ChatGPTへの対抗馬としてGoogleがローンチする”Bard”。その具体的な内容とは?

何かと話題のChatGPT。こうした対話型のAIサービスが、今後ますます進化を遂げることは容易に想像できる。近年、GooogleもAI関連の技術への投資等をアナウンスしてきた。
直近で一番の話題といえば、「Bard」となるだろう。まだまだ実験段階の模様ではあるものの、Google検索との組み合わせも含め、注目しておきたい。

LaMDAを活用した実験的な会話型AIサービスを、今後数週間以内に広く公開することを、Googleは約束した。

GoogleのCEOであるサンダー・ピチャイ氏は一定の「信頼できるテスター」に対し、Bardのソフトローンチを行うことを発表した。また、いくつかの例とともに、この初期の実験がどのようなものであるのかを説明している。

ピチャイ氏は、Googleの決算説明会にてこの件について言及していたため、いずれやってくるであろうことは予想できていた。

AIを搭載した機能はGoogle検索でどのようなものになるのか?

まずは、ChatGPTのような、AIを活用した機能がGoogle検索内ではどのようなものになるのかを見ていこう。おそらく、全員が興味を持っていることであるはずだ。

下記はGoogleが共有したスクリーンショットである。Google検索がAIを活用し、長いクエリに対する、AIが作成した応答を示すものである。

このスクリーンショットを見る限り、Gooogleがすぐにでも、AIが生成した回答をGoogle検索に直接組み込むことができる、という考えを示している。

ピチャイ氏は、下記のように述べている

近い将来、検索内にAIを活用した機能をユーザーは目にすることになるだろう。それは、複雑な情報や視点を抽出し、読みやすいフォーマットで表示されるはずだ。その結果、ユーザーは全体像を即座に把握することができ、さらに多くのことをWebから学ぶことができる。
その対象は、ピアノとギターの両方が演奏できる人のブログから新たな視点を得ることかもしれないし、関連するトピックをより深く学ぶことであったり、初心者が取るべきステップを学ぶことなのかもしれない。

1つ、明確にしておきたいことがある。BardはGoogle検索とは別物である、ということだ。上記のスクリーンショットは、Google検索で”近いうちに”展開されるであろう、AIを活用した機能を強調したものである。

Bardはどのようなものか?

下記はGoogleが共有した別のスクリーンショットである。ChatGPTのような独立したサービスとしてのBardが、質問に対してどのような対応を取るのかを示している。

画像内の質問:ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡による新発見について、9歳の子供にどのようなことを伝えられるだろう?

この例では、NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡による新発見について、9歳の子供に対し、どのようなことを伝えられるかを、Bardは説明している。

もちろん、その回答は1つではない。

GoogleのBardとは何か?

BardはLaMDA(Language Model for Dialogue Applications)を搭載した、実験的な会話型のAIサービスである、とGoogleは説明している。

LaMDAは2年前、2021年のGoogle I/Oのキーノートにて、Googleの次世代の言語・会話機能として発表されている。LaMDAは、ユーザーへの回答を作成するために使用されている。

BardはLaMDAの軽量版を搭載している。軽量版であるがゆえ、「必要とされるコンピューティングパワーは非常に少ない」とのことだ。その結果、より多くのユーザーが使用でき、より多くのフィードバックを得ることができる、とGoogleは述べている。

また、ピチャイ氏も、下記のように述べている。

Bardは、全世界の知識の息吹と我々の大規模な言語モデルのパワー、知性、創造性とを組み合わせることを目的としている。Webからの情報を活用し、新鮮で高品質な応対を提供する。Bardは創造性の出口、好奇心の入り口となる。NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡による新発見について、9歳の子供に何かを教えることを手助けしたり、フットボールの世界で最高のストライカーについて学んだり、自身のスキルを磨くための手がかりを手に入れたりすることができる。

Bardは実験段階

Googleは、Bardが実験的なものであることを強調している。また、「Bardの品質とスピードを学び、改善し続けるために役立つテストの段階」に対し、興奮を覚えているという。

信頼できるテスターとは誰を指すのか?

信頼できるテスターとは、検索品質の評価者のことではないと、Googleは述べている。人口学的にも地理的にも多様な、Googleの外部の人々であるようだ。

こうしたテスターは、Googleの製品をテストし、実際のユーザーがGoogleの製品をどのように体験するかについて、改善したり理解したりする手助けをしている。Googleはこのテストを実現するために、サードパーティのプレイヤーと共同していると述べている。

Bardがより広範囲で公開される以前に、私やあなたがテストをすることができるかどうかは、不明である。

帰属と引用

Bard自体や検索結果に表示される際、その回答における帰属や引用の表示はどのようなものになるのかについて、私はGoogleに質問した。この記事が公開される時点では、Googleはこの件についてのコメントを出していない。

我々が注目すべき理由

検索やAIの企業が、人間のような質問と回答の応答を提供するということは、非常に魅力的である。Bardを活用し、GoogleはChatGPTと同様のアプローチを取っているようだ。しかし、今はまだ初期段階であり、ユーザー体験やインターフェースは急速に進化していくと考えられる。

特に検索において、Googleが帰属と引用をどのように表示するかという件も、非常に興味深い。数年前から、GoogleはAIを活用し、ナレッジパネルを作成している。ナレッジパネルのいくつかは、帰属の情報は表示していない

以前のレポート

今週の初めに、ChatGPTのGoogleバージョンである、Apprentice Bardと名付けられた製品に着手していると報じた。また、チャット機能を統合した新しい検索のデザインをテストしているとも報じた。

質問が入力されると、検索バーの真下に灰色のバブルを表示し、通常の検索結果以上に、人間のような応答を提供する。その直下には、最初の質問に関連するいくつかの質問が表示される。さらにその下に、リンクやヘッドラインを含んだ、通常の検索結果が表示される。

このレポートに対するGoogleの対応は下記である。

我々は長い間、人々の生活を改善することを目的とし、AIの開発と展開に注力している。我々は、AIは個人、企業、コミュニティにとって、非常に有益な基礎的、かつ、革新的な技術であると信じている。また、我々のAIについての基本原則にもあるように、こうしたイノベーションが保有する、広範囲な社会的影響について考慮する必要があると考えている。我々はAI技術の社内テストを継続し、AI技術が有益で安全であることを立証し、より多くの経験を社外に公開できるよう、努めている。

MicrosoftとChatGPTについては?

一方、MicrosoftはChatGPTを生み出したOpenAIに巨額の投資を行っている。近い将来、MicrosoftはGPT-4をBing検索に何らかの方法で組み込みはずであると、多くの人が噂している。また、ChatGPTを導入したBing検索のインターフェースのスクリーンショットも目撃されている。

多くの企業、特に検索関連の企業が、OpenAIのChatGPTの爆発的な人気を受け、この技術に熱心に取り組んでいるのである。

「Bard」のようなエポックメイキングになりうる技術が生まれるたびに、過去に登場した技術について思い出します。強調スニペット、音声検索、画像検索など、発表された当時は大きな話題となり、様々な懸念も生まれたりしますが、現在は普段の検索体験に自然に溶け込んでいます。「Bard」がどのような形でSEOに影響するのか、まだまだ想像の域を超えることはありませんが、可能な限りの自体を想定して備えていきたいと感じました。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google launches Bard, its answer to ChatGPT – here’s what it looks like」を翻訳した内容です。


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション