2年前、初めてInstagramにアップロードされた写真

先週末から今週にかけてGoogleの話題で盛り上がりすぎたSEO Japan、そろそろ食傷気味の方もいるかと思いますので、この辺でなごめる記事を。 — SEO Japan

下の画像は、Instagramに共有された最初の写真だ。それは、2年前、当時はCodenameと呼ばれていたアプリにアップロードされた。Codenameは、それから3か月後の2010年10月に正式にInstagramとなる。

この写真は、Instagram創設者のKevin Systromによってアップロードされた。Systormが言うには、Todos SantosにあるChilako tacosで撮られたものだ。なお、Instagramの起源となった製品、Burbnと呼ばれるソーシャルアプリに言及し、この画像がDistilleryと呼ばれるAmazon CDNに保存されていることに留意したい。この写真には146のLikeしかないが、本来もっと注目される写真だと思う。

この写真以来、5000万人がInstagramに10億枚の写真をアップロードしてきた。その数は、Facebookが今年初めにこの会社に支払うことを合意した金額とほぼ同じだ。

それが子犬の写真であることに驚いた人はいるだろうか?


この記事は、The Next Webに掲載された「The first photo was uploaded to Instagram two years ago today. This is it.」を翻訳した内容です。

今になって思うと感無量の一枚といったところでしょうか。ごく自然な感じが良いですね。写真サービスを運営している人は、もしもサービスが大成功した際に過去を気持ちよくふりかえられるように最初の一枚は恥ずかしくない写真にしておきたいですね。って今更遅いですが。。。 — SEO Japan [G+]

アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション