Googleのクリエイティブ・ディレクターが予言する7つの未来

ヨーロッパはデンマークで行われたとあるイベントにてロンドンのGoogleで働くクリエイティブ・ディレクターが語ったインターネット、ネット広告の未来について。場所もスピーカーもヨーロッパの感性が光るエッジの効いたその内容はいかに。 — SEO Japan

昨日デンマークで行われたNEXT conferenceにて、ロンドンにあるGoogleクリエイティブラボのクリエイティブディレクター、トム・ユーグロウがテクノロジーに未来について興味深い発言をした。

下記が彼がテクノロジーの未来について予言した7つの項目だ。Googleが実際に研究しているかどうかは不明だが、Googleで働くGooglerの心に浮かんでいるアイデアなのは確かだ。

1) アイトラッキングによるターゲット広告 デバイスが利用者の目をトラッキングし、スクリーン上で適切な箇所に、その時読まれているコンテンツに応じて最も最適な広告を表示する。

2) アプリ広告 HTML5ベースのバナー広告は、それ自体がウェブアプリともいえる。ユーザー行動を広告主にとっても関連性がある形で支援する。

3) アドネットワークのロイヤリティプログラム 広告はさらにパーソナルになりユーザー毎に特化されたメッセージになる。

4) ユーザー誘導型”アドバテインメント” ユーザー行動に従って徐々に展開されるストーリー型のオンライン広告。

5) マイクロ寄付システム 小額でも可能な寄付サービスの発展による寄付ユーザーの増加。

6) 自分の体に関するデータストリーミング配信 モバイルデバイスがあなたの体に関する情報 – 今いる場所から体温、血圧、血糖値その他様々な情報を – をリアルタイムで伝える。

7) ジオロケーションとタイムラインベースのアート アートの世界でのモバイルデバイスを活用した新しい種類の試み。GPSと連動したフィールド演劇など。


この記事は、The Next Webに掲載された「7 tech predictions for the future from a Google Creative Director」を翻訳した内容です。

遠い未来というよりはどれも数年後には実現されていそうな内容でしたが(既に実現されつつあるものもありますし)、読んでいるだけで新しいビジネスチャンスが次から次に浮かんでくるようなワクワクする内容でしたね。特に1の「アイトラッキングによるターゲット広告」と4の「ストーリー展開型広告」が気になりました。しかしこのGoogleのクリエイティブ・ディレクターという彼、実際にどんな仕事をしているかとっても気になります。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション