Bardを使用してGoogleのアルゴリズムアップデートの傾向を調査する方法

今回紹介する記事では、Googleのアルゴリズムアップデートに対応するために、Googleの会話型AIチャットボットであるBardをどのように活用するかについて説明しています。

Bardは、リアルタイムのウェブアクセスとGoogleリソースへの直接的な接続を活用して、アルゴリズムのアップデートがウェブサイトに与える影響を分析するのに役立ちます。しかし、Bardは完璧ではなく、その限界を理解し、他のデータソースと照らし合わせて使用する必要があります。

Bardを活用してSEO戦略を強化し、Googleのアルゴリズムアップデートに迅速に対応する方法を学んでいきましょう。

続きを読む

独占禁止法裁判で提出されたGoogleの検索ランキングに関わる7つのドキュメント

Google検索の独占禁止法に関わる裁判は長い間行われているイメージがありますが、これら裁判の過程で公開された資料に注目した、Search Engine Landの記事(https://searchengineland.com/google-search-ranking-documents-434141)を紹介します。核心に迫る箇所は非公開になっていたり、数年前に使用されたであろう資料も含まれていますが、SEO担当者にとっては確かに興味深い記述があると感じています。明日、すぐに使える知識、というわけではありませんが、Googleの検索に対する考え方に触れることができる、よい機会であると考えています。

続きを読む

Share of search(検索のシェア)。無視できないSEO指標の1つ

一般的に、SEOとは、特定のキーワードの検索結果における順位上昇を目指す施策です(もちろん、他にも様々な目的がありますが)。そのため、SEOの担当者が測定する値として、ターゲットとなるキーワードの順位が該当するケースは多いでしょう。しかし、マーケティング自体の成功を考えると、自社製品やサービスのブランド名での検索数も非常に重要となります。今回は、そんなブランド検索に焦点をあてたSearch Engine Landの記事(https://searchengineland.com/share-of-search-seo-metric-433133)を紹介します。
続きを読む

あなたのSEOを成功へと導く、12.5の感情的要素

SEO担当者に求められるものは、知識、スキル、経験など、多岐にわたります。こうした能力の習得は常に意識しておきたいものですが、SEO担当者としてのマインドセットも備えておきたいものです。心構えが一つ違うだけで、周りとのコミュニケーションや自身のスキル習得にも変化が見られる可能性があります。今回は、SEO担当者として身につけておきたい、感情的要素を紹介するSearch Engine Landの記事を掲載します。

続きを読む

SEOの成果をどう検証する? 本当は怖いGoogle Analytics 4の落とし穴|セミナーレポート

アクセス解析ツールがユニバーサルアナリティクスからGoogle Analytics 4に代わり、SEOの現場では求められるGoogle Analytics 4の理解度が少しずつ上がっているのではないでしょうか。

しかし、まだ十分に慣れている人は多くなく、「データの計測や分析に苦労している」という声もよく聞きます。

そのような状況の中、9/26(火)に「SEOの成果をどう検証する? 本当は怖いGoogle Analytics 4の落とし穴」セミナーを開催し、SEOの初期調査について解説を行いました。

こちらの記事ではセミナーでご紹介した内容を画像付きで解説しています。SEOに携わる皆様のご参考となりましたら幸いです。

続きを読む

SEOにおけるエンティティとは何か? そして、なぜそれが重要なのか?

「エンティティ」という言葉がSEOの文脈で見られ始めてから、10数年が経過しているのではないでしょうか?キーワード中心のSEOから脱却する際に避けては通れない概念ではありますが、なかなか理解が難しく、実務への活かし方も曖昧であるかもしれません。今回は「エンティティ」の解説に焦点を絞った、「Entity SEO Book: Moving from Strings to Things」の著者であるディクソン・ジョーンズ氏の記事を紹介します。

続きを読む

リンク切れを発見し、修正する方法

Webサイトを運営するにあたって、検索エンジン、ユーザーに好まれるWebサイトを構築したいと思うだろう。しかし、ユーザー体験の向上を目的とした内部リンクを構築したとしても、リンク切れがある場合、ユーザー体験を損なってしまうこともある。リンク切れは可能な限り防ぎたいものですが、特に巨大なWebサイトの場合、健全な状態を維持することは少々面倒でもある。今回の記事は、リンク切れに焦点をあてたBacklinkoの記事を紹介する。

続きを読む

「ChatGPT×SEO」徹底討論!AIは敵になるか?味方になるか?|セミナーレポート

ChatGPTをはじめとする昨今の生成系AIのトレンドを受け、2023/6/6(火)にセミナー「”ChatGPT×SEO”徹底討論!AIは敵になるか?味方になるか?」を実施いたしました。

今回はアイオイクスのパートナー企業であるヒーローズ株式会社の木村様をお招きし、弊社事業部長の遠藤との公開ディスカッションを実施いたしました。

当日ディスカッションを行った内容の一部をサマリーとしてお届けいたします。

注釈:当セミナーについては、2023年6月時点での内容であり、現在とは見解が異なる部分がございます。ご了承ください。
続きを読む

良いSEOの初期調査を実現する、Googleツールの効果的な使い方|セミナーレポート

SEOに取り組む上で、「Webサイトは今どのような状況なのか?」を正しく把握することは重要です。

しかし、Google Analytics 4やGoogle Search Consoleなど各種ツールの使い方は語られる一方で、「SEOの初期調査では何をすべきか?」が明確に語られる機会は多くありません。

そこで去る7/25(火)に「良いSEOの初期調査を実現する、Googleツールの効果的な使い方」セミナーを開催し、SEOの初期調査について解説を行いました。

こちらの記事ではセミナーでご紹介した内容を画像付きで解説しています。SEOに携わる皆様のご参考となりましたら幸いです。
続きを読む

AIがSEOに変革をもたらす今、将来を見据えた戦略のために必要なこと

ChatGPTの登場以来、AIについて語られている機会をSEOや検索の界隈でも多く目にするようになりました。Google検索、Bing検索ともに、AIの技術を活用した検索をバックグランドだけではなく、ユーザーが使うことのできる実際の機能として提供し始めています。こうした新時代の検索技術は、今までの検索体験を大きく変える可能性を秘めています。まだまだ未知数な箇所も多いですが、我々が現在行うべきことを提言している、Search Engine Journalの記事を紹介します。

続きを読む

Googleのジョン・ミュラー氏が、SEOコンサルタントを雇用するうえでのアドバイスを募集中

大企業やWebを事業の主軸に置いている企業であれば、インハウスのSEOチームを保有していることでしょう。しかし、特に中小企業などにおいては、インハウスのSEOチームがないため、外部のコンサルタントを雇うケースが多くなるはずです。しかし、SEOの複雑さから「良質な」コンサルタントを雇うことは難しいかもしれません。今回は、このトピックに関して、ジョン・ミュラー氏の発言から派生したディスカッションをまとめた、Search Engine Journalの記事を紹介します。

続きを読む

SEOに最適なキーワード調査ツール16選

SEOツールと呼ばれるツールは数多くあり、そのすべてを把握することは非常に難しいでしょう。機能も様々あり、用途に合ったツールを選択したいものです。SEOツールを使用するシーンは複数考えられますが、キーワード調査にツールを使用すると、効率よく進められるはずです。今回は、「キーワード調査」に用途を絞ったSEOツールを解説するSearch Engine Journalの記事を紹介します。

続きを読む

我々は、検索ボリュームが0のキーワードに注力すべきなのか?

SEOを行う以上、検索ボリュームの大きいキーワードでの上位表示を叶えたいと思うことは自然なことでしょう。しかし、そのようなキーワードは競争力も高く、一朝一夕で上位表示を獲得できるものではありません。そのため、検索ボリュームの少ないロングテールのキーワードでの上位表示を目指すことも重要と言えますが、どの程度のボリュームまで、ターゲットにすべきなのでしょうか?今回は、検索ボリュームが0のキーワードであったもターゲットにすべき理由を解説した、Search Engine Journalの記事を紹介します。

続きを読む

【SEO Japan協賛】BtoBマーケターイベントMarketerZのお知らせ

職務柄、BtoBマーケターは交流の機会が少なく、横の繋がりも希薄で孤独なポジションになりがちです。そんなマーケターにスポットライトを当て、マーケター同士の交流とレベルアップを叶えるイベント MarketerZ が開催されます。

マーケターのための BtoBマーケティングカンファレンス(2days)

MarketerZ は、自身もSB C&Sのマーケターである須賀田淳氏(@sugajun46)の発案により、今までに無かった”マーケターによるマーケターのためのイベント”として始動いたしました。5/26・27の2日間に渡り、オフラインとオンラインのハイブリッドで開催いたします。

続きを読む