• TOP
  • SEO対策ガイド
  • マーケティングでSEOが重要な理由とは?効果的な4つのSEO施策を徹底解説

マーケティングでSEOが重要な理由とは?効果的な4つのSEO施策を徹底解説

「なぜマーケティングにSEOが重要なのか」
「コンテンツマーケティングとSEOの違いは?」
「マーケティングに効果のあるSEO施策が知りたい」
などと考えていませんか?

WebマーケティングにSEOが重要だとは感じていても、理由が明確ではなかったり、方法がわからなかったりすると、なかなか予算や時間を割きづらいものです。

そこでこの記事では、SEOがマーケティングで重要な理由や、効果的な施策について詳しく解説していきます。マーケティングでSEOを行いたいと考えている方は。ぜひ参考にしてみてください。

SEOがマーケティングで重要な理由とは

SEOがマーケティングにおいて重要な理由は「長期に渡って集客ができるため」です。上位表示する検索キーワードにもよりますが、月間で100万以上のアクセスを集めるサイトも珍しくありません。

マーケティングの手段としてセミナーなどのイベント開催も挙げられますが、一時的な効果しか見込めません。一方、SEOにより効果的なキーワードで上位表示できていると、長期間に渡ってアクセスを集められます。

さらに、検索結果にサイトを乗せること自体は無料です。広告のように多額の費用をかけること無く、高い効果を得られます。

ただし意識せずに用意したコンテンツでは、上位表示を狙うことはほぼ不可能です。そこでSEOを行うことで、検索結果の上位へサイトを掲載する可能性を高めることが大切だといえます。

検索結果の上位表示を獲得することはマーケティングにおいて効果が高いので、施策としてSEOを行うことが重要です。

SEOとコンテンツマーケティングの違いや意味とは

「SEO」と「コンテンツマーケティング」という言葉を混同して認識してしまうケースがあります。

ところが双方の意味合いは大きく違うため、運用の際には注意が必要です。

こちらではSEOとコンテンツマーケティングの意味や違いについて解説します。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)は「検索エンジン最適化」という意味合いを持つ言葉です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、記事コンテンツを上位表示するための施策を指します。

検索エンジンに評価してもらうためには、様々な方法があります。

  • キーワードの最適化
  • クローラビリティの最適化
  • 適切なタグの設定
  • リンク対策

サイトへのアクセス数を増やすため、質の良いコンテンツを作り、上位表示を目指すことがSEOの目的です。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信し、顧客へ商品を訴求したり、ファンを作ったりすることが目的です。そのため、コンテンツ自体に明確な決まりはありません。

  • メルマガ
  • セミナー
  • SNS
  • 動画

など、自社が発信しているコンテンツを利用するものは「コンテンツマーケティング」に該当します。媒体によりユーザー層が変わるため、様々な人にアプローチできるのが特徴です。

コンテンツマーケティングとSEOの違い

コンテンツマーケティングとSEOはそれぞれ目的が異なります。

コンテンツマーケティングは、顧客と関係を築くことが目的です。一方でSEOは検索エンジンからの流入を獲得することが目的となります。

商品やサービスの利用者数を増やすためには、SEOとコンテンツマーケティングをバランス良く行うことが重要です。

主なSEO施策を2つに分けて解説

こちらでは、検索結果の上位表示に重要な2つのSEO施策について解説していきます。SEOによって集客を増やしたいと考えている方は参考にしてみてください。  

1.内部対策

内部対策は、自サイト内で行うSEO施策です。

「ユーザーにとって有益なページを作成する」「サイトの構造を検索エンジンが認識しやすい構造とする」など、SEOの基本となる施策となります。

品質の高いコンテンツを作成するには、まずは「どのような人にアクセスしてほしいか」を考えることが大切です。そしてそのユーザーが検索しそうなキーワードを考えて、記事を作成していきます。

例えば販売したい商品が「英語教材」の場合だと、英語を勉強したい人がアクセスしてほしい対象です。すると、以下の検索キーワードが考えられます。

  • 英語 勉強方法
  • 英語 話し方 コツ
  • 英語 教材 おすすめ

読者の検索ニーズに合わせて記事コンテンツを充実させることが、内部対策の基本です。 作成したコンテンツが増えてきたら、カテゴリごとに整理をしたり、リンクを配置したりします。

2.外部対策

外部対策は、サイト外で行う施策のことを指します。

外部評価を高めることで、検索エンジンに「信頼性の高いサイト」と認識させる、サイトの評価を底上げすることが狙いです。

外部評価の指標として挙げられるのは「被リンクの数」です。品質の高いコンテンツを用意し、外部から紹介リンクを貼られることで、自社サイトの評価が高まります。

かつては、被リンクを購入したり、自分で別サイトを作って大量のリンクを貼ったりする方法が通っていた時期がありました。しかし検索エンジンの質は日々向上し、このような方法はほとんど機能しなくなっています。

よって、多くの人が紹介したくなるようなコンテンツを作成し、適切な手段で届けることが、外部対策では重要です。

マーケティングの成功に有効なSEO施策4選

Webマーケティングを成功へ導くために、SEOに注力することは効果的です。

SEOによってWebサイトが上位に表示されれば、ユーザーが目にする機会が増加し、商品やサービスの購入に繋げることができます。

ここからは、マーケティングの成功につなげるためのSEO施策について解説します。

  1. 適切なキーワードを選ぶ
  2. 読者の検索意図を把握する
  3. 読みやすいコンテンツを作る
  4. クローラビリティの最適化を意識する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.適切なキーワードを選ぶ

SEOでは、適切なキーワードを選ぶことが重要です。キーワードによって読者が抱えている悩みが違うため、自社商品やサービスを利用しそうなユーザーを集められる言葉を選定しなくてはなりません。

またキーワードによって、検索数や競合サイトの量も大きく変わります。Webマーケティングを成功させるにあたって、どのようなキーワードを狙えば効果的かを考えることから始めましょう。

2.読者の検索意図を把握する

キーワードを選定したら、ユーザーがどのような検索意図を持っているのかを把握することが大切です。ユーザーの悩みを解決できるような情報が載っている記事を作ると、上位に表示される可能性が高まります。

検索意図を詳しく知るためには、狙っているキーワードのみではなく関連キーワードをリサーチすることも大切です。どのようなキーワードと一緒に検索されているのかを知ることで、ユーザーが探している情報は何かを把握しやすくなります

キーワードの検索意図を理解し、適切な記事を作ることは、SEOで大切な要素です。

3.読みやすいコンテンツを作る

読みやすいコンテンツを意識して作ることも、SEOでは大切です。読みにくい記事を作ってしまうと、ユーザーの悩みが解決できず、満足度が高まりません。

  • 結論を先に記載する
  • 適度に改行する
  • 文字装飾を適度に入れる
  • 画像を挿入する
  • キーワードを無理に入れない

など、読みやすさを重視して記事を作成してみてください。

4.クローラビリティの最適化を意識する

検索エンジンが理解しやすいWebページにすることを「クローラビリティを最適化する」といいます。Googleは「クローラー」と呼ばれるロボットがサイトを巡回して、情報を収集しています。

ユーザーの検索意図を考えることはとても重要ですが、検索エンジンが記事を正しく認識していないと意味がありません。よって、検索エンジンに向けてコンテンツを作ることも大切です。

  • 内部リンクを設置する
  • ファイルのサイズを小さくする
  • 重複するページをなくす
  • 正しくHTMLタグを使う
  • 被リンクを増やす

など、クローラーが理解しやすいWebページを作るように意識しましょう。

マーケティングにSEOを使ううえで大切な3つのこと

マーケティングは、自社の売り上げを伸ばすことが最終的な目的です。SEOによって上位表示を狙うだけでなく、その先を見据えてコンテンツを作らなければなりません。

こちらでは、マーケティングにSEO活用うえで大切な3つのことについて解説します。

  1. 品質の高い商品やサービスを作る
  2. 目的に沿ったSEOを行う
  3. 効果検証を行う

コンテンツ作りの際にぜひ参考にしてみてください。  

1.品質の高い商品やサービスを作る

マーケティングにおいては品質の高い商品やサービスを作ることが大切です。いくらSEOで集客ができたとしても、売りたい商品やサービスの質が悪いと、最終的な購買活動には繋がりません。

品質が高いコンテンツを作るためには、まず誰に向けて作るのか、ターゲットを明確に設定しましょう。そしてユーザーが抱えている不満や、何を求めているのかを分析します。

ユーザーときちんと向き合い、そのニーズに答えることで、高品質なコンテンツ制作のヒントが得られます。また自社商品やサービスだけでなく、集客用の記事に対しても同じことが言えるため、SEOを行う際にも意識してみてください。

2.目的に沿ったSEOを行う

SEOを行う際には「目的達成に貢献する施策かどうか」を考えましょう。目的によって、行うSEOの内容は大きく変わります。

例えば目的が「閲覧数よりも商品の購入数を増やしたい」だとします。

  • 月間閲覧数が10,000で購入数が10
  • 月間閲覧数が1,000で購入数が100

という2つのキーワードがある場合、狙うべきは後者です。

やみくもに上位表示を狙うのではなく、サイトの目的に沿って施策を行うことが、SEOには大切です。

3.効果検証を行う

SEOでは、効果検証を行うことも大切です。検索上位を狙うこと自体は無料で行えますが、記事の作成やサイトの構築などには時間や費用がかかります。

よって「とりあえず記事を作る」だけではなく、しっかり効果が出ているかどうかを確かめることが重要です。

  • ページ閲覧数
  • 狙ったキーワードの順位
  • 商品の成約率

など、データを検証して、改善を進めましょう。

まとめ

マーケティングは、まず集客を行い、その後の購買行動につなげていくことが重要です。そのためにSEOは、非常に効果的な施策だといえます。

  • ターゲットの決定
  • 狙うキーワードの選定
  • 良質な記事コンテンツの作成

などを意識して、効果的なマーケティングができるようにサイトを育てていきましょう。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます