優れたコンテンツより大切な8つのこと

今後のSEOはコンテンツマーケティングが重要といわれる最近ですが、コンテンツマーケティングはコンテンツの質だけが問われるのではありません。今回は、複数の人気ウェブサービスの創業者でもあり、米国でもトップクラスのウェブマーケッターである筆者が、コンテンツマーケティングを真に成功させる際にコンテンツの質同様に重要となってくる8つの要素を具体的に解説した記事を紹介します。コンテンツマーケティングを真剣に考えている人には事前に読むべきな内容。 — SEO Japan

コンテンツは王様だ!あなたはすでにそれが本当であることを知っているが、果たしてそれが全てだろうか?あなたは優れたコンテンツを吐き出し続けて忠実な読者のオーディエンスを築くことができたのだろうか?

たぶんあなたは、読者のオーディエンスを築き上げることはできただろう…しかし、彼らは忠実なのだろうか?そして、彼らはあなたから購入するのだろうか?

あなたの読者は、単に強力で実用的なコンテンツ以上のものをあなたから求めていると私は確信している。彼らは、コネクションやパーソナリティや情熱や一貫性、デザイン、名声、そして最も重要なことに信頼を求めている。

あなたはそれらのことを彼らに与えているだろうか?もし与えていないなら、あなたは自分のブログの成長を制限しているかもしれない。

1.コネクション

あなたがブログに記事を投稿する時、コメントに返答するのにどれくらいの時間がかかるだろうか?1分?1日?1週間?

いいか、その人物は手を伸ばしているのだ…彼らは自分の考えを共有するために忙しい1日の時間を割いているのだ。つまり、彼らはあなたに注意を払っているのだ

それは持つに素晴らしい通貨だ。ではあなたはそれをどう使うのか?あなたはそれに返答せずに無駄にしてしまうというのか?それとも、読者に関与することによってその注意に投資するのか?

成功を築いているブログを持っていたことがある人に尋ねれば、彼らは、自分たちの成功の一部はコメント欄でせっせと働くこと関係していたと言うだろう。

それがたとえ時間のかかることだとしても、彼らは全てのコメントに返答することに時間を割いたのだ。

しかし、彼らはただコメントにお礼を言ったのではない…彼らは、考えさせられるようなコメントと疑問を残すことによって互いに交流し合ったのだ。

結局のところ、あなたのゴールは会話を人間関係へと広げることなのだ。

2.パーソナリティ

Wikipedeiaに関するあなたの個人的感情が何であれ、そこにある大部分の記事は便利で役に立つ情報を提供する。Wikipediaはコンテンツの優れたソースなのだ。

しかし、それで終わりだ。

あなたがボンネットの中を見ない限り、それを書いた人を知ることは決してない。つまり、パーソナリティのない優れたコンテンツは、オーディエンスを築く助けにはならないのだ。

あなたは自分がしていることに自分のパーソナリティを投入する必要がある。これは、あなたが私のブログでファッションのROIやパーティーに出かけることのような記事を目にする理由の1つだ。

私は自分らしくあることを恐れていない。あなたの読者もあなたがあなたらしくあることを必要としているのだ。

3.情熱

ここでもWikipediaのあら捜しをする私を許してくれ。しかし、Wikipedeiaの記事を読むことで、あなたが情熱を持っている誰かにさらされることはない。

仕方ないことだ。

それは彼らのポリシーの一部なのだ…あなたは、情熱を持たずに頭脳明晰で客観的のままでなければならない。

あなたはそれを自分のブログ上でする必要はない。あなたは、自分がいかに自分のトピックについて情熱的であるかを示す必要がある。あなたが自分のトピックについて話すときには、あなたが自分のしていることを好きだということを読者は知る必要がある。

そして、自分らしくあることに気兼ねしないこと。もし何かがあなたを怒らせているなら、それについてブログを書くのだ。もしあなたが新しいガジェットの発売に興奮しているなら、スライスした食パン以来の素晴らしいことのようにそれについて熱く語るのだ。

ところで、全ての人を満足させようとしないことだ。あなたにそんなことはできない。実際、もしあなたが敵を作っていないのであれば、あなたはそれを全く間違ってやっているかもしれないのだ。

4.一貫性

あなたの読者は、あなたがブログを書くスケジュールを決めてそれに徹することを求めている。しかし、あなたはどれくらいの頻度でブログに投稿すべきなのだろうか?それには議論の余地がある。では、大急ぎでそれらを探っていこう。

  • あなたは時事問題についてブログを書くことができる – もしあなたが、毎日など、頻繁なブログのスケジュールを組んでいるなら、あなたは現在のニュースの最先端にいることができる。例えば、スティーブ・ジョブズの死を取り上げる。毎日ブログを書いていた人みんなが、ほぼ24時間以内にその記事を配信した。それほど頻繁に投稿していない人はそうではなかった。これは、普通と全く違う出来事のために自分のスケジュールを崩すことができないと言っているわけではない。
  • 毎日ブログを書くことは、新鮮なコンテンツを提供することを可能にする – しかしながら、あなたが毎日ブログを書くときには、その質にも苦しむことがある。大部分のブロガーは生まれつきのライターであるものの、次第に同じことを繰り返したり、弱いコンテンツを生み出し始めたりして、ウェブを汚染する
  • 毎日ブログを書くことは、たくさんの時間を必要とする – そして、あなたがそれをするのであれば、休暇を取るときにはどうするべきなのか考えなければならない…
  • 毎日ブログを書くことは、検索エンジンをハッピーにする – 検索エンジンがあなたのサイトを毎日クロールする習慣を付ける。それは、長い目で見てあなたにとってより多くのトラフィックヲ意味するのだ。
  • ブログを毎日書くことは、あなたの読者に過重な負担を掛けることになり得る – そのコンテンツ全てがあなたのサイトにより多くのトラフィックをもたらすことになろうと、それはRSSリーダーであなたのコンテンツを読んでいる人々を圧倒する運命にある。

ブログを毎日書くことには良い面も悪い面もある。週に一度かそれ以下でブログを書くことには良い面も悪い面もある。あなたは、どちらのアプローチが自分と自分のオーディエンスにとって効果的であるかを決めなければならないのだ。そして、あなたはその決定に徹する必要がある。

5.オーソリティ

私がオーソリティと言う時、博士号が必要だという意味ではない。あなたはただ、1つのトピックに関するエキスパートでなければならないだけだ。そして、ブログを書くことの素晴らしい点は、あなたがそれを達成するまではそれを偽ることができるということだ。

あなたの興味を引くトピックを選んでそれについて勉強を始める。私が最初の会社を始めた時、私はSEOやインターネットマーケティングについてあまり知らなかった。しかし、私はそれについて徐々に独学で覚えて上達したのだ。

そしてもちろん、あなたが最初に作り出して投稿するたくさんのコンテンツはそれほど素晴らしいものではないだろう。それは、散漫で弱いが、それでいいのだ。なぜなら、それは歩くのを学習している赤ちゃんのようなものだからだ。赤ちゃんは、最初はよろめいて転ぶ…それ以外に方法はないのだ。

しかしながら、次第にあなたは自分のトピックに関してとても力強く明確な声を作り出すようになる。あなたはそれについて自信を持ってブログを書くことができるようになる。なぜなら、あなたは自分自身をオーソリティへと変えたからだ。そして、次第に人々はあなたについて良いことを書き始めるのだ。

あなたの読者は、あなたが自分たちを導くことを待っているのだ。あなたは何を待っているというのか?

6.デザイン

もちろん、あなたの読者は、あなたのブログがパシッと決めてプロフェッショナルであることを要求する。しかし、無視し易い彼らの要求が他にもいくつかあるのだ。

あなたが無視できないいくつかのことをここに挙げる。

  • フォントとサイズ – フォントサイズを小さくし過ぎて読者に読みにくくしているのでは?テキストと背景のコントラストはどうだろうか?読みやすいだろうか?
  • リンク – リンクには色を付けて、できれば青でアンダーラインを付けることで分かりやすくすること。どのリンクは訪問済みでどれはそうではないのかを明らかにすること。どんな種類のコンテンツにつながっているのかをはっきりと説明しているリンクを書くこと。
  • Flash – Flashがすることと言えば、人々をイラつかせることくらいだ。Flashは使わないこと。そうすれば読者はあなたを気に入るだろう。
  • ウェブのためにコンテンツを書く – これは、短くて、スキャン可能で、明確であることを意味する。
  • 内部検索 – あなたのオンサイト検索エンジンは関連のある結果を提供しているだろうか?もしそうでないなら、あなたは読者を苛立たせているかもしれない。ここに、オンサイト検索を改善するのに役立つクイックガイドがある。

7.名声

まさかと思うかもしれないが、あなたのブログの読者はあなたに有名になってほしいと思っている。なぜって?もしあなたが有名なら、彼らも有名になることを望んでいるからだ。

もしあなたが有名ではないなら、あなたが最初にすべきことは、自分が繋がる必要があるインフルエンサーを特定することだ。これらのインフルエンサーとの関係を築くことを試みるのだ。

それに加えて、彼らが耳を傾け尊敬する人、彼らが興味を持っていること、彼らが必要としていること、彼らがよく行く場所、彼らのためにあなたができることを見つけ出すのだ。あなたは、大量の人々に強い影響を与えなければならない代わりに、後から残りの人たちに影響を与えることになる少ない人々を特定する必要があるだけだということが分かるだろう。

実際、あなたは、影響を与える10人を見つける必要があるだけだ。そして、それらのインフルエンサーを口説き落とすことが、中間のインフルエンサー、言うなれば友達の友達を見つけることを意味するのだ。

8.信頼

あなたのブログオーディエンスがあなたに求める1番のことは、あなたに対する信頼だ。もしあなたにそれがなければ、あなたの情報を広めたところで信用されることはない。

どうやって信頼を築くのか?簡単だ:

  • 嘘をつかない – そして、もし発覚したなら、すぐに素直に認めることだ。長引かせることは問題を悪化させるだけだ。
  • 約束を全て果たす – 守れない約束はしないこと。
  • まずは読者のニーズを理解しようとすること – 自分の読者が誰で彼らが何を求め必要としているかを学ぶことを止めないこと。
  • お礼を言うことを決して忘れない – 自分の読者に対して、あなたが彼らのコミュニティへの参加にどれだけ感謝しているかを継続して伝える。
  • 明白に率直に書く – 賢そうに見せようとして手の込んだ言葉を使うことは避けよう…理解しやすい言葉を使うのだ。
  • クレジットが当然である場所にはクレジットを提供する – もし誰かがあなたにアイディアやリンクを共有したなら、誰がそれをあなたに共有したかに触れずにそれを共有しないこと。
  • 自分が間違っている時は認める – 自分が常に正しいと思っている傲慢な人物を好きな人などいない。

最後に

優れたブログへの最初の一歩は、優れたコンテンツである。その後は、もしあなたが成長し続けて忠実な読者のオーディエンスを築きたいなら、上記に挙げた8つのことを読者に与える必要がある。

ブロガーは他にどんなものを読者に与えるべきだろうか?


この記事は、Quick Sproutに掲載された「8 Things Your Blog Readers Want More Than Good Content」を翻訳した内容です。

どれも筆者の実体験に基づいた説得力ある内容でした。正直、日本ではコンテンツマーケティングに関しては言葉だけが先行して結局何も手をつけていないだけのサイトが大半な気もしますが、この記事を読んで少しでもやる気を持っていただければと。質もそうですが、従来の「一発型キャンペーン」と違い、中長期的にスタイルと信念を持って情報発信していくことが大事なこれからのコンテンツマーケティング、質にこだわる、質を気にする余り結局情報発信が始められないままでいる位なら、まずは勇気を持って飛び込むことから始めてもいいのかもしれません。 — SEO Japan — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション