セクシーすぎて放送中止になったテレビCMベスト10

真面目なソーシャルSEOの記事に後に何ですが、思いきりリンクベイトな記事を。日本でも時々、何らかの問題で放映が中止になるテレビコマーシャルがたまにありますが、海外で多いのが性的に過激すぎて放送中止になるコマーシャルです。特にアメリカなど日本以上にテレビは性的な映像に敏感なのですが、それでも、というか、だからからか?定期的に際どいラインでヒットを狙ったセクシー系CMが問題になり放送中止になったりしています。今回はそんな過去に放送中止にまで追い込まれたセクシー系CMベスト10を勝手に選んでご紹介。 — SEO Japan

もし広告に1つ真実があるとしたら、それはこれであることに間違いはない:‘sex sells(セックスは売れる’。今は亡き偉大なコメディアンBill Hicksは、セックスは間違いなくどんな宣伝にも使うことができると乾いた声で言った。しかしながら、時々、この広告ジャンルは行き過ぎてしまい、結局はその作品が禁止されることがある。ここでは、静的コンテンツのために禁止されたテレビコマーシャルのトップ10を紹介する。お楽しみあれ!

10. Microsoft XP

はっきり言って、コンピューターのオペレーションシステムは、この世で最もセクシーなことではないが、そのことがMicrosoftがこのコマーシャルで前述した認識を変えようとするのを止めることはなかった―そして禁止令を出されてしまうのだ。“The Unexpected Experience(予期していなかった経験)”というスローガンと共に、この広告は、テクノロジーが占拠する時に彼女のブラで問題を抱えている男性を見せている。実生活でパスワードを知ることのように単純なことだったらいいのだが・・・

9. Renault

イギリスの昼間のテレビで禁止された、サッカーのスーパースター、Thierry HenryとストリッパーのDita Von Teeseを扱ったこのコマーシャルは、Renaultの“Va Va Voom”キャンペーンに最近加わったものだった。R&BシンガーのRihanaから瞬きしたら見逃すような出演もある。コルセットを身に付けたVon Teeseが誘うようにブラとストッキングを脱いでいくこの広告は、昼間の視聴者にとってはあまりにも卑猥すぎるとみなされたのだ。

8. Ikea

Ikeaの“整理整頓”キャンペーンは、ヨーロッパ中にセンセーションを巻き起こし、この広告が多くの中で最も議論を呼んだ。家を整頓していないことの恥ずかしさに焦点を当て、このコマーシャルは子どもの危険な発見を描写している。オリジナル性があって面白く、この広告は全く無害なものだが、未成年に関することやセクシャルな活動に関することが恐らく検閲者に警告のベルを鳴らさせたのだろう。その後、イギリス国内で禁止された。

7. Centrum

一部の裸と一般的なセクシーさが原因で2007年にアメリカで禁止されたCentrumのコマーシャルは、この製品があなたの見た目の若さをキープするという考えのもとだった。ストリップポーカーで遊ぶ役者の異なる2つのセットを作り、このみだらな広告があなたにビタミンを取ろうとさせたかもしれない!ブラジャーが外されようとした時に、全ては思っていたのとは違うことが明らかになるのだ!

6. Vegetarian Society

なんと、野菜だってセクシーなことがあるのだ!このコマーシャルは、性的なことを想起させる内容を含むことが理由でイギリスで禁止された。頭の中に夕食以外のことがあった検閲者だったのだと反論することもできるが・・・この下品な食べ物は、セクシーな料理のアイディアを極端なほどに利用している。注意:これを見た後は興奮を冷ます必要があるかもしれない。

5. Bud Light

あなたは誰かに見られているような気がしたことはあるだろうか?この広告の中のカップルは物事を疑っているようには見えない!このバドワイザーライトの広告は、2007年のスーパーボウルの期間に登場し、“ビールゴーグル”という言葉に新しい意味を与え、すぐにアメリカで禁止された。素っ裸で泳ぐこと、一部のヌード、性的なことを想起させる内容が、ある人達にとっては明らかにやり過ぎだったのだ。まったく、パーティをしらけさせる奴らだ!

4. NewYorker Underwear

“セックスは売れる”の理論を極端に利用しているこの悪名高いコマーシャルは、文字通り殺すために装飾をつけた玉の輿のセクシー女性を見せている。アメリカのテレビ画面から消えたこの広告は、この上なく激しい性欲を表している。最近結婚したばかりの老人が、新しい妻のセクシーなパフォーマンスをカギ穴から覗いた結果、死ぬのを描いている。誰かが書きこむ前に言っておくと、年老いた覗き趣味の男性がこのコマーシャルの制作で傷つけられたことはないことが保証されている。

3. Agent Provocateur

このコマーシャルは、オーストラリアのポップスター、Kylie Minogueがあまりにもセクシーすぎるという単純な理由でイギリスのテレビで禁止された。この卑猥な広告は、半分透けたAgent Provocateurのランジェリーを身に付けてロデオマシーンに喜んで乗るMinogueを描いている。本当にセクシーであるのと同時に、この広告には芸術的な資質も持っている:2009年、広告営業企業のDigital Cinema Media (DCM)によって行われた投票で史上最高のシネマ広告に選ばれた。

2. Durex

宣伝する製品の性質上、コンドームのコマーシャルは検閲者の監視下に常に置かれている。この“Feeling in Everything(感じることが全て)”キャンペーンからのDurexの広告も例外ではなかった。イギリス人俳優Dominic Cooperを起用した面白いコマーシャルは、数年前にそれが作られた時、イギリスの視聴者には相応しくないと見なされた。それでも、私達は、あなたがこのメッセージが大切なものであることに同意するだろうと考えている。

1. Obsession

Calvin Kleinの香水“Secret Obsession”の芸術気取りの広告もまたセクシーな有名人を起用し、2008年にアメリカのネットワークで禁止された。検閲者の主な問題は、色気たっぷりの女優Eva Mendesの露出した乳首だった。製作者はコマーシャルをカットし直して、午後9時の視聴者に相応しいようにして、オリジナルはオンラインで見られるようにしたのだ!私達がそれに感謝していることに反対する人もいるかもしれない!

このビデオも注目:


この記事は、Business Punditに掲載された「10 Ads That Were Banned For Sexual Content」を翻訳した内容です。

こうして見ると以外に大企業、しかも余りセクシー系のCMを放送しそうにない企業が多いですね。おかたいイメージを払しょくしたかったのか、真面目系大企業だからこそ余計に問題になったのか。イケアのCMは最初意味が分からなかったのですが、解説を読むと確かに中々過激ですね。カイリー・ミノーグのCMは別にエロティックですが映像も綺麗ですし問題ない感じはしましたけどね。DurexのCMも面白くてアリですが、子供に説明が難しいかも?一番、衝撃だったのは野菜のCMでしょうか。野菜をここまでセクシーに撮れるとは・・・・ある意味感動しました(一部、流石にこれはまずいだろ、というのもありましたが)。最後に1位のオブセッション、意図的かはともかく別バージョンをウェブで見せると言うのはソーシャルですね!おまけの最後のビデオはスターウォーズファンなら、という感じでした。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション