Instagram創設者がプログラミング無経験の独学コーダーだった話

InstagramがFacebookに買収されたニュースは皆さんご存じでしょうが、では、Instagramの創立者は元々プログラミングの経験が全く無く、独学で学んだにわかプログラマーだったことをご存じでしょうか?アプリブームで一攫千金を狙った学生や主婦がプログラミングを勉強中、、、というニュースを以前聞いて「そんなんでできるのか?」と思った私でしたが、Instagramレベルでそんなドリームストーリーがあったようです。 — SEO Japan

InstagramのCEO、Kevin Systromは、私たちの世代のシリコンバレー最大のサクセスストーリーの1つとして歴史に残るだろう。Systromは、この人気写真共有アプリを10億ドルで買収することに成功した男、Mark Zuckerbergとは異なり、正式なエンジニアリングのトレーニングを受けていなかった。

QuaoraのアクティブユーザーでもあるSystomは、独学のプログラマーだ。Facebookが2010年に買収したNextstopのマーケティング部門で働きながら、夜はプログラムの勉強をして過ごしていた。Systromによると、小さなプロジェクトには、Foursquareの要素をMafia Warsと組み合わせたものも入っていた。

SystromはQuora上でこう説明している:

話は私がNextstopで働いていた時に始まる。私はそこでマーケティングの仕事をしていたが、プログラムの方法を学ぶ助けになるという単純な考えから夜にはどんどんとエンジニアリングをし始めていた(私は正式なCSの学位を持っていなければトレーニングも受けていなかった)。これらのアイディアの1つは、Foursquareの要素(チェックイン)とMafia Wars(そのようなわけで名前がBurbn)の要素を組み合わせることだった。私は、このアイディアのプロトタイプをHTML5で作って何人かの友達に渡すことができると思った。それらの友人たちは、ブランディング要素やデザインが全くないプロトタイプを使うこととなった。私は、自分の友人たちのためにこのプロトタイプを改善することに週末を費やした。

Hunchの人たちのためのパーティで、私はBurbnを現実にするであろうたくさんの人々に出会った。その中にBaseline VenturesとAndreessen Horowitzの二人の人間がいた。私はこのプロトタイプを見せ、私たちはそれについて話すためにお茶をすることに決めた。最初のミーティングの後、私は独り立ちしてBurbnが会社になれるかどうかを見るために仕事を辞めて飛び込むことに決めた。退職して2週間以内に、私はBaselineとAndreessen Horowitzの両方から500万ドルの資金調達をし、チームを見つけることに取り組み始めた。

Codecademyなどのおかげで、シリコンバレーには独学のプログラマーがますます増えている。Instagramの成功は コードを学ぶことへの熱意を増大させるだろう。そして、Systomは、駆け出しの起業家のこの新しい世代へのインスピレーションであることを証明するかもしれない―彼らが実際にかかわることができる人である。

画像クレジット / Jim Thompson


この記事は、The Next Webに掲載された「Instagram’s founder had no programming training. He’s a marketer who learned to code by night」を翻訳した内容です。

正式なトレーニングを受けていなくとも天才的なプログラマーはたくさんいますが、大体そういう人は元々子供の頃からパソコン&プログラミングが大好きだったりするイメージでした。プログラミングと違う仕事をやりつつ独学で勉強し、Instagramレベルのアプリを作って運用まで成功する、、、ただただ感心するのみですが、確かに最近は独学でも学べるプラットフォームやサービスも増えていますし、プログラミングに限らず色々なことをネットで、しかも多くが無料または格安で学べる時代になりました。

何かを学びたい人には、かつてない程良い時代になったと思いますし、後は好奇心、そしてやる気だけですね。スタートアップ界隈でも「これからの起業家はプログラミングができないといけない」なんて話もありますが、プログラミングができないことを言い訳できない時代が来るかもです。。。 — SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション