• TOP
  • SEO対策ガイド
  • 【必見】SEOライティングの基礎とは?意識すべき5つのポイントやコツを解説

【必見】SEOライティングの基礎とは?意識すべき5つのポイントやコツを解説

「SEOに効果のある文章の書き方が知りたい」
「記事を検索の上位に表示したい」
とお悩みではありませんか?

SEOに効果的なライティングを「SEOライティング」と言います。

SEOライティングは、自身のサイトや記事を検索エンジンで上位に表示するために重要な手法です。検索エンジンで上位に表示されるためには、表記の方法や記事の内容など、気をつけるべきことがたくさんあります。

そこでこちらの記事では、SEOライティングで意識するポイントやコツについて解説していきます。

記事を作成したあとに気をつけるべき点についても紹介しますので、SEOライティングについてお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

SEOライティングは読者と検索エンジン両方に向けた書き方

SEOライティングには、検索エンジンと読者の両方に向けた書き方が求められます。読者にとって読みやすく満足度の高い記事を作成し、さらに検索エンジンから評価されるような書き方を意識しなくてはなりません。

例えばGoogleは、クローラーと呼ばれるロボットがサイトを巡回して、評価を行っています。具体的な評価項目は明らかにされていませんが、ライティングにおいては下記の内容を意識することが大切です。

  • 検索された用語を盛り込む
  • HTMLタグが適切に利用されている
  • 良質なコンテンツを読者に提供している

読者にも検索エンジンにも評価される記事を書くことが、SEOで重要なポイントです。

SEOライティングで意識する5つのポイント

SEOライティングを行う上で、読者や検索エンジンに評価してもらうために意識するべきことは5つです。

  1. キーワードに沿った内容にする
  2. 独自性が高い内容を盛り込む
  3. 専門性が高い記事にする
  4. 読者の悩みを解決する内容にする
  5. 権威性を持たせる

それぞれ詳しく解説していきます。

1.キーワードに沿った内容にする

SEOライティングでは、読者が検索したキーワードに沿って記事を書くことが大切です。そのためには、なるべく記事タイトルや見出しにキーワードを入れるのが良いでしょう。見出しを見ただけで記事の内容がわかるということは、読者にとって親切であるといえます。

ただし注意として、検索キーワードを多用しすぎることは良くありません。検索エンジンの評価を気にしてキーワードを意図的に入れようとすると、不自然で読みづらい記事になってしまいます。

読者が読みやすいように、自然にキーワードを入れてわかりやすい記事を意識してみてください。

2.独自性の高い内容を盛り込む

SEOライティングでは、独自性の高い内容にすることが重要です。 他のサイトと似たような記事を作成してしまうと、検索の上位に表示されることが難しくなります。

  • 実際の体験談
  • 独自の視点
  • オリジナル画像の挿入

など、その記事にしかない独自性の内容を盛り込むことで、読者が満足することにもつながります。

3.専門性が高い記事にする

専門性を高めることも、SEOライティングにおいて重要です。特定の分野において専門的な情報を提供することで、サイト全体の評価向上につながります。

例えば医療分野の記事だと、一般的な知識しかない人が書く記事よりも、医師免許を持っている人の方が専門的な知識を提供できるはずです。

さらに専門性が高い記事が多くなると、サイトに留まるユーザーの時間も長くなるため、SEOに効果的です。

4.読者の悩みを解決する内容にする

読者の悩みや疑問を解消する記事を作成することは、検索上位を獲得するために大切です。充実したコンテンツでなければ読者の満足度が得られず、検索エンジンの評価が上がりません。

読者の悩みにしっかりアプローチするためには、客観的で根拠がある内容を心がける必要があります。

自身の体験談ばかりを書くのではなく、客観的な事実を交えることを意識しましょう。

5.権威性を持たせる

記事の情報に権威をもたせることで、読者の満足度を上げられます。説得力のある文章を書くことで、読者のニーズをより満たせるからです。

  • 資格者など、分野のプロフェッショナルが書く
  • 官公庁などの公的な機関や人物の発言を引用する

などで、記事に権威性を持たせることを意識してみてください。書き手が専門家では無い場合でも、記事に監修をつけたり、専門家にインタビューを行ったりすることで、権威性を高められます。

SEOライティングの9つのコツ

こちらでは、SEOライティングを行う際の9つのコツについて解説していきます。

  1. ユーザーの検索意図を考える
  2. 共起語を盛り込む
  3. 代名詞を使いすぎない
  4. タグを正しく使う
  5. キーワードをタイトルに含める
  6. ディスクリプションをわかりやすくする
  7. 画像にはaltタグを記述する
  8. 表記ゆれに気を付ける
  9. コピペチェックを行う

すぐに取り入れられる内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ユーザーの検索意図を考える

SEOライティングを行う前には、読者の検索意図をしっかり考えることが大切です。検索者の悩みとマッチしない内容だと、満足度は高められません。

例えば「イヤホン おすすめ」と調べているユーザーに対して、おすすめのスピーカーを紹介しても悩みを解決できないでしょう。

  • どんなことを知りたいのか
  • なぜ知りたいのか
  • 知った後でどうなりたいのか
  • どのような形で知りたいのか(画像や動画など)

など、ターゲットにする読者を深く理解し、適切な内容の記事を書くことがSEOライティングのコツです。

2.共起語を盛り込む

共起語とは、検索キーワードと一緒に出現する言葉を指します。例えば「イヤホン」で検索するときには「ワイヤレス」や「おすすめ」などが共起語です。共起語が自然と含まれるように文章を作成すると、読者の求める内容につながります。

しかし、無理に共起語を入れようとすると、不自然な文章になったり、内容が矛盾してしまったりする可能性があります。

よって、記事の主張と関連が高い共起語を自然に盛り込むことが大切です。

3.代名詞を使いすぎない

代名詞を多用すると、読者が何のことを指しているか分かりにくい文章になってしまいます。SEOライティングは、指示語を省略せず、主語・述語をはっきりさせるのがコツです。

読者に伝わる文章は、結果的に検索エンジンで上位に表示されることに繋がります。

  • あれ
  • これ
  • それ
  • 彼ら

などの代名詞は、なるべく使わないようにしましょう。

4.タグを正しく使う

記事を作成する際には、正しくタグを使うようにしましょう。特に見出しを表す「hタグ」は、記事の構造をクローラーに伝えるのに役立つものです。

そのため正しく使用しないと、Googleからの評価を得にくくなってしまいます。

  • h1=大見出し
  • h2=中見出し
  • h3=小見出し

h1タグは1つの記事に1つだけ使用するものなので、記事を作成する際はh2から始めます。

クローラーに正確な文章構造を伝えるためにも、正しいタグの使い方を意識して、構造の順番を守ることが大切です。

5.キーワードをタイトルに含める

SEOライティングでは、選んだキーワードをタイトルに含めるようにするのが重要です。

キーワードがタイトルに入っていないと、検索エンジンにうまく記事が認識されない可能性があります。さらに読者もキーワードが入っていないことで、「この記事には自分の欲しい情報がない」と考えてしまうかもしれません。

ただし無理やりキーワードを盛り込むと、タイトルが不自然になり、かえって検索者が離れる原因となってしまいます。

記事タイトルに自然な形でキーワードを入れることを意識してみると良いでしょう。

6.ディスクリプションをわかりやすくする

ディスクリプションは「ページの概要や要約」のことで、検索するとタイトルの下に表示されます。ディスクリプションの内容を検索キーワードに沿ったものにすれば、読者に記事の内容をアピールできます。

コツとしては、記事の本文を読まなくても内容がわかるように書くことが大切です。

また表示できる文字数には限界があるので、100文字程度にわかりやすく記載するようにしましょう。

他の競合サイトと比べて、読者が「欲しい情報がある」とわかれば、クリックされる確率が高まります。

7.画像にはaltタグを記述する

「altタグ(代替テキスト)」は、画像ファイルにつける説明の言葉です。

検索エンジンは画像の内容までは把握できないため、altタグを適切に記載しておくことで、より分かりやすい記事になります。

また、画像が何らかの原因により読み込まれなかった場合にはaltタグが表示されるため、読者が記事の内容を把握する際にも役立ちます。

8.表記ゆれに気を付ける

サイト内で使うキーワードは、なるべく表記ゆれを起こさないように気をつける必要があります。表記ゆれがある記事は、読者にとって読みづらいものになりやすいです。

例えば「Web」というキーワードを書く際に、記事内に「ウェブ」や「WEB」を併用することはおすすめできません。

読みやすい記事にするためにも、表記ゆれには注意しましょう。

9.コピペチェックを行う

記事を作成したら、コピペチェックを行うと良いでしょう。コピー率が高い記事は「コピーコンテンツ」とみなされて、検索エンジンの評価が下がる可能性があります。

SEOライティングの場合、他サイトを参考にして執筆する場合が多いです。すると真似したつもりがなくても同じような文章になってしまい、コピペに判定される場合があります。

コピペ判定を防ぐためにも、ツールを利用して確認してからWeb上に公開することを意識しましょう。

SEOライティングが完了したら確認すること

こちらでは、SEOライティングが完了した後に確認することを紹介します。

  1. 著作権への抵触がないか気をつける
  2. 過去の記事と比較する

記事を書き上げて終わりではなく、上記の内容を確認してから公開を進めてください。

著作権への抵触がないか気をつける

記事を作成したら、著作権に抵触していないかを確認しましょう。他サイトの画像や文章を正しい方法で引用しないと「著作権侵害」という犯罪に該当する可能性があります。

具体的に気をつけるべき点は以下の通りです。

  • 引用符をつけているか
  • 引用元を明らかにしているか
  • 引用文を多用しすぎていないか
  • 参照元リンクをつけているか
  • 画像は著作権フリーのものか

著作権に抵触していると、著作者から訴えられる可能性があります。記事を公開する前に、しっかり確認しておきましょう。

過去の記事と比較する

他サイトとのコピペチェックだけでなく、自身のサイトの過去記事と比較を行うことも大切です。

過去に作成した記事と類似していると「カニバリゼーション(共食い)」と認識され、お互いの記事が評価されにくくなってしまいます。その結果両方の記事が、検索上位から除外されてしまうかもしれません。

類似している記事があるなら、どちらかひとつに統合するか、別のテーマで記事を書くことが大切です。

まとめ

SEOライティングでは、検索エンジンとユーザーに評価される記事を書き、上位表示を目指すことが必要です。そのためには読者の満足度を高めるだけでなく、検索エンジンにもわかりやすいライティング行うことが重要といえます。

  • 記事の内容を構造化する
  • 正しくキーワードを盛り込む
  • タグの設定を間違えずに行う

など、検索エンジンが認識しやすい記事構成を心がけましょう。

また読者の満足度を高めるためには、検索意図をしっかりリサーチすることが大切です。読者が読んで満足できるような記事を書くためにも、コツをしっかりと理解して執筆を進めてみてください。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます