SMX London 2014-セッションダイジェスト2日目

SMX London 2014の2日目のダイジェストです。初日同様、SEOのセッションをメインに参加しています。
今回の記事は2日目のダイジェストとなっておりますが、各セッションの詳細レポートは後日アップさせていただきます。– SEO Japan

SMXLondon2日目の画像

新時代のリンクビルディングの取り組み方
(原題:How To Survive The Death Of Link Building)

概要
旧来のリンクビルディングはすでに通用せず、リンクビルディングのコストは増加し続けている。効果的なリンクビルディングの手法が求められているが、どのようにして行うべきか。

・リンクの構築から獲得へ。
・ターゲットの分析が、コンテンツ作成の前に必要なこと。
・インフルエンサーへのアプローチの仕方。

上級SEOのためのマークアップ:マイクロデータ・スキーマとリッチスニペットについて
(原題:From Microdata & Schema To Rich Snippets: Markup For The Advanced SEO)

概要
構造化データの基本的な説明から、実際に導入したサイトの事例を紹介。順位への影響が見られたという事例の紹介もあったが、あくまでスピーカー独自の見解のため、直接的な原因とは考えられないと思う。

・スキーマをマークアップするべき理由。
・ケーキレシピサイトへの導入事例。
・マークアップは可能だが、忘れられがちな分野

一歩進んだSEOの技術的なお話し
(原題:Technically Speaking: Advanced Technical SEO Issues)

概要
SEOに有効だという目的でページを作成する手法はやめにしよう。ユーザビリティを最大の目的とする上でのサイト構築の仕方が求められている。

・大量のページ作成が有効だったのは過去の話し。
・不要なページを削除するサイト全体の最適化。
・AJAXを使用した、セールスサイトの改善実例

Google+のABC:オーサーシップからパーソナル検索結果まで
(原題:Winning Google Through Google+, From Authorship To Personalized Results)

概要
Google独自のSNSであるGoogle+。活用方法と活用した場合のアドバンテージなど、具体例を用いて紹介するセッション。

・Google+のセットアップ
・Google+の活用法
・ホテル事業のGoogle+を活用した実例

2日間(実際にはプレセッションにも参加したので3日間ですが)という短い期間でしたが、両日とも興味のあるセッションが多く、充実したイベントでした。
ヨーロッパには多くの国があり、各国にGoogleが存在しています。中でも、イギリスのGoogleが最先端ということで、様々な国の人が参加していました。セッションの合間やパーティなどで出来る限り多くの方と話しましたが、お互いの国の状況を伝え合い、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。こうしたセッション外での情報交換も含め、あまり馴染みのないヨーロッパの現状の理解を深めることができたと思います。– SEO Japan