私がコンテンツマーケティングを嫌いな3つの理由

先週、コンテンツマーケティングがブームになっている理由という記事を紹介し、今後もコンテンツマーケティング関連記事を多く配信していく宣言までしてしまったSEO Japanですが、世の中には最近急に使われるようになったこのコンテンツマーケティングという言葉に対して批判的な人も多くいるようです。新しいキーワードが登場した際にとりあえず扱き下ろす人がいるのは世の常ですが、様々な意見を聞くのは大事ということで、今回はコンテンツマーケティングという言葉に嫌悪感を持つ筆者の意見記事を。 — SEO Japan

Content Marketing World 2011より、からっぽのステージ

かつてカスタム・パブリッシングと呼ばれていたそれは今、ただうっとうしいだけである

ビジネスを説明するためにある用語を知ったかぶりをして使うことに腹が立つ。たとえそれがあなたのしていることやその業界のしていることを不十分ながらぎりぎり定義しているとしてもだ。それが、私の“コンテンツマーケティング”という用語についての感じ方だ。それは、ソーシャルスペースで顧客と関与するために広告よりもコンテンツを作る必要性を説明するために使われる業界の現在の専門用語である。

コンテンツマーケティングは今に始まったことではない。ソーシャルメディアの爆発以前、それは当時、そして今でも、カスタム・パブリッシングと呼ばれている。私たちの大部分は、長年、Triptikや地図やAAAからのツアーブックを手に入れるたびにそれを経験した。もしくは、証券会社が401Kを投資する方法についてのアドバイスを提供する小冊子をあなたに送ってきたかもしれない。

カスタム・パブリッシングを説明するために使われるもう一つの新しい用語がブランドジャーナリズムであり、それは、私が自分の会社Spark Media Solutionsがしていることを説明する際に好むやり方だ。簡単に言うと、企業が私たちをジャーナリストとして雇うのだ。私たちがメディアを作る方法は、従来メディアのためにメディアを制作する時と何ら違いはない。

私たちは、カスタマパブリッシャーでありブランドジャーナリストなのだ。

‘コンテンツマーケティング’という用語の嫌なところ

私は以下の理由でコンテンツマーケティングという用語が嫌いだ:

  • 油断ならない。“これがあなたのためのコンテンツです。あなたは価値を見出すでしょう。でも、あなたが見ていない時、私たちはあなたに何かを売るつもりです。”と、言う。
  • “マーケティング”は存在しない。情報を伝えたり教育をするためにコンテンツを作る時、あなたはセールスプロセスの中で1つのステップを実現する可能性のある回答を出しているし、自分のブランドの信用を強化しているかもしれないが、それは全てのコンテンツに当てはまる。特定の著者が書いた本を読んでそれを気に入れば、あなたはその著者の次の本も購入して読まざるを得なくなるだろう。新聞の各記事は一定の品質であること。そうでなければ、あなたはその新聞を読んだり買ったりすることを止めてしまうだろう。
  • “コンテンツマーケティング”という名前は、コンテンツ内のセールスピッチを前提とする。もしコンテンツ内にセールスピッチがあるのなら、それは“広告”と呼ばれることになる。

私は“コンテンツマーケティング”という用語が嫌いだが、自分のビジネスサイトやブログではそれをしぶしぶ使っている。そうするしかないのだ。人々に私たちがしていることを理解してもらいたければ、そしてこのトピックに関して検索で目立ちたければ、私は他のみんながこの業界を理解するために使用している用語を使わなければならない。

私は神経質すぎるのだろうか?あなたは、“コンテンツマーケティング”が、独自のメディアネットワークに築くビジネスをきちんと説明していないという私の意見に賛成だろうか反対だろうか?

クリエイティブ・コモンズの写真のクレジット:ShashiBellamkonda


この記事は、socialmedia.bizに掲載された「Why I hate the term ‘content marketing’」を翻訳した内容です。

筆者がその言葉が嫌いな理由もそれはそれで納得できるものでしたし、実は私自身もコンテンツマーケティングという言葉自体は余り好きな表現ではありません。「コンテンツを活用したマーケティング」はSEOにもソーシャルにも最重要と思っていますが、「コンテンツマーケティング」とワンフレーズでいってしまうことで本質が見失われる危うさを感じなくはないですし、流行だからと知った顔して「これからはコンテンツマーケティングだ!」と堂々と言い切っている人は余り信用できなかったりします。後者の人が自身にはコンテンツ活用の実績がなかったりした日には目も当てられません。

これまで散々コンテンツマーケティング関連の記事を配信しておいて今更いうな!、という話ですが、もちろん大事なのはその中身であってそこに価値も必要性も感じていますし、分かりやすい言葉に落とし込むことで認知や普及が進むことは結果的に良いことと思っているので、SEO Japanでもコンテンツマーケティングという言葉を気恥ずかしい気持ちを隠して使っています。

ちなみに、こういうことをいうとまた怒られそうですが、最近日本で行われているコンテンツマーケティングの定義や範囲、インバウントマーケティングとの違い等の議論も個人的にはどうでもいいと思っています。現場重視・結果主義な性格もありますが、コンテンツをウェブマーケティングに活用してビジネスに貢献できるかどうかだけが大事であり、普段のビジネスの中でも、SEO Japanで記事を紹介する上でも常にそこ(だけ)を意識しています。とはいえ、思い切り釣りな記事タイトルを臆面もなく毎度付けてしまったりしているわけですが、その辺は集客の1手法ということで、大人な目線で見ていただければ・・・。

一人一人色々な意見があると思いますが、コンテンツマーケティング、皆さんはどう考え、どう活用していきますか? — SEO Japan [G+]


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション