完璧なプレゼンのための10のアドバイス

先日紹介した完璧なプレゼンで投資家を驚愕させるための10の秘訣という記事がそれなりに人気があったようですので、調子に乗って同種のプレゼン記事を。とはいえ、少しは視点を変えてみようということで、前回は投資家によるアドバイスでしたが、今回は起業家による自身の経験を元にしたアドバイスになります。前回とは違ったアプローチの内容になっており、これはこれで参考になる点はきっとあるはず。 — SEO Japan

あなたには素晴らしいアイディアがあるが、会社を始めるにはいくらかお金が必要だって?うん、世界中のみんなそうなのだ!あなたが良い印象を与えて元手を手に入れるチャンスを高めるために、私はこのリストをまとめた。私はこの分野に関して究極のエキスパートではないかもしれないが、私達自身もここで紹介しているアドバイスをVCとのミーティングのための準備に使っており、少なくとも吟味を得たアドバイスであることは知っておいて欲しい!並び順に特に意味はない:

アドバイスその1:
プレゼン用のスライドは5ページ以内にする

このアドバイスを説明する簡単な公式がある:30分間のミーティングがあるとしたら、10分間はお互いのことを知ることや、投資家について賢い質問をすることや、エレベーターピッチをするために使い、少なくとも10分はプレゼンテーション後の質問のために残しておく。つまり、プレゼンテーションのための時間は10分しか残っていないということだ。あなたが各スライドについて話すのに少なくとも30秒はかかるだろうし、投資家はスライドごとに1つか2つの質問をするだろうから、そこでも各質問につきおよそ30秒が取られる。つまり、およそ2分程度で1つのスライドを進めるということだ。だから、30分間のミーティングの最大限のスライド数は5ページなのだ。各スライドに自分がどれくらいの時間を費やしたかを知るためにはどうすればいいのか?最低でも10回練習すれば、きっと分かるだろう!プレゼンテーションの終わりもしくは途中で使用できる、追加情報の入ったスライドを何枚か用意しておこう。もしも、そのスライドで説明ができる問題が持ち上がったら、あなたはいつでもそれを提示することができる。プレゼンテーションに必要なプログラム以外は全て終了させておくこと。裏でメールをチェックしてはいけないし、SkypeやAIMやその他話の途中に邪魔になるかもしれないものは全て無効にしておくこと。秘訣:WindowsやMac OS Xにプレゼンテーション用の新しいユーザーを作成する。

アドバイスその2:
スライドに書いてあるテキストを読まない

決して、スライドに書いてあるテキストを読みあげないこと。人は、聞くよりも早く読むことができる。もしあなたがスライド上のテキストを読めば、もはや人々はあなたの話を聞かなくなり、ただあなたのスライドを読み、退屈する。あなたは、スライドに書いてあること(キーワードや図)を必ず把握し、それらを自分のストーリーや詳細を使って彼らに説明するのだ。これもまた、あなたがたくさん練習すべきことの1つだ。

アドバイスその3:
自分自身を見る

ビデオカメラを人から借りるかレンタルするか買うかして、自分のプレゼンテーションを録画し、どうすれば自分の話を改善できるかを知るために自分自身を見るのだ。これが、あなたのプレゼンテーションに奇跡を起こす。初めて自分を見る時はものすごく恥ずかしいが、自分の話を改善するための方法を少なくとも5つは見つけることになると約束しよう。練習の際には、パートナーに投資家役をやってもらおう。あなたは、つらい質問が何であるかを間違いなく知っているのだから、それを尋ねるのだ。自分のパートナーが汗をかき、厳しい質問に自分のやり方で話すのを見るのは面白いし、素晴らしい学習体験だ!

アドバイスその4:
時間を計る

タイマーを自分の隣に置いて話の練習をするのだ。そうすれば自分がどれくらいの時間を使ったが分かる。話しの途中で、あと4枚のスライドを説明するのに残り1分しかないことにいきなり気が付くのは最悪である。これを防ぐには練習するしかない。

アドバイスその5:
自分の話を試してみる

義理の母親(もしくは父親)に電話して、電話越しに自分の話を説明するのだ。もし彼女が理解すれば、あなたは投資家に話す準備ができている。もし彼女が理解しなければ、振り出しに戻ってビデオからやり直そう。もし、彼女に株を売ることができれば、なおさらいい!

アドバイスその6:
全ての質問に答える

以下の質問に対する答えを必ず持っているようにすること:あなたのオーディエンスは誰か?あなたのマーケティングプランは何か?お金はいくら必要なのか?どれくらいの利益を考えているのか?これらの質問に答える時は、しっかりと、断固としていること。その場で考えないこと。これらの問題に関して秘密にすることで興味を引き付けようとしないこと。それはうまくいかない。ビデオカメラで練習する際にあなたが悪い男(つまり、VCのことだが)の役をやる時には、あなたが答えられる質問だけでなく、考えられる全ての質問を考えるようにするのだ。

アドバイスその7:
虚勢を張ったり、嘘をついたり、賢い人間になろうとしない

あなたが言うべきではないこと: 本当は今すぐお金が必要なわけではない(じゃあなんでここにいるの?)、あなたのエグジットはIPOもしくはGoogleによる買収になる予定(そんなこと投資家は知っている)、これは確実なことです(そんなことは存在しない)、競合相手はいない(あなたは嘘をついているか、リサーチをしていないか、あなたの製品が最悪かのどれか)、それを自分でするつもりはない(アイディアとお金とタイミングよりも大切なのは、起業家。もしあなたがそれをしないなら誰もやらないだろう)。そして、他にも待っている投資家がいることを理由に彼らにすぐに決断すべきだと決して言わないこと。それが真実でない限りは!

アドバイスその8:
身だしなみを整える

‘私は売りこむことが好きではない。彼らは私のありのままの姿を受け入れるべきだ。私は彼らのためにドレスアップするつもりはない。’と、言う起業家がいる。それはバーではカッコよく聞こえるかもしれないが、投資家に会いに行くと、彼らはあなたのアイディアや会社よりもあなた自身を見る。あなたがあなたの会社なのだ!だから、あなたが遅刻をしたり、ひげを剃っていなかったり、友好的ではなかったり、臭かったりすると、あなたは悪い印象を作り、あなたの会社も悪い印象になる。さらには、将来あなたが重要なパートナーやクライアントや従業員をどのように扱うかについて否定のしようがない予測をすることになるのだ。もしあなたが投資家に敬意を払わなければ、あなたは将来重要になる他のどんな人にも敬意を払わないだろう。だから、ポケットから手を出し、真っすぐ立ち、笑顔で、丁寧な言葉を使い、投資家のためにドアを開け、時間通りに、コーヒーか何か飲み物を出し、投資家の言葉を遮らないこと!‘ああ’とか‘う~ん’を言いすぎないこと。あなたが自分の話を練習すればするほど、あなたには自信があるように聞こえる。投資家は、投資する時には何よりもあなたのことを見ているということを忘れないこと。彼らは、‘この人物は信頼できるだろうか?彼は自分の部下をやる気にさせることができるだろうか?彼はこの製品を売ることができるだろうか?彼は物事をやり遂げるために夜通し働くだろうか?彼は私のお金や未来の会社を守るためなら何でもするだろうか?’と考える。スライドを忘れた?交通渋滞にはまった?ネクタイを忘れた?もしそんなことがあれば、それはあなたが最初の大切なお客様にも同じことをするということだ。このチャンスはあなたの残りの人生を変えるかもしれないのだ!渋滞を避けなければならないなら、彼らのオフィスの前で寝て、バックの中にはスペアのネクタイを3本入れ、プレゼンテーションはCDとDVDとメモリースティックと紙で16個のバックアップを持ってくるのだ。

アドバイスその9:
真面目になる

自分のものについて真剣になること。これは、あなたの残りの人生に影響することなのだ!もし投資家が冗談を言ったら、礼儀正しく笑うが、ふざけたり自分の会社について冗談を言わないこと。あなたが自分の話を真面目にしないなら、なぜ彼らがそうすべきなのか?

アドバイスその10:
ケンカを売らない

投資家と口論をしないこと。もし彼らが言うことに反論する場合は、‘いや、でも’と決して言わないこと。あなたは、‘私はそうは思わないですが、そのことについてはプレゼンテーションの後でもう少し話すことができるかもしれません。それは、もっと説明しておきたい大切な問題ですので。’と言うことができる。もしあなたがその場でその疑問にどうしても答えたいなら、‘素晴らしい質問です!この場合はなぜそうならないか説明しましょう。’のようなことを言うのだ。

無料のボーナスアドバイス:
どんなことにも対応できるように準備しておく!

その場所がどんな所なのか知っておく。早く来てカンファレンスルームを視察する。くつろいだ気持ちになるように努力する。ミーティングの前にトイレに行く。車を駐車できることとガソリンが満タンなことを確認する。前日にそこまで運転して行き、どこにあるのかを知り迷わないようにする。可能性のある投資家を1人1人Googleで調べ、子どもがいるかどうか、フットボールをするかどうか、スキーが好きかどうか、女性なのか男性なのか、背が高いか低いか、太っているか痩せているか、以前の投資からあなたの会社に興味を持っている可能性があるのかないのかを知るのだ。彼らの投資会社についてあなたが知る必要があることを全て知ること。彼らが最近成功した取引は何だったかを知り、そのことについてお祝いの言葉を述べる。歯を磨き、手を洗い、デオドラントを使うこと!もし外に出るのならコーヒー代を払うための現金を持っていく。プレゼンテーションの間、ミーティングを記録するCNNのクルーがいて次の日にそれが世界中に報道されることを想像するのだ。あなたはどう見られたいか?ひげ面?用意不十分?私はそうは思わない。

最後に

では、あなたがこれらのアドバイスの1つもしくは全てを無視すると何が起きるのか?あなたが、素晴らしいアイディアを持っていて、投資家に良い印象を与えることができるなら、世界中の全てのアドバイスを無視することは可能だ。相手がひげを剃っていなくて、臭くて、遅刻してきても、あなたは仲良くやっていけるかもしれない!忘れないで欲しい、これはアドバイスのリストであって、ルールのリストではない。そして、もう1つ。あなたが会っている投資家の多くは、あなたと同じような起業家なのだ。彼らは、あなたと同じようにお金を稼ぎたいのだ。だから、もし彼らが厳しい質問をしてきたら、それをアドバイスとして受け止め、感謝するようにすることだ。あなたは、少なくとも会うことができるというのは経験にもなるし少しは良いアドバイスも得られるのだから、神経質になりすぎる必要はない。あなたがここで失うものは何もないのだ。だから、頑張って自分のプレゼンテーションをしよう!もしかしたらお金のシャワーを浴びることになるかもしれないのだ!そして、最後にもう一度言う:最低でも10回は自分の話を練習すること!


この記事は、The Next Webに掲載された「10 Tips for the Perfect Pitch」を翻訳した内容です。

最初のプレゼン資料は5ページ以内にまとめるべきというアドバイスは、トークが得意な人じゃないと難しいかもしれませんし、日本のトラディショナルな投資家がどう思うか分かりませんが、考え方としては正しいと思いますね、2番目のスライドに書いてあるテキストを読まないもそうですが、自分の言葉でどう語れるかということが重要なのかとも思います。プレゼンは事業のプレゼンでもありますが、自分自身のプレゼンでもあるわけですし。

全体的に起業家自らのアドバイスだけにどこかライブ感のある生きたアドバイス集でしたね。結論としては「とにかく練習あるのみ」という話なのですが、ポイントポイントのアドバイスは参考になる点もあったのではと思います。

後、「プレゼンテーションに必要なプログラム以外は全て終了させておくこと」は確かに納得でした。私も過去にプレゼン中に知人からのメールが届いてそのふざけたタイトルが画面右端に表示され恥ずかしかった記憶があります。。。話は変わりますがこの記事もそうですがプレゼン、特に何かを短い時間で提案することを英語ではPitchといいますよね。スタートアップのアイデアコンテストや発表の機会も日本で増えているようですが、今後「ピッチ」という言葉が日本で使われていくのかも少し気になりました。プレゼンよりは今風ですし「今度スタートアップの3分ピッチするんだぜ」なんてサラっといってみたいものです。内容はともかく。 — SEO Japan


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション