世界最先端のクラウド国家 – エストニアの驚くべきデジタル戦略

あのskypeを産み出した東欧の小国エストニアが、世界でも屈指のデジタル国家という話は何となく耳にしたことはありますが、その実態を知る人は少ないでしょう。今回は世界でも屈指のIT系投資会社として名をはせるアンドリーセン・ホロウッィツの創業者ブログからデジタル国家エストニアについて学べる記事を。 — SEO Japan

続きを読む

イノベーションを潰す企業文化

私が関わっているスタートアップデータアーティストにて、新卒採用を今年から始めたのですが、予想以上にベンチャー志向の優秀な学生が多くて驚いています。10年前の日本でこんなことは考えられなかったと思いますが、日本の明るい未来を夢見る若者世代にもチャレンジングな起業文化が育ちつつあるのでしょうか?!こうした若者の多くがベンチャーに期待しているでもあろう、新しい製品、ひいては産業を世の中に産み出していくイノベーションの可能性。大企業は優秀な人材が多い割にイノベーションはいつもベンチャーから生まれるといわれることが多いですが、その真偽はともかくとして、その背景にある原因や理由を考えてみることが、あなたの会社にイノベーション文化を育むきっかけになるかもしれません。全米トップクラスのVCアンドリーセン・ホロウィッツの創業者が語るイノベーションを産む企業文化、イノベーションを潰す企業文化の差とは。 — SEO Japan

続きを読む

米国最強投資家からのシンプルすぎるアドバイス「会社の運命を自分で決めたいなら、利益を出せ」

日本でもスタートアップに数千万はもちろんのこと、数億円単位の投資が普通に行われる時代になってきた最近。そんな環境の変化が喜ばしくもあり、若手のスタートアップ経営者が羨ましくもある40代に入った中堅経営者でもある私です。今回は米国でもトップクラスの投資会社アンドリーセン・ホロウィッツの創業者が語る、起業家へのアドバイスについて。「利益を出せ」とは、利益どころか売上もさほどない会社が何十億、何百億、時には1000億で売却されるような今の時代に即していない言葉と思われる人も多いかもしれません。そもそも彼の投資会社自体、全く売上のないInstagramに2500万投資して、Facebookへの売却で78億円儲けたそうですし。。思わず「お前が言うな」といいたくなりますが、あえてその彼が改めて問う言葉だけに何かのヒントが隠されているはず?真相はいかに。 — SEO Japan

続きを読む

創業者が失敗する最大の理由:プロダクトCEOのパラドックス

創業者が会社を軌道に乗せた後、大きく成長させる上で大きな課題となるのが、創業者が製品開発にいつまでも関わりすぎることによる弊害「プロダクトCEOのパラドックス」。世の中にはスティーブ・ジョブスみたいな製品開発の詳細の詳細までこだわって成功した人もいるわけですが、ジョブス自身がカリスマとなりジョブス=Appleブランドとなった余りに特殊な例でもありますし、現実的にはその拘りが中長期的な成長の足かせになることが多いようです。今回はそんな創業者への製品への拘りにまつわる興味深い話を全米No.1クラスのVCが語ります。 — SEO Japan

続きを読む

セカンド・スタートアップ・シンドローム

新たな年を迎えて今年はこれまでにない新しいウェブマーケティングの取り組みを考えている人も多いことでしょう。中には新規事業や起業まで考えている人もいるかもしれません?何をするにしても、これまでに培った知識や経験を土台に取り組んでいくことになるとは思いますが、過去にとらわれ過ぎてしまう危険性もまたある、ということで、ちょっと気になったこの短い記事を。 — SEO Japan

続きを読む

スタートアップが大企業との契約を勝ち取る方法、またはコンシューマライゼーションの現実

「コンシューマライゼーション」という言葉をご存じでしょうか?偉そうな出だしですが、私も実は知りませんでした 汗 色々解釈はあるようですが、IT分野に限ると、新しいITサービスや製品が、最初に一般消費者に受け入れられ、その結果、企業や政府に採用されていく現象を指すようです。SNSやブログはその代表例ともいえ、まさにネット時代を象徴するムーブメントの一つですが、その勢いに乗ってスタートアップが大手企業にネットで流行っている製品サービスをばしばし売り込んでいけるかと思いきや、、、米国トップレベルのIT投資家が法人営業の最先端?を語ります。 — SEO Japan

続きを読む

良いプロダクトマネージャー、悪いプロダクトマネージャー

米国を代表するトップVCの一人ベン・ホロウィッツがその昔務めていたNetscape(懐かしい!)のプロダクト管理部長時代に書いたスタートアップがスタッフ教育に投資すべき理由で紹介されていた「良いプロダクトマネージャー、悪いプロダクトマネージャー」というドキュメントの日本語訳です。書かれたのは15年前ながら、今でも十分参考になり心にも響く文章、一読の価値ありです。– SEO Japan

続きを読む

スタートアップがスタッフ教育に投資すべき4つの理由と教育プログラム導入法

スタートアップの課題といえば会社の成長に伴ってスタッフ自身も成長させていくこと。もちろん勝手に皆が成長してくれることにこしたことはないのですが、中々そうはならないのが現実。とはいえ、充実したスタッフ教育を行うまでには至っておらず状況に悩んでいる、、、そんなスタートアップ起業家や管理職に送るスタッフ教育の重要性とその方法について。筆者は米国を代表するトップVCかつ自身も連続起業家であるベン・ホロウィッツだけにその内容に注目。– SEO Japan

続きを読む

エンジェル投資家とVC(ベンチャーキャピタル)の違い

10年前のネット黎明期に比べてもスタートアップ立上げが才能とやる気に溢れる若者の1つの選択肢として一般化(少なくともネット業界では)してきたのは喜ばしいことですよね。スタートアップを始める、もしくは軌道に乗り出した際に大きな悩みとなるのが資金調達。最近では様々な企業によるスタートアップ支援プログラムなるものも増えてきましたし、さらには一度成功を収めた先駆者や若者を応援することが好き&余裕がある年配者によるエンジェル投資も行われているようですが、ベンチャー投資文化自体が短い日本ではその内容も実績も玉石混合なのが実態。今回は米国トップクラスのVC創設者が、エンジェル投資家とVCの違いについて彼の考えを解説した記事を。米国のベンチャー投資の歴史にまで踏み込んだこの記事、投資先募集中のスタートアップから投資側で成功したい起業家まで参考になる点は多そうです。 — SEO Japan

続きを読む

起業家がMBAに行く価値はあるか?

起業家が大学に行くべきか?という議論は日本でもたまにありますが、MBA経由でスタートアップ、テック企業で働く人も多いアメリカでは時に「起業家はMBAに行くべきか?」という議論が起こります。今回はその問いに対する米国屈指の投資会社アンドリーセン・ホロウィッツの創業者の簡潔な答えを。 — SEO Japan

続きを読む

負け犬のつく嘘

絶対的な自信を持って始めたスタートアップや新規事業が軌道に乗らなかった時、多くの人が陥りがちなのがその理由を事業や運営組織以外に求めること。人間の防御心理として自然にそうなってしまうことはわからなくはないですが、企業にとっては最終的な崩壊につながりかねない悪者の行為ともいえます。第三者の話として聞いている分には否定できても自らにそれが起こると意外と回避できない「自身への嘘」。そんな悲しくも避けて乗り越えるべき課題をアンドリーセン・ホロウィッツの創業者が考えます。 — SEO Japan

続きを読む

シリコンバレー伝説の投資家ロン・コンウェイの秘密

最近定期的にアンドリーセン・ホロウィッツの記事を紹介しているSEO Japan、アンドリーセン・ホロウィッツが最近米国No.1といわれる投資実績を誇るVCであることは繰り返し書いていますが、個人レベルで考えた場合、シリコンバレーで最も有名なエンジェル投資家といわれる一人がロン・コンウェイです。様々な伝説と噂に満ちた彼ですが、実はアンドリーセン・ホロウィッツにも投資をしているということで、今回アンドリーセン・ホロウィッツの創業者自らがロン・コンウェイについて語ってくれた記事を紹介します。シリコンバレーで最も成功しているエンジェル投資家の考え方・行動規範という意味で日本の方にも参考になる点が多いのでは。 — SEO Japan

続きを読む

私が思う4つの「こんなVCは嫌だ」

IT分野の投資で米国No.1の実績を誇ると評価される(そろそろこの肩書き略してもよいでしょうか)VCアンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者が自ら語る「嫌いなVC」について。トップVCが語ることが正しいというわけではありませんが、1つの意見としてVCにも起業家にも気になる内容です。 — SEO Japan

続きを読む