• TOP
  • SEO対策ガイド
  • SEOと文字数の関係とは?上位表示に効果的な設定方法や7つのやるべきことを解説!

SEOと文字数の関係とは?上位表示に効果的な設定方法や7つのやるべきことを解説!

「SEOに文字数は関係するのだろうか」
「文字数が多ければ上位表示されるのだろうか」
「記事ごとの最適な文字数が知りたい」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

キーワードに対して記事を書く際に、どれくらいの文字数で執筆すればいいのかは、難しいポイントです。文字数には絶対の上限も下限もないため、毎回迷っているという方もいらっしゃいます。

そこでこの記事では、SEOと文字数の関係や、検索結果で上位に表示されるためにやるべきことについて解説していきます。

記事の文字数をどれくらいで作成するべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

【結論】検索結果に文字数は直接関係しない

結論からいうと、文字数は検索結果の上位表示に直接関係するものではありません。

Googleの品質に関するガイドラインでは「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。」という観点を基本方針としています。

つまり「他の上位記事よりも文字数を増やした」という記事でも、ユーザーにとって便利ではない記事と判断されると、上位表示はされません。一方で、文字数が少なくてもユーザーにとって利益のある情報が掲載されていれば、上位表示される場合があります。

最適な文字数というのは検索キーワードによっても大きく変わるため、明確な決まりがないということは覚えておきましょう。

文字数の多い記事が上位に表示されている理由とは

「検索結果に文字数は関係がない」とはいっても、検索上位には文字数の多い記事が多数存在します。

こちらでは、なぜ文字数の多い記事が上位に表示されているのか、その理由を解説します。

  1. 共起語を含みやすいから
  2. ユーザーの悩みを解決しやすいから

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.共起語を含みやすいから

文字数が多い記事は、共起語を取り入れやすくなります。共起語とは「特定のキーワードと一緒によく出現する単語」です。

検索キーワードに関連した言葉を多く盛り込んでいる記事は、検索結果で上位に表示される確率が高くなります。関連するキーワードを多く入れることで、読者の悩みを解決できる可能性が高まるからです。

たとえば「換気扇」がキーワードなら「掃除、フィルター、外し方」などが共起語です。共起語を多く含むように記事を作成すると、文章は自然と長くなっていきます。

2.ユーザーの悩みを解決しやすいから

文字数が多いとユーザーの悩みを解決しやすい点も、上位表示の理由のひとつです。検索エンジンでは、ユーザーが抱える悩みや疑問を解決できるコンテンツが評価されます。

品質が高く文字数の多いコンテンツは、淡白な記事に比べると悩みが解決できる可能性が高いです。さらに競合と差別化を図るために、独自のコンテンツを入れることもあるでしょう。

Googleの評価基準である「ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する」を満たしやすいのは、文字数が多い記事だといえます。

SEOに効果的な文字数の設定方法

文字数を増やしたほうが良質なコンテンツになることはわかっていても、実際にどれくらいの文字数を設定すればよいか迷ってしまうところです。

そこで、こちらでは具体的に文字数を決める設定方法について解説します。

検索キーワードによって文字数を決める

検索キーワードによって、文字数を決める方法です。検索エンジンの目的は「ユーザーの質問に対して適切な答えが載っているページを上位に表示すること」なので、キーワードによって適切な文字数は変わります。

例えば検索ユーザーが「本日の気温」を調べている場合、知りたい答えは1日の気温のみです。気温についての専門的な知識が長々と書いてある記事は求められていません。

一方で転職に悩んでいる人が「転職 成功方法」で検索している場合は、おすすめの転職先や面接の攻略法など、様々なコンテンツを必要としています。

このように、キーワードを検索するユーザーが「なにを求めているのか」を考えて記事を作成することが大切です。

ライバルサイトの文字数をチェックする

適切な文字数がよくわからないという方は、キーワード検索で上位に表示されているライバルサイトの文字数を確認してみてください。

上位表示されている=検索エンジンに「ユーザーの疑問を適切に解決している」と判断されているということです。つまり上位のサイトを参考に記事を作ることで、ユーザーの検索意図を満たす記事を作りやすくなります。

ただし文字数ばかりを真似するのではなく「どのようなコンテンツが必要とされているか」を考えることが大切です。また真似だけでは差別化ができないため、自分なりのオリジナルコンテンツを入れることも重要となるでしょう。

キーワードを決めた次のステップとして、ライバルサイトの文字数はしっかりと確認するようにしてみてください。

検索で上位表示されるにやるべきこと7選

検索で上位表示を目指すためには、文字数を気にすることではなく、品質の良い記事を作成することが重要です。しかし、品質の高い記事とは具体的にどのようなものなのかわからないという方もいるでしょう。

そこでこちらでは、SEOで評価を上げるためにやるべきことを7つ解説していきます。

  1. 競合サイトの内容を調査する
  2. わかりやすい内容にする
  3. 無駄な情報を入れない
  4. 情報に網羅性がある
  5. 専門性の高いコンテンツにする
  6. ユーザーが欲しい情報を伝える
  7. レイアウトを見やすくする

検索エンジンに評価される記事について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.競合サイトの内容を調査する

記事を作成する前に、競合サイトを必ずチェックするようにしてみてください。繰り返しになりますが「上位表示されている記事=読者の悩みを解決している記事」です。つまり検索で上位になるには、競合サイトを見ることが最も最適な方法だといえます。

狙っているキーワードで、検索結果1ページに表示されているサイトには全て目を通してみましょう。

  • キーワードからどのようにコンテンツを展開しているか
  • どれくらいの文字数で作成しているか
  • 多くのサイトが説明している内容はなにか

などを参考にしてみてください。

ただしまるごと真似してしまうとコピーコンテンツとみなされてしまうため、オリジナルの切り口やコンテンツを追加することも意識しましょう。

2.わかりやすい内容にする

読者の目線に立ち、わかりやすい記事を作成することが大切です。専門性は大切ですが、難しい言葉ばかり使っている記事はユーザーの満足度向上にはつながりません。

ユーザーは「自分が知らない内容」を検索することが多いため、誰にでもわかりやすく書くことが重要です。

  1. 専門用語を使いすぎていないか
  2. 誤字脱字がないか
  3. 意味が通じない文章になっていないか
  4. 読者に伝わりやすい構成になっているか

などを意識して、誰が読んでもわかりやすい内容を目指してみてください。

3.無駄な情報を入れない

SEOの効果を期待して、文章を無理やり増やすのは逆効果です。

文字数ばかりを気にして、ユーザーのニーズに合わない内容を長々と書いたり、冗長な文章になってしまったりすると、検索エンジンの評価が下がる可能性があります。

ユーザーが求めている情報を適切に過不足なく入れるようにしてみてください。

書くことが見つからないという場合は、競合サイトをリサーチして情報を集めてみましょう。

4.情報に網羅性がある

SEOで上位表示を目指すなら、情報の網羅性が重要です。キーワードに対する内容が充実していれば、ユーザーのニーズに合わせやすくなります。

同じキーワードで検索したとしても、求める内容は人それぞれです。

たとえば「SEO」という言葉で検索したとしても、用語の意味を知りたいのか、対策方法について知りたいのかにより、求める情報が異なります。

網羅性を高めるためには、共起語を使用するのが有効です。ユーザーの検索意図を把握するために事前のリサーチをしっかり行い、情報を網羅した記事を作成してみてください。

5.専門性の高いコンテンツにする

Googleなどの検索エンジンは、専門性の高いコンテンツを上位に表示する傾向にあります。専門性の高いサイトを作ることで、信頼性や権威性を得られるでしょう。

特にYMYL(Your Money or Your Life)ジャンルでは、専門性の高さが検索上位に重要です。

  • 医療
  • 金融
  • 健康
  • 法律

などのジャンルは、専門外の人が書いてもなかなか上位表示につながりにくいです。

自身が専門外のジャンルは専門家に記事を作成してもらったり、監修してもらったりするのが良いでしょう。

6.ユーザーが欲しい情報を伝える

キーワードを盛り込んでいるだけの記事は、評価の対象になりません。ユーザーの検索意図を確認し、競合サイトよりもわかりやすく、より詳しいサイトを作成することが大切です。

そのためには、競合サイトと同じ内容ではなく独自性を盛り込むことも必要になってきます。

  • 権威性・専門性
  • 図解
  • アンケートなどの客観的な情報

など、より深い情報を入れて、役に立つコンテンツを作るようにしてみてください。

7.レイアウトを見やすくする

離脱を防ぐためには、見やすいレイアウトで作成することが大切です。文字数が多くなると、読者が飽きたり離脱したりしてしまう可能性が高くなります。

レイアウトについては以下のような工夫が挙げられます。

  • 画像を入れる
  • 見出しを使う
  • 改行を入れる
  • 見やすいテキストの色にする
  • 見やすいフォントにする

文字ばかり続くよりも、途中で画像が入っていたほうが、読者の「飽き」を解消できます。見出しを使うと文章の構成がわかり、ユーザーがみたい文章をピックアップすることが可能です。

記事の内容はもちろん重要ですが、見た目にも気をつけてみてください。

まとめ

SEOでは、記事の文字数よりもユーザーにとって質の高い記事が重要です。ユーザーの検索意図を確認し、さまざまなニーズに答えられるように充実した記事の作成してみてください。

SEOの効果を上げるなら、文字数を気にするのではなく、網羅的な内容にしたり、見やすいレイアウトにすることが必要です。ユーザーが求める情報を載せて満足度を高め、検索評価を上げていきましょう。

お気軽にご相談ください

詳しい要件等が固まっていなくてもご相談ください。
ご相談はもちろん無料です。

Webマーケティングの
詳しいご相談はこちらから

サービス資料を
ダウンロードいただけます