アクセンチュアのトップコンサルタントが語るデジタルマーケティングの最新トレンド

日本でもお馴染みアクセンチュアのグローバル部門でデジタルコンサルティングを担当指定しているコンサルタントに最新のデジタルマーケティングのトレンドについて色々聞いてみた気になる記事をAd Exchangerから。ウェブに囚われない上流レベルからの視点がウェブマーケッターにも新鮮であり勉強にもなります。 — SEO Japan

続きを読む

定期購入型EコマースのCraveboxが成功を収めた仕組み

中国の旧正月?でお休みをいただいており失礼しました。さて休み明け最初の記事は、Eコマースの新しい形として昨年から日本でも話題になった定期購入モデルに関する話題を。日本でも幾つかの試みがあるものの、大きな成功例はまだないこの分野ですが、米国では既に何百億円、何十億円と売り上げるサービスも登場しているこの「サブスクリプションコマース」こと定期購入コマース。今回は、新興サービスとして注目を集めているCraveboxのCEOが語る定期購入コマースの成功のさせ方について。 — SEO Japan

続きを読む

DMP(データ管理プラットフォーム)の現状と未来

RTB、DSP、SSP、、、ただでさえ横文字略語が多いアドテク業界ですが、DMP(Data Management Platform)なんて言葉もあったようです。名前の通り、データを一括管理するプラットフォームを意味するようですが、私も余り知識がなかったこの言葉、米国ではトレンドになりつつあるということでその現状と未来を、アドテク関連イベントでのセッションを元に解説した記事を。先物どりなあなたは是非。 — SEO Japan

続きを読む

Facebook広告とGoogle広告の効果の違い

昨年末、Facebook広告の一覧を紹介しましたが、Google広告との違い、つまりサーチ広告とソーシャルメディア/SNS広告の違いについては明確に理解しきれていないサーチマーケッターも多いことでしょう。ということで、今回は米国のトップサーチマーケティング会社であるiProspectの役員が自ら答えてくれたFacebook広告とGoogle広告の違いについての記事を。 — SEO Japan

続きを読む

拝啓 バナー広告は健在です

2012年は、様々なアドテクノロジーの発展と共にディスプレイ広告が改めて注目を浴びた年でもありました。検索広告の天井も見えた広告業界的にもそうしたかったという話はさておき、まだまだ完全復権には至っていませんし、現状の懐疑的な方も多いでしょう。そんなあなたにアドテク情報サイトAdExchangerが贈る、バナー広告の価値について。 — SEO Japan

続きを読む

2012年、大手企業がRTBを本格活用を始めた記念すべき年

2012年も残り少なくなってまいりました。そろそろ2012年のまとめ記事が大量に飛び交ってくる時期ですが、まず第一弾は何故か?アドテク分野から。インターネット広告業界界隈で最も注目されている技術の一つがRTB(Real Time Bidding)といわれるリアルタイムの(ディスプレイ)広告入札の仕組み。米国でも本格的な導入は来年以降と思われますが、2012年は多くの大手企業・有名ブランドがRTBの採用を開始し、来年以降のRTB市場の成長を期待させる、記念すべき1年となったようです。 — SEO Japan

続きを読む

広告にとって理想的なマーケティングとITの融合、その現状

アドテクノロジーの進化と共に現実の話となりつつあるマーケティングとITの融合、、、現状のステータス、そして未来への方向性について業界を率先するアドテク企業、さらにはご存じボストンコンサルティングの役員にまで聞いてみた興味深い記事をアドエクスチェンジャーから。 — SEO Japan

続きを読む

Facebookが提供する広告サービス一覧【最新版】

世界を制したSNSといえばもちろんFacebook。Line等、スマホベースのマイクロメッセンジャーにその牙城を脅かされてはいますが、世界10億人を超えるユーザー数の存在感は圧倒的です。今回はそんなFacebookで提供されている広告サービスを一覧でまとめてみた興味深い記事を。英語版を元にしており、日本語で利用できないものもまだあるかもしれませんが、「世界最大のソーシャルネットワークで提供されている最新の広告サービス一覧」という目線でお読みいただき、あなたのソーシャルメディアマーケティングを考える参考にしていただければと。 — SEO Japan

続きを読む

メディア企業がテクノロジー企業に喰われる理由

Google、Facebook、Amazon、Apple、、、ネット業界を飛び越えて現実世界や株式市場でも最も注目を浴びているテクノロジー企業群。今やテクノロジーを武器に、従来のメディア企業群のフィールドに殴り込みをかけている彼らですが、当然そのフィールドに君臨していたメディア企業にしてみれば面白くはない話。テクノロジーの進化でコンテンツがネットを介してメディアチャンネルを超えて流通されるようになりつつある現在、果たしてテクノロジー企業とメディア企業の決戦は今後どうなっていくのでしょうか? — SEO Japan

続きを読む