コンテンツにすばらしい画像、動画、ビジュアルが必要な 7 つの理由

人間は視覚を重視する生き物です。

私たちは毎日五感を使って問題を解決し、日常生活を営んでおり、それぞれが人間を大きく助けています。
その中でも視覚は人間が学習するすべての80%を担っており、脳が発達したほとんどの動物でも同様の数値が得られる可能性があります。
そのため、写真、画像、ビデオなどのメディアは、文章によるコンテンツや包括的なコンテンツ マーケティング戦略の成功に大きな影響を与えます。今回は、視覚に訴えかけるコンテンツが如何に重要であるかを示したSearch Engine Journalの記事をご紹介します。

ビジュアルはアイデアをより速く、より簡単に伝える

人目を引くビジュアルは私たちを魅了します。
上手く使えば、ビジュアルが伝えるメッセージと、メッセージの背後にいる人物をよりよく理解させることに繋がります。

これが、ブランディングとマーケティングにおいてビジュアルを持つことが非常に重要である理由です。
ビジュアルは、見込み客、販売、およびそれらを推進する力に対しても同様のはたらきがあります。

人は常に、人生で最も魅力的なもの (人、場所、製品) を高く評価します。それらは相対的に価値が高いため、常に人から求められています。そして、良くも悪くも視覚的に魅力的です。

同じ方法でコンテンツを作成してみましょう。

メッセージ、対象者、目標を念頭に置いて、コンテンツを適切に計画することから始めます。

ただし、各コンテンツを補足する、または完成させるために説得力のあるビジュアルコンテンツが必要であることを決して無視してはなりません。

メッセージ性を高め、ユーザーの共感を得るために、どのような画像、インフォグラフィックス、ビデオ、アニメーション、その他のリッチメディアをコンテンツに加えることができるかを、最初から検討する必要があります。

聴衆に言葉で伝えることも大切ですが、ビジュアルを見せながら伝えることができれば、その差は歴然です。
あなたのコンテンツを飛躍的に向上させるビジュアルリッチメディアはたくさんあります。そして、数字がそれを裏付けています。

・画像や動画などのビジュアルを含むウェブコンテンツは、平均で最大94%の閲覧数を獲得し、より良いパフォーマンスを発揮します。
・ビデオ付きの電子メールは、そうでないものに比べてクリックスルー率が大幅に高くなります。
・インフォグラフィックは、ウェブサイトのトラフィックを12%増加させることができます。
・画像や動画を使ったツイートは、リツイート数がそれぞれ平均で35%、28%増加する。
・29億人以上のユーザーを抱えるFacebookでは、毎日1億時間以上の動画が視聴されています。

何よりも大切なことは、科学に頼ることです。

言葉を読むだけでは、ストーリーテリングの範囲までしか理解が進みません。ビジュアルはテキストよりも60,000倍速く処理されるため、コンテンツにビジュアルを含めると、視聴者の注意をすばやく引くことができます。
包括的な統計を超えて、メッセージを完全かつ効率的に伝え、ストーリーを語り、つながりを生み出すためにコンテンツに説得力のあるビジュアルが必要な7つの根拠に基づく理由を以下に示します。

1. 人間はビジュアルを好む

人は生まれつき視覚的な生き物です。

テキストよりもビデオ、アニメーション、および画像を好む傾向があるのは、現代の短い集中力のためだけではありません (テキストをより速く簡単に消費できるため)。
また、この情報をより速く、より適切に、より長く取得して保持できるからです。

ビジュアルは消化しやすく、覚えやすいです。
そして、今まで以上に入手しやすくなっています。
世界中の人々がマルチデバイスを使用することが増えているため、ビジュアルコンテンツが成功に欠かせないものになっているのは当然のことです。

2022年に動画からのインターネット トラフィックが地球上の全世界のウェブトラフィックの82%を占めたのも、おそらくそのためです。
今日のデジタル環境では、ページ上の言葉よりも画像や動画にすぐに魅了される可能性が高くなります。それはおそらく、少なくとも動画が登場して以来、人間は常にそうであったと言えます。

携帯電話の高速化、画質の向上、インターネット接続の高速化、利用可能なコンテンツとコンテンツの種類の増加に伴い、コンテンツ (およびコンテンツの好み) に劇的な変化がありました。この傾向が続くと予想できます。

2. ビジュアルがつながりを作る

適切なビジュアルは、強いつながりを生み出します。

多くの人が速いペースで生活している今、人々の注意を引きつけ、それを維持することはかつてないほど難しくなっています。私たちが作るコンテンツを人々が実際に吸収(見る、読む、聞くなど)するためには、あらゆる手助けが必要です。

ビジュアルは、そのようなつながりを作るのに役立ちます。
マーケティングを成功に導く、クリエイティブで刺激的なビジュアルは、感情やメッセージに基づくつながりを、より強固なものにしてくれます。

このようにして、ブランドは、どこにいても認知される「有名人」になるのです。
そのため、企業が所有するすべてのデジタル資産には、公開前にブランディングが施されるべきです。

そうすれば、ウェブ上で再共有されたときに、適切なブランドがその功績を認められ、視聴者とのつながりを築くことができます。

3. ビジュアルはオーガニック・ビジビリティを向上させる


Google検索が進化するにつれて、人々の検索や交流の仕方も変化しています。

検索の最前線には、より多くの検索対象が存在するようになりました。
ユーザーは、検索する対象や意図の段階に応じて、検索を有利に活用するさまざまな方法を知っているのです。

マーケターは、それら(およびその他の区別できる要素)と、あなたのメッセージングがどのように表示されるかという点で、最適な方法を検討する必要があります。
あなたのウェブページ、ソーシャルメディア、検索において、どのように表示されるのが最適なのか?
スニペットに魅力的なビジュアルがあると、パフォーマンスが向上します。
画像を含むコンテンツのCTRが高くなるのはそのためです。

Googleはまた、そのプラットフォームの動作や表示方法を継続的に変化させており、それに伴い、人間がGoogleとどのように接するかも変化しています。
検索結果がよりパーソナライズされ、ダイナミックになったことで、ユーザーとのインタラクションも変化しています。検索結果がよりパーソナライズされ、ダイナミックになったことで、ユーザーのインタラクションも変化し、ビジュアルの面積も増えました。

Google Discoverは、Googleの自動システムが、特定のユーザーにとって興味深く魅力的であると判断したオンラインコンテンツを、Googleユーザーに配信するキュレーション・ニュースフィードであり、その中に含まれています。

Discoverに表示されるためのベストプラクティスの多くはまだ議論の余地がありますが、コンテンツに高品質の画像を使用することは、Discoverに表示され、クリックスルーを獲得するためにGoogleが何度か指摘していることです。

モバイル端末からの検索が増加していることに加え、音声検索も増加し続けています。

このような検索は、特に検索結果がデバイスによって異なることを考慮すると、ブランドのリッチメディアが表示されるチャンスが増えることになります。

また、ソーシャルメディアのシェアやEメールなどを通じて、特定のコンテンツを目にする機会も多く、バックリンクに起因する参照訪問も含まれます。

4. ビジュアルは短時間の注意を捉えるのに役立つ

明らかですが、おそらくこのリストで最も重要なものです。

人間は、ビジュアルを求めているだけではなく、ビジュアルを情報源として必須な要素であると捉えています。

平均的な人は、数秒で気が散ってしまう(あるいは飽きてしまう)ものです。そのため、誰かの注意を引くための時間はあまりありません。
動画、インフォグラフィックス、関連性のある高品質な写真は、ノイズを打ち破り、注意力の低い人たちに届くのに役立ちます。

視聴者の注意を素早く引きつけるようにしましょう!
しかし、それだけにとどまらないでください。

オーディエンスにとって貴重で有益なコンテンツを確実に公開し、共有しましょう。そうでなければ、視聴者を失うことになります。

5.ビジュアルはより記憶に残る

ビジュアルは一目で目立つだけでなく、記憶に残りやすいものです。

十分に調査された有益なコンテンツにビジュアルを加えることで、そのコンテンツは長期にわたってオーディエンスの共感を得る可能性が高くなります。

どのようなコンテンツでも、たとえ見出しであっても、関連性があり記憶に残る補足的なリッチメディアによって、そのメッセージをより強く伝えることができます。

プレゼンテーションにビジュアルを追加すると、数日後にそれを思い出す能力が65%、数時間以内にそれを思い出す能力が80%向上します。

小学生の頃、新しいトピックを学ぶためにフラッシュカードやその他のビジュアルを使用したことを覚えていますか?それは、私たちの多くが視覚学習者であり、視覚教材を使うことで、より良く、より速く、より簡単に情報を理解し、保持できるからです。

これと同じことです。

ほとんどの人間は、文字だけで理解するよりも、視覚的な情報の方がはるかに優れていて、明確で、長く保持することができます。
そして、そのような視覚的なつながりは、長い間、時には生涯にわたって残ることが多いのです。

6. ビジュアルは見込み客の獲得に役立つ

ビジュアルコンテンツは、エンゲージメントを高めることができ、エンゲージメントが高まれば、リードが増えることも少なくありません。

このコンセプトと、明確で一貫性のあるブランドトーンを合わせることで、コンテンツ戦略の最も重要な要素の1つが整うことになります。

しかし、この戦略のすべての側面が、本当の意味で質の高いリードを生み出すために意味を持つ必要があります。そのためには、高品質で関連性の高いリッチメディアを使用して、メッセージをサポートし、オーディエンスとのつながりを深める必要があります。
ビジュアルをツールとして活用し、よくある質問やユニークなアイデアを効率的に説明しましょう。

コンテンツマーケティングにおけるビジュアルアセットが年々増加し続けているのには理由があります。
新しい製品やサービスについて知るとき、人々はテキストを読むよりもビデオを見ることを好むという証拠がたくさんあります。

関連性の高いリッチメディアを適切なコンテンツと組み合わせることで、驚くほどの効果が期待できるのです。そして、コンテンツマーケティングによってリードを獲得することは、常に目標であるべきなのです。
コンテンツに関連するビジュアルを含めるだけでなく、デジタルの品質という側面があります。これも非常に重要です。

商品画像のクオリティは、ユーザーが商品を見る(選ぶ)際に非常に重要であり、ユーザーの意思決定に影響を与えるものです。

多くの人は、商品タイトルなどの文字を認識し、読み取る前に、ページ画像を見ることになります。
この第一印象のビジュアルによって、ユーザーはオン・オフを切り替え、滞在、移動、購入、コンバージョンを決定することになります。

7. コンテンツはさまざまな種類のリッチメディアに転用できる

マーケターが直面する課題のひとつは、編集、撮影、色調補正などの作業コストをあまりかけずに、コンテンツを常に新鮮な状態に保ち、しかも視聴者を飽きさせないことです。

そこで登場するのが、コンテンツの再利用です。

特定のプラットフォームやデバイス、特定のオーディエンス向けに最適化されたデータを再利用する方法はさまざまで、意図の段階ごとにさまざまなコンテンツ形式があり、バイヤーファネルのすべての異なる段階にいる顧客にアプローチすることが可能です。

調査結果をブログ記事にし、それを円グラフにし、さらにインフォグラフィック、アニメーションビデオ、ミームにして、ポッドキャストで話すことを恐れてはいけません。

コンテンツとオーディエンスの両方にとって最も意味のある方法でコンテンツを再利用することで、コンテンツを最大限に活用することができます。

結論

大げさに聞こえるかもしれませんが、ビジュアルはコンテンツの価値に大きな違いをもたらすことは事実です。

ビジュアルは、人々がコンテンツをどのように消化し、どのように理解し、どのように保持し、さらにはコンテンツに関与するかに影響を及ぼします。

また、ビジュアルは、そのコンテンツがオーガニック検索でどのように表示されるか、そして人々がどのように反応するかにも影響します。

画像やその他のビジュアルを使用してメッセージ性を高めることで、人々(および検索エンジン)がコンテンツをより迅速かつ効率的に理解できるよう、この利点を活用しましょう。

リッチメディアを活用することで、より効果的なコンテンツ制作が可能になります。リッチメディアを活用することで、コストを削減し、ブランドの支持を高めましょう。

記事中でも再三語られているように、人間の視覚に直接アプローチすることは、非常に有効な手段です。近年では、簡単に視覚に訴える様々なコンテンツが用意しやすくなりました。これを機に、読者に迅速な理解を促し、読者の印象に残るような画像や動画について今一度考えてみてはいかがでしょうか。

この記事は、Search Engine Journalに掲載された「7 Reasons Why Content Needs Amazing Images, Videos & Visuals」を翻訳した内容です。

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション