インフォグラフィック : 外国人に聞いた住んで働くならこの国ベスト10 2012年版

海外出張中で記事が書けないため、貯めておいたインフォグラフィックを続けて紹介します。今回は、私が海外出張中ということもあり?、海外駐在経験のある外国人に聞いた「住んで働くならこの国」トップ10ランキングをインフォグラフィックにしてみました。日本でも海外で働いたり移住する人が増えてきている最近、気になるそのランキングは? — SEO Japan

HSBCというイギリスの巨大金融グループが、外国で駐在員として働いたことがある人に、様々なアンケート調査を行いその結果を毎年発表しているのですが、今回は特に「実際に住んで働くのに一番良かった国」の上位10カ国をインフォグラフィックにしてみました。アンケート対象の多くが欧米、特にヨーロッパ在住の人ですし、ランキング自体は余り真面目に考えずに参考程度に考えていただければと思います。アンケートにあったコメントや他のランキングも加えたので読み物として楽しんでいただければと。Please Enjoy!

トップ2がアジアなのはアジア人としては嬉しいですが、中国でさえも8位なのに日本がトップ10圏外なのは少し寂しいですね。。。子育てのデータが足りなかったこともあるのですが、子育てに関していえば多分日本の充実度は高くなさそうですし。最近は欧米企業のアジア拠点も日本よりシンガポール、香港やオーストラリアに移ってきていますし、日本企業までもが拠点を海外に移す時代です。これも歴史の流れでしょうか。

それはさておき、シンガポールや香港はやっぱり外国人に気に入られるのですね。英語が通じると言うのもプラスと思いますが、国の形態的にも外国人フレンドリーな国ですからね。3位がアラブ首長国連邦なのは時代だな、という感じです。もちろん実際に移住するのと駐在員で長期滞在するのはまた別なのでしょうが。高級車率が1位というのがバブルですね。メキシコが4位というのは正直かなり意外でしたが、短期駐在者のリゾート感覚な意見に聞こえてしまうといえば怒られるでしょうか。逆にブラジルが入っていないのにも驚きました。6位のアメリカ、「子供がテレビゲームをする時間が最も少ない」のはジョークにしか聞こえないんですが、結果そうだったので一応書いてみました。

ランキング自体に意味は特になくエンタメ感覚で見れば良い程度の内容とは思いつつ、時代の流れを感じる内容でもありました。 — SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション