Googleのリアルタイム検索が消えた理由

数日前から突然Googleでリアルタイム検索ができなくなったことに気付いた方も多いでしょう。私自身も普段から良く使っていただけに改めてリアルタイム検索ができない不便さを再確認しているところです(他サイトのリアルタイム検索がいまいちだけに・・・)。多くの人が承知のこのニュースですが、サーチエンジンランドがその内容について詳細なレポートをしていたのでここで紹介したいと思います。 — SEO Japan

昨日、サーチエンジンランドはグーグルのリアルタイム検索奇妙にも消えた点をお伝えした。本日、その理由が判明した。結果を提供するグーグルとツイッターとの契約が満了したためだ。サービスに含まれていたコンテンツの多くも契約の満了と共に反映されなくなった。

グーグルは次のように説明している:

2009年10月から、私達はツイッターと契約を結び、ツイッターのアップデートをソーシャルフィードを介して検索結果に含めてきました。そして、この契約が7月2日を以って満了したのです。

グーグルはこのツイッターの特別なフィードにアクセスすることはできませんが、グーグルのクローラーに公開されているツイッター上の情報は、グーグルで検索可能であり、見つけることが出来ます。

また、グーグルはリアルタイム検索を再びローンチすると強調していた。明確な時期は示さなかったが、実現することは間違いなさそうだ。このリアルタイム検索は、各種のソース経由のコンテンツを含み、グーグル+のマテリアルのみを専門に扱うわけではない。グーグルは次のように述べている:

google.com/realtimeではグーグル+の情報と様々なソースからのリアルタイムのデータを併せて掲載する予定です。

グーグルリアルタイム検索はツイッター以外にも、フェイスブックのファンページのアップデートを含む様々なサービス経由でコンテンツを運んでいた。今年の4月、このサービスがクオラとゴーワラのコンテンツを加えていた際にサーチエンジンランドで取り上げていたが、次のソースがリストアップされていた:

  • ツイッターのツイート
  • グーグルニュースのリンク
  • グーグルブログ検索のリンク
  • 新たに作成されたウェブページ
  • 新しく更新されたウェブページ
  • フレンドフィードのアップデート
  • ジャイクのアップデート
  • Identi.caのアップデート
  • ツイットアーミーのアップデート
  • グーグルバズの投稿
  • マイスペースのアップデート
  • フェイスブックのファンページのアップデート
  • クオラ
  • ゴーワラ
  • プリクシ
  • Me2day
  • ツイットグー

それでも、ツイッターのコンテンツはリアルタイム検索では他者を圧倒していた。この契約が継続されなかった理由は明白である。ツイッターは私に次のように説明してくれた:

2009年の10月以来、ツイッターは、グーグルのリアルタイム検索製品に組み込むため、そして、その他の利用のために公開されているツイートのストリームをグーグルに提供してきました。この契約はたった今満了しました。私達はマイクロソフト、ヤフー!、NTT ドコモ、ヤフー!ジャパン、そして、その他の多くの小規模な開発者に対しては、このタイプのアクセスを継続して提供していきます。そして、グーグルとは多くのその他の面で連携しています。

グーグル自身は次のように話している:

ツイッターとは2年近くに渡り、重要なパートナーとして関係を築いてきました。今後もその他のコラボレーションを試す余地は残されています。

両社のコメントからは、よそよそしさを感じてしまう。

ツイッターはグーグルとすぐに新たに契約を結びような気がする。なぜなら、基本的にはユーザーが数日より前のツイートを見つける手段がないからだ。

ツイッターは、数日間以上が経過しているツイートに関しては、主にツイッターの検索のサービスをグーグルにアウトソースしてきた。これはツイッターが、以下のエントリで詳しく取り上げているトップツイート機能を含む、その他の検索機能に専念するための意図的な決断であった:

グーグルリアルタイム検索が終わったことで、小さな検索エンジンのTopsy(トプシー)は、私の知る限り、ウェブでは唯一のツイッターの主要なアーカイブとなり、なんとも羨ましい境遇である。以下のエントリではこの件を詳しく取り上げている:

Bing ソーシャル検索は実はビングのリアルタイム検索であり、この名前は紛らわしい。ビングもまたツイッターと同様の契約を結んでいる。グーグルとマイクロソフトとの契約は共に同じ日に告知されていた

ビングとの契約は継続されているようだ。ツイッターを含む検索結果が今でもビングでは表示されている。しかし、ビングのサービスはグーグルほど過去には遡ってくれない。

ツイッターは、アーカイブ検索を引き続き提供するためにはグーグルが必要かもしれないが、グーグルもまた別のことでツイッターを必要としている可能性がある。グーグルは、以下のエントリでも詳しく説明しているが、ソーシャルシグナルを結果に反映させるために最近利用していたデータの一部を失ってしまったかもしれないのだ:

グーグルソーシャル検索やグーグルのその他のサービスが今回の契約の終了による影響を受けているかどうかに関してはまだ調査を行っていない。後ほど調べてみる予定だ — 今は独立記念日を楽しませてもらいたい。

アップデート: グーグルから上の問題を解決するコメントが寄せられた:

ツイッターからの特別なフィードにアクセスすることは出来ませんが、クローラーに公開されているツイッター上の情報は今でもグーグルで検索可能であり、見けることが出来ます。

ソーシャル検索等のその他の機能については、今後も継続して反映されますが、特別なフィードを経由したツイッターのデータは掲載されません。

グーグル+がグーグルにとって重要となる理由がよく分かるはずだ。グーグルは、フェイスブック経由のソーシャルシグナルなしでなんとか切り抜けてきており、今後はツイッター経由のシグナルもなくなる。そのため、グーグル+が唯一の砦となるのだ。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「As Deal With Twitter Expires, Google Realtime Search Goes Offline」を翻訳した内容です。

思ったことはすぐ言うアメリカ文化のはずだけに、両者の公式コメントの建て前感が際立っていますね。。。私もリアルタイム検索はほぼ毎日使っていただけにGoogleの検索トラフィックへの影響が気になる所です。そういえばSEO Japanでも愛用しているTopsyがここ数日異常に重くて、ツイート数を表示するブログパーツの掲載位置を変えざるえなかったのですが、上記の記事を読んで「Topsyでツイッター検索をする人が急激に増えたせいかな?」と勝手に納得してしまいました。いずれにしてもGoogleにとってFacebook攻略に加えてTwitter攻略の意味でもGoogle+の重要性が増していることだけは間違いなさそうです。Google+のベータリリースが今回の契約終了の数日前だったのも意図的だったかもしれませんね。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション