LinkedInを賢くビジネスに利用するための16の秘訣

米国市場でのIPO、日本の子会社設立とLinkedInが少し前に話題を集めましたが、さて本格的な日本デビューはいつになるのでしょうか。今回はそんなLinkedInを先駆けて活用したいというあなたのために、LinkedInをビジネスに活用するための方法を16、コピーブロガーから紹介します。 — SEO Japan

最近のIPOデビューによって、LinkedInは今週話題のニュースになっている。

金融新聞はその株価の素早い上昇が欲しくてたまらないのだ。LinkedInについてあなたが知っておくべきことはまだまだたくさんある。

多くの人はLinkedInをよく出来た仕事検索の場として考えているが、このソーシャルメディアサイトは実に素晴らしい企業間マーケティングツールなのだ。

そうであるならば、あなたは自分が何をしているか知っている。

ほんの少しの時間と努力があれば、以下に続くガイドが、LinkedInを手掛かりを生み出すエンジンへと変える手助けをし、LinkedInを使ってより多くのビジネスを生み出すことに有利な立場を与えるだろう。

まずはプロフィールから

LinkedIn上のプロフィールは、このサイトの唯一最大の要素だ。それは、あなたの“強化された”名刺なのだ。それを見た人にとって、あなたが自分の関心事に関連するかしないかを判断するための手っ取り早い手段となる。

LinkedInは、あなたのプロフィールを目立たせるための豊富な機能を提供している。これから紹介する秘訣を参考に、途中で読者を失うことなく自分のメッセージを伝えるプロフィールを作成しよう。

1. 写真に小細工をしないこと
顔が見えなければあなただと分かる人は誰もいない。一番いい写真は、暗い色の背景にフレームいっぱいに写った顔写真だ。LinkedInの画像アップロードツールには、これを簡単にできるクロッピング機能が付いている。

2. 見出しが重要(いつものように)
名前の下に表示される「Professional Headline(職業の見出し)」は、サイト内のあなたに関する参照情報全てに含まれる。必ずそこに自分の肩書きと会社名を入れること。ここでも小細工をしようとしないことだ。

3. あなたは自分の仕事以上のものを持っている
人々がプロフィールで犯す最大の過ちは、仕事に関係のない経験を抜かすことだ。もしあなたが、地元のネットワーキンググループやその他所属しているものがあれば、それも追加するのだ。

あなたが追加する経験が多ければ多いほど、LinkedInがそのネットワーク内であなたと他の人を結びつけ易くなる。

4. 重要なコネクションを築く
数カ月ごとにLinkedIn内の自分のコンタクトをアップデートするように計画を立てる。

一般的に考えて、あなたはこの人物からの電話を受けたり電話をすることに抵抗がないだろうか?もし快く思わないのなら、そういう人達をコンタクトに追加しないことだ。

私がコンタクトを追加する方法として気に入っているのは、People You May Already Know というツールを使うことだ。もちろん、自分の仕事経験と仕事以外の経験をプロフィールに追加するという作業を終えていなければならない。

コンタクトの追加に忙しくても、不要なものを削ることも忘れないこと。“電話をしてもいいか”という基準を使うことによって、振り落とせる名前をいくつか見つけるかもしれない。コンタクトリストは常に意味のあるものにしておこう。

5. リコメンデーションの活用
あなたの評判を高める簡単な方法は、できるだけ多くのリコメンデーションを獲得することだ。たくさんのリコメンデーションは、あなたが頼りにできる専門家であるというソーシャルプルーフになる。

リコメンデーションを獲得する一番の方法は、それをもらえるように依頼することだ。Request Recommendations というツールは簡単に使えるが、自分のオーディエンスに合わせて初期設定のメッセージを編集するのには時間がかかる。

自分が良く知っている人物に依頼する場合は、“あなたの助けが必要です”というシンプルな件名もいいだろう。

(ここでは“You are not alone”はお勧めしない…同業者を少し怖がらせることになるかもしれないからだ。)

あまり良く知らない相手に依頼する場合は、彼らの記憶を呼び起こすために参考情報を入れること。

メッセージ自体に関して言うと、短く簡潔にすること。あなたがどれだけ彼らの意見を重要視しているか知らせることからメッセージを始めると良い。虚栄心が最高の動機付けになることが多いのだ。

そして、もしあなたのリコメンデーションの依頼がうまくいかなかったら?自分が知っている人のリコメンデーションを書き始めるのだ。多くの人がそのお返しをしてくれることにあなたは大喜びで驚くことになるだろう。

6. 概要を無駄にしない
概要エリアを、あなたの“チーム指向、結果を重視した目標設定”の素質に関する上っ面だけの言い回しで無駄にしないこと。

そうではなくて、概要を、簡単な疑問―あなたはなぜ今の仕事をしているのか?―に答える場所として使うのだ。あなたが誰であるか、あなたがこれまでにやってきた全てのことのバックストーリーとして概要を考えるのだ。

7. 詳細部分を具体化する
LinkedInの新しい機能が、Add Sections ツールだ。他のオンラインソースからあなたの能力に関する詳細を追加してプロフィールを変更する方法である。

私のお気に入りの機能は、SlideShare.net、Twitter、WordPressからコンテンツを追加する機能だ。

LinkedInビューア―に、あなたの多方面にわたるデジタルでの存在感を示すのだ。

8. 展開をコントロールする
ワンクリックしてマウスを動かすだけで、人々があなたの公開プロフィールページを訪問している時に目にする物語を実質的にコントロールすることができる。

プロフィールページ上の全てのセクションの表題の横には方向を示す矢印のアイコンがあり、順番を変えたりプロフィールのあるセクションを強調したりすることができる。

最もエキサイティングなコンテンツをページの最初に持って来よう。例えば、あなたが優れたリコメンデーションを持っているのなら、それをトップに持ってきて、ビューア―が最初にあなたのポジティブな詳細を見られるようにするのだ。

9. SEOの恩恵を忘れない
プロフィールページをパブリックにするなら、GoogleやBingのような検索エンジンがそれをインデックスすることになる。

“I”や“me”ではなく自分のフルネームを使うことによって、概要を最適化することに時間を取るのだ。強調したいウェブサイトのリンクを入れるのもいいかもしれない。

さらに、あなたのウェブサイトの略歴ページからLinkedInのプロフィールページへのリンクを作ることによって、プロフィールページにリンクの活性剤を与えるのだ。

さあこれであなたはLinkedInでビジネスを宣伝する準備が整った

中身の詰まったLinkedInのプロフィールを持つことは大変重要な要素であるが、それは単に出発点にすぎない。LinkedInは、あなたのビジネスへの関心とトラフィックを増加させるためのツールをたくさん用意している。それを利用するのだ。

10. Eメールの署名欄をアップデートする
あなたは、自分のLinkedInプロフィールの認知を広め始めたい。多くのプロフェッショナルが主なデジタルコミュニケーションの手段としてメールに頼っているため、あなたの普段のメールの署名が他の人との繋がる出発点として素晴らしいものになることが多い。

Eメール署名ツールは、署名欄を入力し形作るための様々なオプションを提供している。オプションから“Professional Profile(プロフェッショナル・プロフィール)”リンクと“See who we know in common(共通の知人を見る)”リンクを選ぶのを忘れないこと。

11. その他のツールキットを研究する
LinkedInデベロッパーサイトには、あなたのサイトを強化するための簡単に利用できるツールが豊富にそろっている。

例えば、Member Profileプラグインを使えば、あなたのオンライン履歴やAboutページをLinkedInへのリンクバックで強化することができる。

もしあなたがビジネスブログを持っているなら、Share on LinkedInプラグインが、あなたのTweetシェアボタンを完璧に補完する。

LinkedInボタンによるリコメンドを入れるのも忘れずに。この機能が、サイト上で目に見えるLinkedInユーザーのリコメンデーションを介してあなたのビジネスにソーシャルプルーフを付与する。

ちなみに、SEOに精通している人のために言っておくと、LinkedInリコメンデーションが、Facebookの「いいね」やTwitterの共有と同様、検索順位の要素になっていくことはかなり実現可能なことである。

12. 全てのアップデートを掌握する
デフォルトでは、ユーザーがログインするとLinkedInはネットワーク・アップデートのリストを提示する。これは、賢いコンテンツマーケティングの専門家にとっては宝の山である。

LikedInのコネクションのトップページ上に直接表示される絶え間なく続く関連情報を介してオーソリティと認知度を築き始めるのだ。

13. 自分のLinkedInグループを作る
LinkedInには膨大な数のオンライングループがある。多くの人にとって、LinkedInのグループに参加することは、コメントや議論の投稿を介してオーソリティを築く簡単な方法である。

しかし、時間を費やす意思のある経験豊富な専門家にとっては、独自のオンライングループを作って育てることで、大きな利益を生むことができる。―あなたがそれを適切に作ることができれば。

独自のグループを持つことの真の秘訣は、その中に入っている無料の一斉配信メールだ。

Manage のオプションの中に、Send An Announcement.という機能がある。7日に一度という制限はあるものの、LinkedInは、自分のグループメンバーにメールを一斉配信するための簡単で無料のツールを提供している。

14. メールについて・・・
あなたは、自分のコンタクトにEメールのニュースレターを送ることができるということを知っていただろうか?

あなたの受信箱の中にあるCompose Messageという機能は、自分のLinkedInコンタクトを地域ごともしくは業界ごとに調整して最大50人まで同時にメールを送ることができる独特の方法を持っている。

もし興味深い話やアイディアを会計業界のコンタクトと共有したいなら、単純に指定してクリックするだけでいいのだ。

当たり前だが、この機能を自分のコンタクトにスパムを送って困らせるのに使ってはいけない(それをすれば、あなたが望むのとは全く逆の方向に進むことになる)。配信するメッセージは情報が豊富で関連性の高いものにすることだ。

15. 企業ページを利用する
最近、LinkedInは企業ページを導入した。自分のビジネスに関する詳細情報を追加提供するのに手っ取り早い方法である。

製品&サービスページをアップデートする時には、あなたのLinkedIn企業ページを訪問し推薦する人々にとって魅力的な特別オファーを含めることを検討しよう。

そしてもちろんのこと、LinkedInメール、グループディスカッション、グループアナウンスメント、ステイタスの更新によって企業ページを宣伝することを忘れてはならない。

16. 大量のデータの中から掘り起こす
LinkedIn内で行われる活動はあまりにも多いため、容易に圧倒されてしまう。そこでRSSの登場だ。

アカウント設定ページに、Account.というタブがある。Account機能の中に、LinkedInのコンテンツをRSSフィードに加えるオプションがある。この機能が有効になっていることを確認し、好きなRSSリーダーにこのリンクを追加して、自分のコネクションからの更新情報を毎日受け取るのだ。

簡単にそれを見ることができる場所を手にしたら、ニュースリーダーに備わっている検索機能を活用してデータの流れを採掘する。もう1つの方法として、あなたが使っているニュースリーダーには、指定した用語を含むコンテンツにフラグを立てる機能があるかもしれない。

ちょっとした努力によって、あなたのRSSリーダーが日々のビジネスチャンスのソースになり得るのだ。

LinkedInの価値はあなたにある

LinkedInは、企業間のマーケティングをより効果的にする強力なおもちゃをあなたにたくさん与えてくれる。このガイドは、あなたにできるたくさんのことのほんの一部を紹介したにすぎない。

ツールがそこにあり、顧客がそこにいる・・・足りないものはあなただけだ。世界がLinkedInの株価を恐れて動かないままでいる中、あなたは自分のビジネスへの投資に対する利得を作り始めよう。

作者について: Sean JacksonはCopyblogger Mediaの共同経営者でありCFOである。彼がどのようにLikedInを利用しているかここからチェックしよう。


この記事は、CopyBloggerに掲載された「16 Smarter Ways to Use LinkedIn to
Build Your Business
」を翻訳した内容です。

かなり具体的で参考になる記事でしたね。日本本格参入前に英語版でトライしてみると後々役に立つかもしれません。日本でLinkedInがどの位普及するのか取っても気になる所です。 — SEO Japan

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション