文章のインスピレーションを得る10の方法

久しぶりのコピーブロガーからは、ブログのネタがない時に気になる文章を書くインスピレーションを得るための10の方法を。意外と具体的です。 — SEO Japan

ライターにとって、インスピレーションは最も重要な成功基準の1つだ。それがなければ、我々の文章はかなりまずいもので終わってしまう。

非常に大きな割合のブログが6カ月も経たずして自分たちが消滅するのを目にしている。なぜだろうか?

その理由は、人々が何について書けばいいのか分かっていないからだ。書くごとがつまらない作業となり、そうなったらもう封印した方がましだ。ここに、もっとやる気があって人目を引く見事なオンラインライターになるための10の方法を紹介しよう。

1. 本を増やし、ブログを減らす

私たちがみんなブログを好きなのは、理解するのが簡単で、初めから終わりまでを数分以内で読めるために行ったり来たりすることができるからだ。さらに、私たちは元来反応の早い人間で、ブログは他の人と素早く交流したり議論したりすることを可能にするのだ。

しかしながら、本はブログの世界では扱われていないたくさんのアイディアが含まれている。もし、本を初めから終わりまで読むのに週末中かかったとしたら、翌週には文章の材料で一杯になることを保証しよう。注意して欲しいのは、読んだ時に自分自身と“反応”すること、そしてGoogle Readerにだけ頼ることがないようにして本を選ぶことだ。

2. アルバムの初めから終わりまでを聴く

音楽がインスピレーションの大きな源の1つであることは間違いない。作家が突き当たる壁によって無能に感じさせることから、ミケランジェロのように傑作を描かせることにまで、“相応しい”曲が含まれているのだ。現代的テクノロジーを持った私たちの多くは、もはやアルバムを最初から最後まで聴くことはない。

あるアーティストのアルバムを全部買うのではなく、各曲を順番通りに聴くのだ。ミュージシャンは、通常トラックを意図的に並べているものだ。アルバムがストーリーを伝え、絵画を描く。そして、それこそが私たちがライターとしてブログでやりたいことなのではないだろうか?

3. 指導者たちに囲まれる

私は“指導者”という言葉を大雑把に使っている。私は決して1人の人を指導者として選ぶことが好きではなかった。その代わり、複数の“間接的な”指導者に囲まれている傾向があるのだ。私が尊敬する人、私がベストを尽くせるようにやる気を出させ刺激をくれる人、挑戦し疑問を投げかけ私に新しい方法で考えるように背中を押してくれる友人などだ。

あなたが付き合っている仲間があなた自身だという古い格言の中に真実がある。つまり、自分の周りが良い仲間に囲まれていれば、さらに素晴らしい人間になることを保証されたようなものなのだ。

4. 後ろ向きなものを絶つ

素晴らしい指導者に囲まれている間、前進し、後ろ向きなものは排除することだ。ドリームザッパーズ(註:人の成功に常に文句を付ける人のこと、dream zappers、DZ)や否定論者はあなたを彼らのレベルにまで引き下げることに熱心なのだ。あなたの人生にそういう人は必要がない。あなたがすること全てにおいて、肯定的なことで飾り立て、否定的なことは排除すること。あなたが正しい態度をとれば、もっと幸せになりもっと満たされるだろう。

5. 新しいメディアで実験する

実験は恐らく最も重要なテークアウェイだ。ブログやネットワーキングやあなたがする全てのことにおいて、実験をしたり限界に挑んだりしなければ、あなたは自分の可能性を最大限に引き出しているとは言えない。ライターとして、あなたは話を伝える才能を持っているのだから、新しい方法で話を伝えることに焦点を合わせるのだ。動画を使ったり、電子書籍を書いたり、ゲストブログのグランドツアーを始めたり、新しいトピックについて書くために他の人の挑戦に受けて立つのだ。頑張って成長し続けることだ。

6. 自分の業界以外のブログを読む

あなたがソーシャルメディアについて書いていている場合、話題になっている部分しか読んでいない?なぜ?排他的にこれをすると心がマヒしてしまう。業界内の他のライターに遅れずについていく必要があることには賛成だが、全く関係のないソースを読む時間も作るのだ。例を上げると 私は料理やスポーツやPR、音楽についてのブログも読んでいる。

それらのことは、私の“ライフスタイルデザイン”ジャンルの文章とは無関係かもしれないが、大体いつも投稿のアイディアに何らかの刺激をうける。最高のライターとは、異なるトピック間にある共通部分を見つけ、幅広い読者の心を動かすことができる人なのだ。

7. 新しい環境に身を置く(その言葉通りに)

あなたのことは分からないが、私に関して言えば、パジャマを着て家にいる時に何かを成し遂げることがひどく下手くそだ。私が最も生産的で、良い文章を思いつく時は、地元のコーヒーショップで快適な席を見つけた時、または、図書館の奥の方の静かな場所に腰を下ろしてヘッドフォンを耳にした時だ。カフェインと本に囲まれていると驚くほどよく効く何かがあるのだ。機会があれば、自分のリビングルームではなく地元のコーヒー店を選んでみて欲しい。

8. 流行りに囚われない

“私たちは反応の早い人間である”という事実に戻ってみると、私たちは流行りに乗るのが好きだとも言えるのではないだろうか?昨年の12月の最後の数週間にどれだけの“新年の決意”に関する記事を見ただろうか?人々がしていることに注目はしても、自分自身はそこから離れて流行を作り出すのだ。簡単に言えば、やること全てにおいてもっと先を見越した行動をするのだ。

9. “テクノロジーを排除すること”の効果を見くびらない

そう、確かに私は嘘をついた。5番目に挙げた項目で実験は重要なテークアウェイだと述べたが、実際は以下のことが私には最も重要なことだ。Twitter、Facebook、LikedIn、Google Reader、Eメール、iTunes、インスタントメッセージなど、世の中には気を散らすものが数え切れないほど存在している。本当に集中して一番の文章を書きたい時には、私は強制的にテクノロジーを排除する。

これを書いている今でさえ、私はインターネットのない湖畔の家に座っている。テクノロジーを排除する時間を作り、自分の文章と“1つになる”時に成し遂げるものは素晴らしい。毎週特定の日を決めて、連絡を経ち自分のための時間をつくろう。

10. 我慢強くなる

傑作を書くことは一晩で出来ることでもない。ブロガーは強気で始めるが、世界の人達がすぐに押しかけてこないと勢いがなくなるため、燃え尽きてしまうのだ。結局のところ、質の高いコンテンツを土台にしている強いコミュニティは成長までに時間がかるが、あなたが書くことに情熱を持っている限り、あとは落ち着くところに落ち着くのだ。並はずれたコンテンツを作ることに一生懸命になり、共有するために他の人に働きかけるのだ。そうすれば素晴らしいことが起こる。

ライターとして、あなたは私たちが最大限の可能性を引き出し、インスピレーションを見つけるために何を勧めるだろうか?


この記事は、Copybloggerに掲載された「10 Pathways to Inspired Writing」を翻訳した内容です。

行き詰った時などに読み返すと色々と参考になる点もあるかもです。9番目のテクノロジーを遮断する行為は、私もたまに実践しますが、リラックスできますし、ネットや外部情報から一度完全に離れてみる自分の中の情報や考えを整理することができオススメです。もっとも締切がある仕事がある時はそれが気になって余計に不安になったりもするのですが 汗 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション