Googleのジョン・ミュラー氏が、SEOコンサルタントを雇用するうえでのアドバイスを募集中

大企業やWebを事業の主軸に置いている企業であれば、インハウスのSEOチームを保有していることでしょう。しかし、特に中小企業などにおいては、インハウスのSEOチームがないため、外部のコンサルタントを雇うケースが多くなるはずです。しかし、SEOの複雑さから「良質な」コンサルタントを雇うことは難しいかもしれません。今回は、このトピックに関して、ジョン・ミュラー氏の発言から派生したディスカッションをまとめた、Search Engine Journalの記事を紹介します。

Googleのジョン・ミュラー氏がSEOのコンサルタントを雇用するうえでのアドバイスを求めている。実績、順応性、倫理観が重要と言えるだろう。

まとめ

  • SEOのコンサルタントを雇う場合、その地域のマーケットと必要なツールに精通した、実績のある代理店を優先しよう
  • 低予算で最低限の結果を出すサービスよりも、順応性があり、あなたの事業特有のニーズに対応した戦略を提供できるコンサルタントを採用しよう
  • 透明性、実績、倫理観を重視したSEOコンサルタントを採用しよう

Googleのサーチ・アドボケートであるジョン・ミュラー氏が、SEOコンサルタントを雇う上で考慮すべき点について、Twitterでアドバイスを求めた。

彼は動物園を経営している人物に代わり、その動物園のWebでの露出を高めるため、ローカルSEOのコンサルタントが必要であるとのことだ。

「コンサルタント・企業、その他、考慮すべき点を教えてほしい」とミュラー氏はツイートしている。また、「真面目な人と、真面目でない人を見分けるためにはどうすればよいか?」という質問も投げかけている。

この記事では、ミュラー氏の質問から派生した、一連のディスカッションを取り上げる。SEOの専門家を雇う上で考慮すべき点が見えてくるだろう。

SEOコンサルタントを雇う費用

ミュラー氏の質問に対する返信の中には、SEOのコンサルタントを雇うための費用について強調している発言が見られた。

クリス・ロードラック氏は、月額1,000ドル以下の低予算のローカルSEOのサービスは、最低限のサービスしか提供しない「分解屋」である、と述べている。

ロードラック氏は、こうしたサービスは一般的な方式をなぞるだけであり、予算を拡充しない限り、事業が望むレベルのサービスは期待できない、と主張している。

ロードラック氏の主張は下記の通りである。

残念ながら、SEOのサービスは、予算によって大きく左右される。低予算のローカルSEOのサービス(月額1,000ドル以下)の殆どは、実際には多くの作業はしておらず、低賃金のスタッフによって実行される一般的な方式を採用しているだけの分解屋である。悲しいことに、この金額は、弁護士や歯医者などの価値の高いサービスを提供している企業以外の、多くの中小企業の予算なのである。

ロードラック氏の発言に対し、「これは、紛れもない事実だ」という返信も見られた。

経験豊富なSEOの代理店を探す

イサリン・マルハサー氏は、ジョン・ミュラー氏の質問に対し、ローカルの代理店が助けになる、という返信をしている。

彼女は、事業者と同じ地域でサービスを提供している代理店と組むことの利点を強調している。

ローカルSEOの経験があり、その地域のマーケットに精通している人を選ぶべきだ。我々の場合、ローカルSEOでは、多言語対応と、検索ボリュームが低いキーワードへの対応を行っている。該当の動物園のオーナーは、一般論を語るコンサルタントではなく、自身の事業を理解してくれるコンサルタントを採用すべきである。

そうすることで、その代理店が必要なツールにも精通していることが確認できるだろう。

SEOGoddessというアカウントからは、下記の返信が来ている。

そのローカルSEOの代理店が、YextやRenderSEOが何であるかを知っているのであれば、彼らが提供すべき内容を信用することができる、最初の一歩となるだろう。そこからは、良い戦略を立案し、それを実行する方法を知っているかどうかが、選択基準となるだろう。

Twitterでのディスカッションから得られたアドバイス

Twitter上では様々な反応が見られた。しかし、下記のような重要なトピックについては、未解明のままである。

  • SEOコンサルタントを評価する際の具体的な基準や注意点
  • 具体的な成功例やケーススタディ(動物園のような事業にとっては、ありがたい情報だ)

この問題を解決するために、動物を扱うローカルビジネスの成功例を見てみよう。

私が見つけた中で最も近しい事例は、イリノイ州のDeer Grove Animal HospitalへのローカルSEOを行った、Step 5 Creativeのものだろう。

この事例は、包括的なSEOには何が必要であり、代理店のサービスに何を期待すべきかを、よく示している。

SEOの成功例から得られたアドバイス

Step 5 Creativeが最初に行ったことは、下記を含む、徹底的なレクチャーだった。

  • メタタイトルとメタディスクリプションの作成
  • URLの監査
  • モバイルフレンドリーなWebサイトの構築
  • 適切なページ設計
  • 内部動線の整理
  • ローカルビジネスの構造化データの実装

上記は、実際のユーザーと検索エンジンのボットに対する、Webサイトの露出を改善することを目的としている。

Step 5 Creativeの戦略は、ディレクトリサービスへの掲載と、Googleビジネスプロフィールの内容を完璧なものにすることも含まれていた。

キーワードの再調査も重要であった。各ターゲットキーワードのCTRと順位を観測し、それに対応した戦略を採用した。

広範囲なキーワード調査も行い、様々なバリエーションの中からより良い結果を出すキーワードも調べ上げた。

この動物病院のWebサイトへのトラフィックと直帰率を確認し、ユーザーがどこから訪問し、Webサイトをどのように利用しているかを理解した。こうした情報をもとに、ユーザー体験とトラフィックの流れを改善することができた。

最後に、長期間における成功を得るために、定期的なアップデートの必要性を説いた。最新のベストプラクティスを提供するSEO担当者と組むことが重要と言える。

SEOコンサルタントを雇う上での基準と注意点

複雑なSEOの世界では、「真面目」なコンサルタントと「真面目でない」コンサルタントを見分けることが重要である。

真面目なコンサルタントは、あなたの事業、業界、特有のニーズを理解することを重視する。

反対に、真面目でないコンサルタントは、一般的なサービスを提供し、あなた独自の要求に応えようとしないだろう。

さらに、SEOのコンサルタントを採用する上での注意点をまとめておこう。

  • 柔軟な戦略:真面目なSEOコンサルタントは、あなたの事業、目標、課題を理解することに時間を費やし、それに応じた戦略を提案するだろう。
    • あなたの要求を理解せずに、画一的な解決策を提案するコンサルタントには注意しよう。
  • 透明性:評価の高いSEOコンサルタントは、手法や戦略を公開し、あなたが理解できる言葉で説明してくれるはずだ。
    • 即時的な結果を約束したり、あなたを混乱させてしまう専門用語を使うコンサルタントには注意しよう。
  • 実績:実績のあるコンサルタントを採用しよう。実績のあるコンサルタントは、事例を提供したり、過去のクライアントからの推薦を得ているはずだ。
    • 実績を証明することをためらうコンサルタントには注意しよう。
  • 継続的な学習:SEOは常に変化している。真面目なコンサルタントは、最新のSEOやアルゴリズムの変化に精通している。
    • 過去の手法に固執するコンサルタントには注意しよう。
  • 倫理観:真面目なコンサルタントは、「ホワイトハット」と呼ばれる、倫理的なSEOを遵守する。
    • キーワードの詰め込みや隠しテキストなど、「ブラックハット」と呼ばれる非倫理的なSEOを推奨するコンサルタントには注意しよう。

最後に

ジョン・ミュラー氏の質問から始まったTwitter上での議論は、SEOの専門家を採用するために重要なアドバイスが散りばめられていた。

低予算のサービスでは最低限の結果しか得られないこともあるため、予算を唯一の判断基準にすべきではない。

その地域のマーケットを理解している、実績のあるSEOのコンサルタントを採用するべきだろう。

あなたの事業特有のニーズに対応した戦略を提供できるコンサルタントを探そう。

その他の検討事項としては、透明性、実績、継続的な学習、倫理観などが挙げられる。

この記事で紹介した内容に沿うことで、デジタル環境におけるあなたの事業の成功へと導いてくれる、優秀なSEOコンサルタントを採用することができるはずだ。

SEOに限らずですが、外部のコンサルタントを採用する際には、色々と検討すべき事項があります。SEOの能力を証明することは非常に難しいことですが、少しでも信頼を得るための情報を提供できればと思います。今回の記事はローカルSEOに焦点をあてた内容でしたが、あまりSEOに詳しくない方にとっては有益な情報だったのではないでしょうか。SEOサービスを提供する側として、これらの事項に留意して仕事に励みたいと思います!

この記事は、Search Engine Joournalに掲載された「Google’s John Mueller Seeks Advice On Hiring SEO Consultants」を翻訳した内容です。


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション