最新調査:アメリカ人の18~24歳中、なんと98%がソーシャルメディアを利用中

FacebookやTwitterの普及を見ればソーシャルメディアが世界中で日に日に浸透しているのは日本にいても感じられますが、今回はソーシャルメディア先進国でもあるアメリカではなんと18~24歳になると98%がソーシャルメディアを使っているという衝撃の事実が入ってきたので紹介します。 — SEO Japan

98%という数字は誰にとっても目を見張るものだろう。最新の調査によるとアメリカの18~24歳の成人のうち、なんと98%が毎月ソーシャルメディアを利用しているというのだ。この調査は消費者調査サービス会社のExperian Simmonsによってあ1億2千万人 – つまり3億1100万人の全アメリカ国民の41.37%になる – を対象に行われた。

さらに高齢者の55~64歳であっても82%がソーシャルメディアを利用しており、65歳以上でも1/3が利用しているようだ。レポートはこれらの数字がどのような根拠によって出されているのか正確に表明していないが、最新の技術を使い、政府リソースや業界の主要ベンダーの回答を元にしているという。

他の統計はこちら:

・46%の全てのオンライン上の成人がソーシャルメディアを友達と連を取るために利用している(2009年には32%)。
・27%が兄弟と連絡を取るために利用している(2009年は15%)。
・18%が自分の子供と連絡を取るために利用している(2009年は6%)。
・14%の子供が親と連絡を取るために利用している(2009年は5%)。
・ヒスパニック系の消費者の詳細な調査も行われており、ソーシャルメディアを利用しているヒスパニック系消費者の30%が好きなブランドやアーティストの情報をソーシャルメディアで追っていると答えている。ちなみにヒスパニック以外は18%という数字に下がる。またヒスパニック系の成人は、ヒスパニック以外のユーザーより11%ソーシャルメディアで宣伝された商品を買いやすいと言う結果も出ている。

レポートの内容はこちらから見ることができる。

私は24歳の米国に住む成人になるが、個人的にはニュース、後は面白い画像やストーリーを共有することにソーシャルメディアを主に使っている。一部のプラットフォームでは家族と連絡を取り合ってもいる。毎日ソーシャルメディアにログインしているし、この98%の一人であることは間違いない。


この記事は、The Next Webに掲載された「98% of online US adults aged 18-24 use social media」を翻訳した内容です。

ここまで来ると逆に残りの2%は誰なんだ、という話にもなりますが。。。どこまで信頼が置ける情報なのかは不確かですがネット系の会社ではない純粋な調査会社によって出された統計であることは興味深いです。ヒスパニック系の人がソーシャルメディアを良く使っているのは意外な感じもしましたが、逆に他の情報源が少ないというのもあるのでしょうか。ヒスパニック系の人口はアメリカでも5,000万人以上といわれていますし、その割には大企業の広告予算が少ないとも言われていますから、その辺も意識しての調査だったかもしれませんね。20代はともかく60代以上にもかなりソーシャルメディアというかネットが普及していることも驚きました。この数字を見ているとそりゃGoogleもGoogle+を出しますよね。。。。とはネット業界っぽい意見でした。 — SEO Japan

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション