ソーシャルメディア効果測定の6プロセス

ソーシャルメディアマーケティングで常に課題としていわれるのが効果測定。検索広告やアフィリエイトはもちろん、ディスプレイも含めてコンバージョンを指標とした効果測定に慣れ切ってきた(それがどこまで正しいかはともかく)ネットマーケッターにはソーシャルメディアの効果測定は一筋縄にはいかない存在なのは間違いありません。今回はそんな悩めるネットマーケッターのために、ソーシャルメディアを効果測定する際の基本を6つのプロセスにわけて紹介した記事をお届けします。 — SEO Japan

あなたはソーシャルメディアを測定することができるだろうか?もちろん、できるだろう。でも、ソーシャルメディア測定は常に簡単なわけではない。あなたの会社のソーシャルメディアを測定する方法についての詳細で具体的な説明は、The Now RevolutionもしくはSocial Media ROI(Olivier Blanchard著)を手に入れよう。

同時に今回は、先日行われたSocial Media Success Summit 2011での私のプレゼンテーション“How to Hug Your Calculator”より、検討すべき基本事項を紹介したい。

ソーシャルメディアを測定するための6ステップ

ステップ1. ソーシャルが自分の会社にどのように調和するか理解する

ソーシャルメディア測定を難しくするのが、あなたの会社がどのようにソーシャルメディアを使うかによってあなたにとって意味をなすメトリクスが変わることだ。

目的はソーシャルメディアが得意になることではなく、ソーシャルメディアによってビジネスに長けることだということを忘れないこと。従って、あなたは最初に、自分のビジネスレベルの目的といかにソーシャルメディアがそれらを支援するのかを理解しなければならない。

ステップ2. 自分が測定できることを知る

全ての会社が同じソーシャルメディア・メトリクスへのアクセスを持っているわけではない。もしあなたがeコマース会社なら、あなたがeコマース会社じゃない場合にできることとは異なるソーシャルプログラムの要素を測定することができる。何が可能かを理解し、関連のないメトリクスを排除するのだ。

ステップ3. ROIか相関か決める

ROI(投資収益率)を計算する方法は1つしかない。それは、売上げから費用をマイナスして、費用で割ってパーセンテージで表す。他の方程式はない。しかし、時に、ソーシャルメディアの真のROIを出すことは難しい。特に“収益”の側が。

そういう場合には、あなたは代わりに、長い目で見ていかにソーシャルメディアの成功がビジネスの成功に結び付くかを分析し、その関係について相関研究をすることを選ぶかもしれない。あなたが見たいのは、ビジネスの成功がソーシャルの成功と同じ歩調で(もしくはソーシャルの成功の後をわずかに追うように)上昇するシチュエーションだ。あなたは、ソーシャルがその成功をもたらしたことを証明することはできないが、それが眉唾物であることは承知の上だ。

真のROIは優れた方程式だが、時にそれを出すのは難しい。そして、ソーシャルメディアのROIだけでなく、同じことがテレビ、ラジオ、印刷物、イベントのスポンサーシップ、屋外広告、カスタマーサービス部門にも当てはまる。

ステップ4. メトリクスを選択する

最初の3つのステップを経たなら、実際にあなたの会社に意味をなすソーシャルメディア・メトリクスを選ぶことができる。将来いつかあなたの立場を支持するメトリクスを選ぶ誘惑を減らすために、あなたがソーシャルメディアに大きく関与するにそれらを選ぶこと。

私は、大体3つくらいのソーシャルメディア・メトリクスを選んで、それらがどのようにあなたの会社に“フィット”するかを見るというのを大きく支持する。時に、あまりに多くのソーシャルメディア・メトリクスを追跡することは、少なすぎる測定するよりも悪いのだ。

ステップ5. データを広く共有する

もしあなたが会社全体にあなたのソーシャル戦略を支援して欲しいと思っているなら、会社全体が(多かれ少なかれ)スコアボードへのアクセスを持っていれば助けになる。ソーシャルメディア測定の結果を原子力条例のように扱わないことだ。結果を共有することが、あなたのプログラムを次のレベルへと進めるのに必要な内部議論とアイディアを引き出すことになる。

ステップ6. 逸話を採用する

それは、ソーシャルメディアROIのやり方において数学的に妥当なことではないが、あなたは、ソーシャルメディア測定に逸話を含めることを試してみるべきだ。オペレーション、カスタマーサービス、コミュニティマネジメントのチームに、あなたがレモンをレモネードにした出来事、顧客を喜ばせた出来事、ソーシャルメディアで何か素晴らしいことをやった出来事を記録することを依頼するのだ。時にそういったユニークなケーススタディが、大量の集計表よりも多くの内部支援を生み出す。


この記事は、Convince & Convertに掲載された「The 6 Step Process for Measuring Social Media」を翻訳した内容です。

シンプルながら最初の第一歩としてステップ毎に進んでいくには良い内容だったと思います。最後の「逸話を採用する」は社内の理解・支援を得るためにも重要なことですね。最後に持ってくるのはなかなかオシャレ&この人分かってるなぁと思いました。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション