Facebook広告とGoogle広告の効果の違い

昨年末、Facebook広告の一覧を紹介しましたが、Google広告との違い、つまりサーチ広告とソーシャルメディア/SNS広告の違いについては明確に理解しきれていないサーチマーケッターも多いことでしょう。ということで、今回は米国のトップサーチマーケティング会社であるiProspectの役員が自ら答えてくれたFacebook広告とGoogle広告の違いについての記事を。 — SEO Japan

続きを読む

PCの検索量はピークに達した可能性あり

世界的な不況が続いているといえども、着実に成長してきたのがインターネット広告業界。インターネット人口の増加はもちろん、他のチャンネルより効果があると、企業の広告予算が移動する形でその恩恵にあずかってきたわけですが、その中でも成長の筆頭格だったのがアドワーズに代表される検索連動型広告。元々「検索の上限が市場の上限」なことは分かっていたわけですがそれでも検索量自体も増え続けてきたこの市場、それがついにピークを迎えたかもしれない、という気になる記事をサーチエンジンランドから。 — SEO Japan

続きを読む

リード獲得チャンネルとして評価ガタ落ちのPPC、高評価のSEO、大健闘のソーシャルメディア

ウェブマーケティングのチャンネル別の費用対効果に関するレポート、毎年、定期的に様々な機関が発表していますが、今回は最新の調査からわかった「多くのウェブマーケッターがPPC(リスティング広告)の費用対効果が悪化していると考えている」という驚きのニュースについて。圧倒的な費用対効果で評価されているはずのサーチマーケティングでSEOと双璧を誇るPPC、今回の結果になった理由とは? — SEO Japan

続きを読む

ネット広告の売上、検索広告が半分を占めて独走中

アドテクノロジーの進化やソーシャルメディアの普及やディスプレイ広告やソーシャル広告が盛り上がりを見せている最近ですが、米国の最新のネット広告の媒体内訳をみるに、まだまだ圧倒的に強いのは検索広告のようです。そんな現状をIABとPWCの最新調査からお届け。 — SEO Japan

続きを読む

Googleの検索広告、クリック率は自然結果のなんと2倍!

検索連動型のキーワード広告という、ありそうでなかった広告手法により、世界最強レベルの企業に10年未満で成長したGoogle。既存の広告業界からは「あんなもの広告じゃない」などと揶揄されながら、ここまで成長できたのは、やっぱりその圧倒的な効果の高さから。既存のバナーやメール広告を凌駕したそのクリック率は、最近では検索結果ページに同時に掲載されている本来の自然検索結果よりも、はるかに高くなってきているらしい、ということで気になる最新の調査結果をご紹介。 — SEO Japan

続きを読む

検索リターゲティングに使うキーワードの選び方

米国では活用が拡がっている検索リターゲティング、日本ではまだまだという印象もありますが、今回は先を行きたいあなたのために、検索リターゲティングにおけるキーワードの選定方法について、特に既存の検索連動型広告と比較して形で考えてみた勉強になる記事をサーチエンジンランドから。 — SEO Japan

続きを読む

キーワード選定に欠かせない「WHY」の理解

SEOも10年を超える歴史と共に手法が細分化・高度化してきましたが、やっぱり基本はキーワード選定。サーチマーケティングに長く携わっている人は多いと思いますが、最後に真面目に本格的にキーワード選定を取り組んだのはいつだったでしょうか?今回は、あなたのキーワード選定に新たな視点とアプローチを与えるかもしれない記事をサーチエンジンランドからお届けします。 — SEO Japan

続きを読む

検索リターゲティングで知っておくべき4つの基本

サーチ広告とディスプレイ広告の融合の中で基本かつ効果的に活用できる手法は検索リターゲティング。SEO Japanでも何度か関連記事を紹介してきましたが、今回は改めて検索リターゲティングの基本を学んでみようという記事をサーチリターゲティング専業大手Changoのスタッフから。最低限の知識はある人向けなのでその前提でどうぞ。 — SEO Japan

続きを読む

検索マーケティングにおけるビュースルーの価値

サーチマーケティングもディスプレイ広告との連携による相乗効果が求められる時代になってきました。ディスプレイ広告を考える時、普段サーチでは余り考えない概念が「ビュースルー」の問題。ユーザーに広告の表示はしたがクリックはされなかったケースをどう考えるか、ユーザーが広告を見たかどうかがわかりずらいこともあり、ディスプレイ広告単体でも評価が難しいこの指標。今回はそんなビュースルーを検索マーケティングにおいてどう考えるべきかという興味深い記事を。 — SEO Japan

続きを読む

検索は買われた、メディアは売られた

インターネットが産み出した新しいマーケティング手法の代表格といえばサーチマーケテイングとソーシャルメディアマーケティング。その効果という意味では現状、まだまだサーチに圧倒的な軍配が上がるようです(少なくとも単純なROI測定上では)。今回はそんなサーチマーケティングを、従来のメディア広告(ウェブ含む)と比較して一体何が違うのか?ということについて真面目に考えてみた記事を。視点、考え方共に気づきのある面白い内容になっており、ネットマーケティングに関わる方は是非一読をお勧めします。 — SEO Japan

続きを読む

サーチマーケッターを雇う際に尋ねるべき12点の質問

検索マーケティングも10年以上の歴史ができ、それなりに知識と経験を持った人材も増えてきたと思いますし、企業・エージェンシー・ウェブサービス間で人材の流動も常に行われていることでしょう。口では色々いっていても実際に雇ってみるまでその実力がわからないのはサーチマーケティングだけではありませんが、雇う側にしてみれば面接でその実力を判断する手法がなかなかないのもまた事実。今回はそんな悩める採用担当者に贈る検索マーケッターの実力を測るための質問事項を一挙紹介。 — SEO Japan

続きを読む

SEMはディスプレイ広告と連動させて相乗効果を狙え

まだまだ成長が止まらないインターネット広告市場ですが、以前と比べると検索連動型広告の勢いは伸び率という意味でいうと若干落ち着いてきた気もします。同時に近年新たに注目されているのがディスプレイ広告。検索広告登場以前はネットの花形だったバナーに代表されるディスプレイ広告ですが、過去10年は検索広告との効果比較される形で押され気味でした。しかし過去数年、DSP等、広告ネットワークのプラットフォーム拡大やリターゲティングなと各種技術の進化でディスプレイ広告の効果もかつてない程高まっているともいわれます。今回は特にサーチとディスプレイ広告の関係性について、ネット広告業界の重鎮たちが語り合った興味深い記事をお届けします。ネット広告の未来はどこにある? — SEO Japan

続きを読む

効果的で収益性の高いキーワードを見つける3ステップ

やれソーシャルだ、コンテンツマーケティングだといってもSEOの基本はキーワードリサーチから、ということで、今回は効果はもちろん収益性まで加味したキーワードプランニングの方法を3ステップに分けて解説してくれた記事をQuickSproutから。 — SEO Japan

続きを読む