいのであれば、これは注目すべき事柄である。悲しいことに、アルゴリズムが変更されると、トラフィックを大きく減少させてしまうブランドが多くあるからである。

自身も、そのブランドの1つになりたいだろうか?

トラフィックの減少は、収益の減少を意味することも忘れないでほしい。トラフィックの減少が著しいと、大きな問題を抱えてしまうかもしれない。そのため、アンカーテキストの最適なバランスを見つけることは、SEOにとって重要と言えるのだ。

2018年のアップデートでは、アンカーテキストを過度に最適化していたWebサイトの3.1%が打撃を受けた(この数字は、打撃を受けたことを報告している、著名なWebサイトの数字である。より多くのWebサイトが、実際には苦しんでいることだろう)。

少なくとも、バックリンクに使用されるアンカーテキストがSEOのシグナルであることは、しばらくの間続くだろう。

アンカーテキストについてのセオリーは、バックリンクと同様内部リンクにも適用される

幸いなことに、アルゴリズムはますます賢くなっており、GoogleはWebサイト全体ではなく、問題のあるページのみに与えられるようになっている。しかし、それでもなお、長期的なトラフィックと収益に大きな影響を与える可能性はある。

様々な種類のアンカーテキスト

検索エンジンのこととなると、SEOの専門家は可能な限りの手段を尽くすことを好むだろう。

アンカーテキストの場合、10年以上に渡って、我々は手に入る全ての情報を解析してきた。有益なものも、有益でないものも、アンカーテキストの作成には多くの方法があることは、驚くべきことではないだろう。

1.完全一致のアンカーテキスト

ページ全体のターゲットキーワードをアンカーテキストの文言として使用した場合、完全一致のアンカーテキストとなる。例えば、「無料SEOツール」をアンカーテキストとして使用し、私が管理しているSEOツールのUbersuggestにリンクさせる、といった具合だ。

SEOの初期の頃は、単一のページに完全一致のアンカーテキストを何回か使用すれば、その記事が上手くいくことが多かった。しかし、Googleがペナルティの対象にするほど、過度な使用が目立っていった。

今でも、完全一致のアンカーテキストをいくつか使用することは、良い考えである。しかし、一般的には、他の種類のアンカーテキストと混ぜて使用することが望ましい。

2.部分一致のアンカーテキスト

部分一致のアンカーテキストとは、他の文言とともに、キーワードを含めることである。例えば、「私のSEOツールを試してみる」といった文言をアンカーテキストに使用し、Ubersuggestにリンクするといった具合だ。この記事でも見られるように、私はこのタイプのアンカーテキストを自身のWebサイトで最も頻繁に使用している。

スパムな手法でなくキーワードを効果的に含むことができるため、アンカーテキストの作成方法としては、非常に便利と言える。

Googleは、私がアルゴリズムを操作しようとする意図がないことを認識しつつ、私のリンクをたどり、コンテンツに対し、良い印象を持ってくれる。

意図的なリンク作成方法とは見られないため、あなたのページのオーソリティを高める方法として、強く推奨することができる。しかし、他の戦略と同様、使いすぎには注意すべきだ。

また、長い文言をアンカーテキストに使用することも、私は勧めない。あなたが使用するキーワードを薄めてしまい、どの文言がリンク先のページに関連しているかわからないため、ユーザーを混乱させてしまうかもしれないからである。

3.ブランド・アンカーテキスト

次はブランド・アンカーテキストである。これは、オーソリティを構築するために、ブランド名を利用するアンカーテキストである。Ahrefsの例を見てみよう。

アウトバウンドのバックリンクとして、これは優れた方法である。

あなたが他の高品質なツールやサービスを示しているというシグナルをGoogleに送るため、強力なアンカープロフィールを構築するための、安全で効果的な方法である。

もちろん、この方法でリンク構築の助けとなる他のブランドを探してみてもいいだろう。

キーワードが付属している場合は特に、他のブランドへのリンク設置をためらう必要はない。そのブランドへのリンクが過度では無い限り、Googleは健全な方法として認識するはずだ。

4.ネイキッド・アンカーテキスト

この種類のアンカーテキストは簡単に使用できるが、最も効果的でないアンカーテキストであり、画像や引用などのソースにおいて、よく使われている。URLをそのままペーストしたものが、ネイキッド・アンカーテキストである。

例えば、「www.thisisareliablesource.comによると、マーケターの45%は、アンカーテキストの追加はランキングの助けとなると考えている」といった具合だ。

なぜこの方法が良い方法でないか、すでにおわかりだろう。

コンテンツを読む際、参考文献に突然注意を向けられてしまうため、非常に邪魔である。

また、あなたが技術的な知識が不足しているとユーザーに思わせる可能性があり、これはオーソリティの低下にもつながるだろう。

可能な限り、この種類のアンカーテキストは避けるようにしよう。

5.一般的なアンカーテキスト

流れを作り、コール・トゥ・アクションを作ることもできるため、このアンカーテキストを目にする機会は多いはずだ。

ユーザーの注意を信頼できるソースや有益なツールに向けさせたい時に、このアンカーテキストを使用しよう。しかし、多用は厳禁だ。

「こちらのページ」や「こちらをお読みください」といったアンカーテキストを繰り返し使用してしまうと、すぐに飽きられてしまうだろう。また、リンク先のコンテンツの情報をGoogleに何も伝えることができない。

その代わり、このセクションの最初のセンテンスで私が行ったように、センテンスの一部をハイライトし、リンクをクリックすると何があるかをユーザーが予測できるようにしよう。

6.潜在的意味インデキシング(LSI:Latent Semantic Index Keywords )

複雑に聞こえるかもしれないが、これは、ユーザーが検索バーに何を入力するかを予測するために、検索エンジンが用いる手法である。

「アンカーとは」とGoogleに入力した場合、検索バーには他のよく検索されているワードが複数表示され、私はその中から何かを選択することができる。

LSIキーワードをアンカーテキストに使用することで、Googleが任意の検索と関連があるとすぐに理解できる、検索に適した要素を含めることができる。

このアプローチの有効性については議論の的となっている(例えば、Googleのジョン・ミュラー氏は、GoogleにはLSIといった概念が無い、と述べている)。しかし、ユーザーにリンクの文脈をよく理解してもらうための方法として採用することは、悪い考えではないだろう。

もちろん、これらのキーワードはコンテンツ内に自然に使用することが重要だ。

一貫した流れの中で使うことが難しい場合もあるので、LSIを使用する際は注意してほしい。

7.画像アンカー

画像アンカーは、画像をクリックできるようにしたものだ。ユーザーがWebサイト内を回遊する手助けとなるが、アクセシビリティを低下させる恐れがあるため、注意が必要だ。

画像上のリンクは、ユーザーが何かをリサイズしたい時や、コンテンツをスクロールする際に、他のWebサイトへユーザーを誘導させてしまう。

最もよく使われる場面は、広告のように、クリック可能なコール・トゥ・アクションのボタンを使う方法だろう。

このような場合、Googleは画像内のalt属性をアンカーテキストとして読み取る。

alt属性を最適化していなければ、Googleは「テキストのない」アンカーとして読み取るが、これは避けておきたい状況だ。

画像アンカーは、アンカーテキストのバリエーションを広げ、他とは異なる方法を使えるようにするための、優れた方法と言える。

ユーザーがクリックできると認識できる限り、ブログ記事やWebサイト内に画像アンカーを使用することは、問題ないはずだ。

アンカーテキストにおけるSEO:SEOの戦略としてアンカーテキストを活用するためのベストプラクティス

様々な種類のアンカーテキストを学んだところで、次は、ベストプラクティスを学ぼう。

シンプルで基本的なガイドとなるが、時間が経つにつれ、より示唆に富んだ戦略となるはずだ。

アドバイスその①:トピックに適応する

悲しいことに、優れたアンカーテキストについて、多くの誤解がある。

しかし、リンク周辺のSEOにおいては、Googleに上位に表示されるためには、関連性が高いことが重要となる。

Googleは、クエリに対して無関係な回答を提供することで、ユーザーからの評判を悪くすることを望んではいない。

つまり、リンク先のトピックと、アンカー内のテキストやフレーズは、密接に関連していることが重要となる。

例えば、あなたの会社がスモールビジネス向けのコンテンツマーケティングのサービスを提供しているとしよう。

あなたは、Webサイトの訪問者に、コンテンツの重要性について説明したブログ記事を見てほしいと思った場合、リンクを追加する必要がある。

そのリンクには、ブログ記事に関連した文言やフレーズを使用したアンカーテキストを作成する必要がある。さもなければ、Googleはそうしたリンクを、ランキング操作を目的としたリンクと認識し、ペナルティを受けてしまう可能性が発生するだろう。

下記はその具体例である。

私は上記の画像で「URLの構築のしかた」というアンカーテキストを用いている。

読者に理解してもらいたいコンセプトを紹介し、このトピックに関連する情報があることを示しているのだ。

このリンクをクリックすると、下記のページに遷移する。

リンク先は別のブログ記事であり、私が紹介したトピックと完全に一致するものである。

このような役に立つブログ記事ではなく、サングラスを販売するページにリンクを貼っていた場合、どうなるだろうか?

読者は混乱するだろうし、ブログ内の他のリンクをクリックすることはないだろう。ランキングを操作する目的のリンクだと思われ、その読者は2度と私のブログを読むことはないかもしれない。

つまり、関連性を重視しているのは、Googleだけではなく、読者も同様なのである。

Webサイトに訪れたユーザーから信頼を得たいのであれば、ユーザーにとって有益となる情報源を用いており、そこに向けたリンクを貼るべきなのである。

さらに、関連性のあるアンカーテキストが少なくとも1つあれば、ランキングの上昇に寄与するとする調査もある。

これは、あなたのコンテンツのトピックについての良い情報を提供する、キーワードと関連性のあるアンカーテキストをGoogleは依然として評価していることを意味している。

少なくともアンカーテキストの一部を関連性のあるものとすれば、Googleはコンテンツを容易に分類することができ、それに応じたランキングを付与してくれるだろう。

アドバイスその②:常にバリエーションを取り入れる

アンカーテキストを常に完全一致にしてしまうと、Googleのスパムフィルターに検知されてしまうだろう。

ブランド名へのリンクのみを作成している場合も、同様のことが起こるはずだ。

SEOに役立つアンカーテキストを作成するためには、ユニークかつ多様なアプローチを用いることが重要だ。

これは、特定の割合にしたがって用いるべきアンカーテキストを考える、といった、よくあるアドバイスとは異なっている。

トップページの場合、5%を完全一致、20%をフレーズ一致、10%をキーフレーズ、といった具合で考えるかもしれない。

しかし、こうした推奨事項は、アドバイスを与える人や対象の業界によって大きく異なる。

多くの場合、所定のアドバイスに従いながら、あなた自身のアンカーテキストの戦略の基本路線を構築するようになるだろう。こうした基本路線を構築できれば、SEOとオーガニックランキングに最も効果的な方法で行うことになるが、これにはさらに深い評価が求められる。

行き詰まった場合は、競合他社が行っている方法を確認することができる。

私のこのアドバイスは、様々な業界の、様々なブランドがペンギン4.0によって受けた影響を調査した結果に基づいている。

アップデートの後、各ブランドは、「ターゲット」キーワードや完全一致のキーワードの数を減らし、アンカーテキストの戦略をより幅広いものに変更した。

こうした変化を加えると、ペンギン4.0以前の立ち位置に戻った。

上記のグラフと、下記のグラフを比べてほしい。

最も大きな違いは、「それぞれに違いが見られる」ということであるが、どの場合においても、ランキング状態はどちらも良かった。では、手渡された処方箋や、他の同様のアンカーテキストの最適化のスキームにおいて、何を意味しているのだろうか?

鵜呑みにすべきではない、ということだ。

特定のブランドにとって有効なことが、あなたにも有効であるという保証はどこにもない。また、他のブランドの戦略とまったく同じ戦略を採ることも馬鹿げている。

そうではなく、あなた自身のアンカーテキストのスキームが、より自然な配置になるように注力すべきなのだ。

こうしたバリエーションの全ては、自然な表現が前提であり、検索エンジンとユーザーに明確な意図を伝えることになる。

アンカーテキストの実験と自然な表現に注力することで、長期的に見ると、より良い結果が期待できるだろう。

アドバイスその③:アンカーテキストのテストと計測

Webサイト内でどのようにアンカーテキストを使用しているかを追跡することは、多少の労力が必要だ。しかし、時間の経過とともにどのようにSEOに影響を与えるかをテストするための、唯一の方法である。

使用しているアンカーテキストの種類を計測するための第一歩として、LinkioのAnchor Text Categorizer Toolの使用をお勧めする。

このツールは、URL、ページタイトル、ブランド名、キーワードなど、コンテンツについての詳細を尋ねてくる。

また、下記のように、コンテンツで使用しているアンカーテキストを正確に記入する必要がある。

今回は、私のWebサイトの実際のブログ記事からいくつか記入してみた。

また、画面横には便利なパーセント表示もある。

ここで、アンカーテキストの作成手順の基本路線を作り始めることができる。

前述の通り、他ブランドの方法を取り入れることも可能であり、自分自身の戦略を作り出すことも可能だ。SEOに役立つ複数の種類のアンカーテキストを使用していれば、正しい戦略を採っていることになる。

また、Ubersuggestを使用し、他のWebサイトが設置している、あなたのWebサイトへのリンクで、どのようなアンカーテキストが使用されているかを確認することもできる。まず、Ubersuggestにログインし、画面左に表示される「Backlinks」のボタンをクリックしよう。

次に、検索バーにあなたのWebサイトのドメインを入力する。バックリンクのアンカーテキストを含む、複数のデータポイントやレポートがボックス内に表示される。

Semrushを使うのも良い手段だ。どのような種類のアンカーテキストで、あなたのWebサイトにリンクが貼られているのかを確認しよう。この情報を得るために、Semrushのダッシュボードにある「Backlinks」タブを表示しよう。

その後、「Anchors」のオプションをクリックしよう。

こうすることで、他のブランドがあなたのWebサイトにリンクを貼る際、どのようなアンカーテキストが使用されているかを知ることができる。

Googleは、アンカーテキストを、コンテンツの関連性とドメインの権威性のシグナルとして使用している。そのため、アンカーテキストはSEOにとって不可欠な要素であると言えるのだ。

私のWebサイトへのアンカーテキストは、私の名前か、マーケティングに関連するものであることが多い。

これは非常に好ましい状況である。なぜなら、私の名前自体が私のブランドであり、デジタルマーケティングを通じて、私はビジネスを成長させているからである。

こうしたアンカーテキストを構築するためには何年もかかっている。しかし、私が作成したコンテンツと構築してきた関係性のおかげで、私のWebサイトのSEOの大きな助けとなっている。また、私の場合ではあるが、Googleの検索結果の1ページ目に表示されることにも役立っている。

バックリンクに対する十分な時間と適切な方法さえあれば、こうしたアンカーテキストの状況を作り出すことができ、それから素晴らしい結果を得ることができるだろう。

SEOのためのアンカーテキストの戦略におけるよくある質問

アンカーテキストとはなにか?

アンカーテキストとは、オンラインのコンテンツで見られる、新しいページへと遷移するための、クリック可能なテキストのことである。このように、下線が引かれたり、青色になっている場合が多いです。

なぜ、アンカーテキストは重要なのか?

Googleは、そのリンクが関連性があり、価値があるかどうかを判断するために、アンカーテキストを使用する。最も重要なランキング要素ではないが、SEOに影響を与える要素である。また、ユーザーはクリックするかどうかを、アンカーテキストを用いて、判断する。

アンカーテキストにはどのような種類があるか?

アンカーテキストの種類は下記の通りである。

  • 完全一致:あなたのページのターゲットキーワードと同じキーワードを用いる
  • 部分一致:他のキーワードとともに、キーワードを含める
  • ブランド・アンカーテキスト:ブランド名にリンクを追加する
  • ネイキッド・アンカーテキスト:URL全体をリンクとする
  • 一般的なアンカーテキスト:「ここをクリック」や「このページ」のようなフレーズ
  • 在的意味インデキシング:LSIとして知られており、検索エンジンが、検索する際にユーザーが使用する特定の文言やフレーズを予測するキーワード

アンカーテキストを最適化するためのアドバイスは?

アンカーテキストの最適化のベストプラクティスは、トピックにこだわり、一貫した構造を用い、バリエーションを取り入れ、テストと計測を行う、ということだ。可能であればキーワードを使用すべきだが、過度な使用は厳禁だ。

まとめ

アンカーテキストは重要だ。それのみで順位を上昇できるものではないが、ランキング要素ではある。また、ユーザーからの信頼にも影響する。

Googleはアンカーテキストをとバックリンクに対し、常に厳しい目を向けている。そのため、SEOにとってベストなアプローチを採ることは良い考えである。

また、自身の調査結果に基づいて、独自のバックリンクのバリエーションを作ることも良いだろう。

Anchor Text CategorizerやSemrushのようなツールを用いることで、SEOにおける、アンカーテキストの重要な変化を見過ごすことはなくなるはずだ。

今回のアドバイスによって、これから起こるいかなる困難にも耐えることができ、SEOの強化にもつながる、アンカーテキストの戦略を構築することができるだろう。

アンカーテキストを改善するため、今までにあなたはどのような戦略を用いただろうか?

近頃ではなかなか珍しい(?)アンカーテキストに焦点を絞った記事でした。SEOの初期のころと比べると、現在は大きく様変わりしているかもしれませんが、ユーザーを意識したアンカーテキストの作成は重要であると感じました。外部リンクの場合はなかなかコントロールが難しいですが、重要なページだけでも、自社のWebサイトの内部リンクの最適化は行いたいものです。

この記事は、NEIL PATELに掲載された「How to Optimize Your Anchor Text Strategy For SEO」を翻訳した内容です。

Page Top

投稿ナビゲーション