昨年末起こった押さえておきたい米国ウェブ業界ニュース – 災難続きのSonyからメディアが抱える信用問題まで

毎週恒例の米国ウェブ業界最新事情ですが、昨年末紹介し忘れたというか忙しくて配信できなかった内容を。色々と見逃せないネタが詰まってます。 — SEO Japan


今週のウェブマーケニュースでは、・終わりの見えないSonyの悲劇 ・Timeがデジタル化を推進 ・スペインのパブリッシャー、Google ニュースから姿を消す ・マーケティングのスキル ・2015年に注目すべき企業とトレンド ・Instagramがアップデートを敢行 ・SecretとMediumの今後の方向性 ・Serialが最終回を迎える ・データを取得してPRプログラムを改善する方法 ・メディアが抱える信用問題等の話題を伝える。

それでは、デジタルマーケティング業界に影響を与える重要なリンクをまとめて紹介していく。

毎週、経営者の方々が、最新の変化、レポートする価値のあるアイテム、そして、仕事で役に立つ可能性があるコンテンツを把握することが出来るように、テクノロジー、ソーシャルメディア、モバイル、デジタルコミュニケーション、そして、マーケティング業界の現在のイベントとトレンドに関するリンクを集めて、ニュースレターを提供している。ニュースレターを購読することも可能だ。

また、Flipboardを利用しているなら、This Week in Digital Magazineを購読すると、同じリンクを手に入れることが出来る。

ウェブマーケティング

  • ご存知のように、Sony Entertainmentでは騒動が続いている。Eメールを送れなくなり、財務データ、そして、個人のデータを勝手に公開され、企業の機密情報および知的財産も公にされてしまった。Sonyは高給取りの弁護士を雇い、削除通知を発行した。すると、今度はハッカーに2001年の911のような攻撃を行うと宣告され、映画「The Interview」の公開を取りやめなければならなくなった。
    • 一部の専門家は、これは戦争でもなければ、テロリズムでもなく、(規模は大きいものの)データの漏洩、つまり、サイバー攻撃であり、Sonyのリアクションを過剰だと主張した(Motherboard)
    • ジョージ・クルーニーは断固とした姿勢を感じられるレター、そして、注目に値するインタビューを通じて、Sonyがハッカーの要求をこれ以上飲まないように同業者に呼び掛けた – ただしハリウッドの映画業界はジョージ・クルーニーのリクエストを完全に無視した(Deadline Hollywood)
  • Time Inc.のチーフコンテンツオフィサーを務めるノーマン・パールスティーンはデジタルエイジの難題に直面し、レポーターに対して最後通告を突きつけた。会社は多くのトラフィックを稼ぎ出すレポーターの雇用を続ける権利があると語った。恐らく、トラフィックをもたらさないレポーターを解雇する権利もあると言いたいのだろう(Washington Post)
  • コンテンツのヘッドラインとテキストの一部をGoogle ニュースで提供する行為がスペインの裁判によって禁止されたことを受け、GoogleはGoogle ニュースのインデックスからスペインのパブリッシャーを除外した(12月22日の時点)。その結果、スペインのニューサイトのトラフィックは激減した。最初からこうなることは分かりきっていたはずだ。Timeには同じ轍を踏んでほしくない(GigaOm)
  • 2015年に注目すべき15社のソーシャルメディアをチェックしておこう(Forbes)
  • 2015年に注目すべき5つの世界的なPRのトレンドの中には、マイクロネットワークに力を入れるトレンド、そして、東洋と西洋の統合が進むトレンドが挙げられている(The Holmes Report)
  • 今年の総括を行っているの私だけではない。Googleも2014年に検索されたフレーズをまとめている

プラットフォーム

コラボレーティブエコノミー

  • Uber
    • Uberは先週の暴風雨に便乗した値上げに飽き足らず、今度はシドニーでの人質事件を理由に、都市部の顧客に対して値上げを行った。アルゴリズムを非難する専門家もいたが、広報部門は何が起きているのか明確に把握していたはずだ(Mashable)
    • 先週、ニューデリーでUberのドライバーが婦女暴行事件を起こしていたが、今度はボストンのUberのドライバーが車の後部座席で乗客を強姦した( Huffington Post)
    • 世界的な安全対策のプロがUberに加わった。Airbnbでセーフティプログラムを実施したフィル・カルデナスがUberに入社したのだ。カルデナスはブログの中で2015年のUberが目指す安全対策を説明している — テクノロジーの改善、身元調査における新しい適性審査の方法の導入、24時間体制のカスタマーサービスとサポートシステムの導入、顧問およびトレーニングのための提携の締結がこのプログラムに含まれている。
    • 中国では少なくとも3つのタクシー配車アプリが存在する。そんな中、先週、UberとBaiduが提携を結んだ。UberがBaiduを必要とする理由を学んでおこう(Fast Company)
  • カーシェアリングアプリの人気が高まることで、自動車メーカーの収益に影響は出ているのだろうか?(Reuters)
  • 消費者を対象としたシェアエコノミーはメディアで取り上げられる機会が多いものの、実はピア・ツー・ピアの企業レベルの取引がB2Bの世界で急成長している(strategy+business)

オーディオ



計測基準/測定/ビッグデータ

法律/人事

  • Sonyを巡る騒動は終始する気配を見せず、重役、製品、そして、一部の映画スターに関するデータがハッカーによって公開されている。この問題に対してSonyは、高額な弁護士を雇い、メディア各社に情報の削除を要請し、全ての情報のコピーを管理と破壊を「アレンジ」するだけであった(Krebs on Security)

コンテンツ

  • TED Talksを通じて素晴らしいアイデアが世の中に伝えられている。The Year in Ideas: TED Talks in 2014で特に優れたプレゼンを視聴しよう(TED)

重要な記事、動画 & オーディオ

最近のメディアは信頼に関する問題に直面しているようだ。一部のジャーナリストやメディアの品位を疑いたくなるような問題が続出している。だらしなさ(タイトなスケジュールが原因?)と倫理観の欠如が要因に挙げられる。それでは最近の問題を幾つか紹介していく:

  • Rolling Stone誌が、男子学生の社交クラブによる女子学生への婦女暴行を詳しく綴った衝撃的な記事「キャンパスで起きたレイプ事件」を配信した。その後、同誌は「読者の皆様へ」と題された記事(どう考えてもポジティブな内容は期待できない)で、情報源を検証することが出来ないと認めた(Rolling Stone)
  • 女優/活動家のレナ・ダナムが大学の友人「バリー」に強姦された体験を赤裸々に本に綴ったものの、肝心のバリーを特定することが出来ない事実が判明した。また、他にも確認出来ない情報が幾つかあり、このストーリー自体の真実味が疑われている(Washington Post)
  • 大手出版社のPenguinは、有名YouTuberのゾーイ・サグのデビュー作が、JK ローリングのハリー・ポッターの第一作の売り上げを上回ったと主張していた。しかし、ゾーイ・サグの作品を大々的にアピールした後、ペンギンは「ゴーストライターの存在」を認めた(Daily Mail)
  • 今週の始め、ある高校生が投資クラブでの活動を通して、7200万ドルを手に入れたと自慢していた。その後、すべて嘘であったことを認めた(New York Observer)

  • この記事は、Scott Montyに掲載された「This Week in Digital December 19th 2014」を翻訳した内容です。

    時間がある時、読んでみたい紹介記事が目白押しでした。今週末、頑張ります。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション