時間節約を実現するPPCリサイクル大作戦

サーチエンジンランドから「インハウスSEO」特集の3回目。「ミニミニ大作戦」みたいなタイトルですが、検索マーケッターの悩みの1つがPPCの運用にかかる手間と時間。今回は効率的にPPCを運用するインハウスSEMのティップスを紹介します。 — SEO Japan

社内の検索マッケターは、大企業といえども人数はとても少ない。一人(もしくは数人)のチームが複数の検索エンジンマーケティングのプラットフォームを効率よく、そして、効果的に管理しなければならない。早速だが、成功を収める方法を1つ紹介しよう。それは、既に実施した検索エンジンマーケティングの作業をリサイクルすることだ。

SEMの愛を分かち合う

素晴らしいグーグルアカウントを持っているものの、マイクロソフト・アドバタイジングやヤフー!を使いたい場合、わざわざ新たにアカウントを作る価値はあるだろうか?そんなことはせずに、アドワーズをエキスポートし、トラッキングコードを置き換えて、アカウントをリサイクルし、新しいマイクロソフト・アドバタイジングやヤフー!のアカウントを作成しよう。マイクロソフト・アドバタイジングやヤフー!は、検索エンジンマーケティングに対して、自分達がグーグルにリードを許している点を心得ており、既にグーグルで行った作業を出来るだけ簡単に再利用することが出来るように工夫している。

経理部長は喜んでエクセルのファイルを直接グーグルからインポートしてくれるはずだ。もしくは、マイクロソフトとヤフー!が提供しているインポートツールを使う手もある。検索エンジンマーケッターは、小規模な検索エンジンに費やす時間を削減するべきだが、少しの仕事で簡単にこのような機会を活用することが出来る点を覚えておきたい。

テンプレートは味方

通常の検索エンジンマーケティングの仕事にはテンプレートが必要になる。例えば、週間および月間のレポート、経営陣向けの特別な最適化レポート等は、事前にテンプレートとしてフォーマットしておけばすぐに作成することが出来る。そのため、ある程度シンプルにしておこう。ピボットテーブルがあれば、優れた検索エンジンマーケティングを実施することが出来るわけでないのだ。

新製品の名称、目的地、もしくはその他のワイルドカードを反映させる検索・置換用の一般的なキーワードの分類のリストを保持しておけば、長い目で見ると大幅な時間の節約になり、広告グループの作成が捗る。

再利用のためのconcatenateおよびvlookupの関数をエクセルで用意しておけば、URLにトラッキングを加えることが出来るため、また、複数のソースからのレポートのデータを結合することが出来るため、こちらも時間の節約になる。通常の連絡用のEメールのテンプレートでさえ、時間の節約およびエラーの削減の役に立つはずだ。

無料および有料のSEMの相乗効果を評価する

無料および有料の検索に対処するのが別のグループであっても、プログラム全体で相乗効果を活かす方法は多数ある。有料検索のデータをSEOのために活用する取り組みは、成功を収めるためには重要な戦略である。インプレッションが高く、コンバージョンが強力な有料のキーワードは、SEOの取り組みのターゲットに選ばれるだろう。有料検索の簡単なレポートを見ることで、検索のトレンドやキーワードツールを使っていたら何時間もかかってしまうようなデータをすぐに得ることが出来る。

コンテンツのプレースメントレポートは、リンク構築の要請を行う上で、宝の山と言えるだろう。迅速なレポートには、自分の事業に関連するサイトの一覧、そして、共通の広告の関係を既に築いているサイトの一覧が掲載されているはずだ。

有料検索レポートと無料検索レポートを比較しよう。PPCおよびオーガニックな検索のトレンドは類似することが多い。縦割りでレポートを見ていくべきではない。トレンドに関する簡素なスタッツを用意し、共通点を見つけよう。別々で見るよりも、一緒に見ることで、より多くのことを、より早く学ぶことが出来るのだ。

チェックリストおよびノート

チェックリストは、検索エンジンのマーケッターにとって強力な武器になり得る。プロセスとベストプラクティスを複数のメンバーで構成される検索エンジンマーケティングのグループで統一する上で役に立つだけでなく、自分自身が一貫したパフォーマンスを残す上でも有用である。少し時間を取って、所定の検索エンジンマーケティングのタスクのチェックリストを作り、徐々に改善していこう。

チェックリストは、大事なタスクを見過ごさないように、もしくは重要な段階を忘れないようにする効果があり(あれ?広告グループにトラッキングを加えたっけ?) –また、自分がいないときに他のメンバーにやってもらい仕事を伝える上でも、検索エンジンマーケティングに新たに加わった際にも役に立つだろう。レポートのチェックリスト、新しい広告グループの作成に関するチェックリスト、テストの手順に対するチェックリスト、アカウントの最適化に関するチェックリスト。これらのチェックリストはすべての作業が抜かりなく行われていることを確かめる上で役に立つはずだ。

分かり切ったことをやり直す必要はない。レポートのコピーにメモしておこう。1年後、新たに月もしくは四半期を始める前に、当時のレポートをチェックし、季節のトレンド、奇妙な異常値、もしくは逃したチャンスに関する記憶を呼び起こそう。

週間レポートのメモでさえ、問題を思い出させてくれるため、もしくは毎週チェックする機会を与えてくれるため、価値は高い。重要な季節的な取り組みの変更を記録し、積極的に調整していくことで、競争に参加し、かき入れ時を有効に活用することが出来るようになるはずだ。歴史は貴重な財産であり、これを活用しない手はない。

この記事の中で述べられている意見はゲストライターの意見であり、必ずしもサーチ・エンジン・ランドを代表しているわけではない。


この記事は、Search Engine Landに掲載された「Go Green With Your Time: Recycle Your PPC Work」を翻訳した内容です。

This article on Columns: In House first appeared on Search Engine Land.
c Copyright Third Door Media, Inc. Republished with Permission.

なんというか、サーチエンジンランドにしてはとりとめもないアドバイス集の印象も受けますが(ゲスト投稿ですけど)、ヒントになる点はあったでしょうか? — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション