2023年に行われたGoogleの検索品質評価ガイドラインの変更点

Googleの2023年の検索品質評価ガイドラインの更新は、ユーザーの意図とニーズに焦点を当てたもので、フォーラムやQ&Aページの品質評価、クエリの位置情報の重要性、マイナーな解釈の拡張、クエリの「Know Simple」と「Do」の定義、ユーザーの意図の洗練、そしてGoogleのSERP機能がユーザーのニーズをどの程度満たしているかの具体例が含まれています。これらの変更は、SEOの専門家やウェブマーケティング担当者にとって重要な情報を提供し、検索結果の品質を理解するのに役立ちます。

Googleが検索品質評価ガイドラインを最後に更新してからほぼ1年が経ちました。以前の検索品質ガイドラインの更新では、新しい概念(昨年の新しいE for Experience(体験)など)が導入されましたが、最新の更新はユーザーの意図とニーズの満足により焦点を当てています。
Googleは、「高品質な検索結果を提供することの意味を洗練し、特定の結果が他のものよりも役立つ理由を品質評価者に理解させること」を目指しています。
この細かなニュアンスは、コアアップデート中やアルゴリズムアップデートが発表されていない期間の変動性を説明するのに役立ちます。

品質評価者がGoogleに対し、その結果がユーザーの期待に応えていないという十分な証拠を提供した場合、これはコアアップデート中の意図の大きな変化につながる可能性があります。
Googleがクエリの背後にある意図を理解し、高品質で役立つコンテンツを持つことの意味をどのように詳細に捉えているかを理解すると、Googleの主要なアップデート前後の検索結果を見ることがより意味をなします。

フォーラムと Q&A ページの品質の評価

Googleは、フォーラムとQ&Aページの品質を評価する方法について、特に議論が新しい、または「攻撃的」「誤解を招く」「スパム的な内容」に流れている場合に指示する新しいテキストブロックを追加しました。

フォーラムページは、単に新しいページでまだ回答が集まっていない場合は「中(Medium)」の評価がデフォルトになりますが、古い投稿で回答がないものは低品質と評価されるべきです。

Googleはこのセクションで「礼儀(decorum)」について数回言及しており、尊敬の欠如を示す攻撃的な議論は低品質と評価されるべきだと指摘しています。
これは、Googleがコメントの内容をクロールしてインデックスできると仮定すると、特定のページ上のコメントの品質がそのページのコンテンツ全体の品質に影響を与える可能性があるという良いリマインダーです。

しばしば、コメントセクションは無視されたり、モデレートされていないことがあり、問題が発生したり、侮辱的または無礼な内容になった場合、それはそれ以外に良質なページに悪影響を与える可能性があります。

さらに、検索品質ガイドラインの新バージョンには、Reddit上の「中(Medium)」品質のフォーラムページがどのように見えるかの視覚的な例が含まれています。質問はわずか9時間前のもので、まだ回答がありませんので、「中(Medium)」のスコアがデフォルトになります。

Googleは、このページに他の低品質の特徴がないことを示唆しており、それ以外の場合は新しい議論に対してスコアを「低品質」に傾ける可能性があります。

クエリに対する位置情報の重要性

近くの場所を探す検索では位置情報が重要である一方で、「重力の仕組みは?」のような一般的な質問はユーザーの位置に関係なく同じ答えが得られます。

Googleは、このニュアンスを評価ガイドラインに追加する価値があると感じました。

自明のように思えるかもしれませんが、検索クエリに「ローカルな意図」が組み込まれている程度が、そのクエリに最適な回答の種類に大きな影響を与える可能性があるというのは事実です。

「マイナーな解釈」に関する説明の拡張

マイナーな解釈は、クエリが複数の意味を持つ場合に、そのクエリの一般的に期待される意味とは最も遠い意味を指します。
マイナーな解釈の中で、Googleは「合理的なマイナーな解釈」、「ありそうにないマイナーな解釈」、「まずありえない解釈」を導入しました。「合理的なマイナーな解釈」は、少数のユーザーにとっては役立つが、一般的にはあまり期待されない解釈です。

「ありそうにないマイナーな解釈」は、理論上は可能だが、非常に起こりにくい解釈を指します。「まずありえない解釈」とは、ユーザーが探しているとは考えにくい、非常にありそうにない解釈のことです。Googleは、「ホットドッグ」と入力したときに「過熱したペット」を意味する例を挙げていますが、これは「まずありえない解釈」よりも可能性があると感じられます。

Googleはまた、これらの定義をどのように解釈するかについての新しい視覚的な例も追加しました。例えば、「Apple」という検索クエリの「ありそうにないマイナーな解釈」として、アメリカの都市、オクラホマ州のAppleが挙げられています。

「Know Simple」と「Do」クエリのさらなる定義

「Know Simple」クエリは、非常に具体的な答えを求めるクエリで、事実や図表など、少量のスペースで答えられるものを指します。Googleは、「Know Simple」クエリではない新しい例をいくつか追加しました。これには、トピックをブラウズしたり探索したり、トピックに関連するインスピレーションを見つけたり、実際の人々からの個人的な意見や視点を求めるクエリが含まれます。

この追加が興味深いのは、ここで使用されている言語が、GoogleがSGE(Search Generative Experience)の価値を説明する際に使用する言語と非常に似ていることです。
例えば、SGEのメインページからの以下の言葉があります。

  • 「トピックについて会話的な方法で深く掘り下げる」
  • 「Googleから期待される高品質な結果と視点にアクセスする」
  • 「人々が何を考えているかを知り、決断を下すのに役立てる」。

これは純粋な推測ですが、品質評価者からのフィードバックが、クエリが「Know Simple」に分類されるかどうかをGoogleが理解するのに役立ち、SGEをトリガーするタイミングを知るのに役立つかもしれません。

同様に、Googleは「Know Simpleクエリ」と「Knowクエリ」の2つの新しい例を追加しました。これは、クエリが簡単に答えられる場合と、答えがよりオープンエンドである場合についての追加的なコンテキストを提供します。

また、Googleは「Do」クエリの例をさらに追加しました。新しい例には、ビデオ、画像、またはハウツーガイドで最も適切に答えられるクエリが含まれています。

ユーザーの意図をさらに洗練させる

ユーザーの意図をさらに洗練するために、Googleはキーワードセットに対する「ありそうにないユーザーの意図」を分類する新しい言語を導入しました。たとえば、「Harvard」と「Walmart」というキーワードに対する「ありそうにない意図」を説明するために、Googleは表に第二列を追加しました。これにより、これらのキーワードの意図をより合理的なユーザーの意図に限定し、完全にオープンエンドな可能性のセットよりも絞り込まれます。「Harvard」を検索するユーザーは、大学に関するさまざまな詳細を探している可能性がありますが、特定のコースを探しているわけではないでしょう。

ユーザーニーズを高度に満たすGoogleのSERP機能の例

GoogleのSERP機能がユーザーのニーズをどの程度満たしているかの例も提供されています。Googleは、さまざまな検索クエリ、ユーザーの位置、ユーザーの意図に基づいて、検索結果がユーザーの期待をどの程度満たしているかを示す表を提供しています。そして、これらの特定の結果がユーザーの期待に「高く合致している」と評価される理由について説明しています。

この新しいバージョンのQRGでは、Googleは「Highly Meets (HM)」結果のいくつかの例を追加および調整しました。これは、「ほとんどのクエリ」に対してユーザーのニーズを満たす最高の可能な評価です。リストに追加された新しい例の1つには、「近くのコーヒーショップを探す」というユーザーの検索があります。Googleは、3つのコーヒーショップがリストされたGoogleマップのローカルパックのスクリーンショットを提供し、この結果がユーザーの期待を高く、しかし完全には満たしていない理由(すべての可能なコーヒーショップをリストしていないため)を説明しています。

また、Googleは「サッカーの世界一周チュートリアル」を探しているユーザーのニーズを高く満たす結果として、TikTokビデオの例も追加しました。

これらは、外部サイトだけでなくGoogle自身のSERP機能からのさまざまな結果を、より現代的な視点で提供する新しい例の一部です。

最後に、記事はE-E-A-T(Expertise, Experience, Authoritativeness, Trustworthiness:専門性、経験、権威性、信頼性)を理解するためのSEOガイドへの深堀りを提案しています。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「Google’s 2023 Search quality rater guidelines update: Here’s what changed」を翻訳した内容です。


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション