ブロガーが犯す7つの大罪

コピーブロガーからブロガーが犯しやすい7つの失敗について解説。キリスト教の7つの大罪にかけた内容ですが、宗教に関係なく参考になりますよ。 — SEO Japan

もしあなたがブログを書いているなら、悪い知らせがある。それは、あなたには何百万ものライバルがいるということ。

良い知らせは、その大部分が最低だということだ。

同じ問題が何度も何度も登場し、ブロガーが本当の読者を増やすことを妨げている。あなたはどうだろう?自分のコンテンツでこれらの7つの大罪の1つでも犯してはいないだろうか?

1. 自己中心的

これは大物だ。

ソーシャルメディアでお金を稼ぐことの原理はこうだ:

あなたは価値のある情報を提供する。おそらくそれが重要な問題を解決するのだろう。おそらくそれが人々を笑わせるのだろう。おそらくそれが地獄の日を過ごしている何百万もの人の人生を少しだけ退屈でないものにするのだろう。

あなたは与える。そして明日、あなたはまた少し与える。そしてその次の日、あなたはもっと与える。

ものすごい量を与えた後、あなたはものすごい提案をし、見返りに何かをお願いするようになる。そしてあなたの読者のほんの一部の人がそれに応える。

どうやったらこれがうまくいくというのだろうか?あなたの与えたものに価値があるのなら、たくさんの人を魅了するはずだ。素晴らしいコンテンツを百万人のユーザーに与えることは、それを1人と共有するのと同じだけの作業である。

しかし、個人個人の読者にとっては、あなたが求めていることよりもずっと多くを与えている。

これが、多くの“早く金持ちになる”構想がうまくいかない理由、その構想がとりわけソーシャルメディアに不適切な理由なのだ。それらは全て受け取ることなのだ。与えることではないのだ。

2. 怠惰

これは、私があまりソーシャルメディアとコンテンツマーケティングコンサルティングをもうあまりしないことの理由だ。

クライアントが、“でも、それって大変そう”と言うのを1000回も聞き、私の頭は爆発したのだ。

大変とは何のことだか分かっているのか?実店舗だけのビジネスを経営すること。1日12時間、週7日、1年52週間。おそらくあなたは、数年の成功の後にやっと自分に週末の休みを与えるのだろう。

それに比べて、コンテンツ基盤のビジネスを経営することは、諸経費は驚くほど低く、従業員もいないかいても少なく、ストレスもずっと少なく(比較的だが)、そして仕事も少なく、もっと楽しいものなのだ。

仕事がないのではない。仕事が少ないのだ。

3. 焦り

物事が自分が思っている早さで進まない時、3ヶ月も6カ月も苛立たないブロガーがいるとは思えない。(もちろん、Leo以外で【禅について書いている有名ブロガー】)

読者を増やすにはある程度時間がかかるもので、勢いが味方する。私たちの大部分はロケットのように発射することはない。私たちは、始めはゆっくりと増やし、その後で雪だるま式に増え始めるのだ。

もしまだ自分が求めている読者を見つけていないのなら、自分自身に問いかけてみるのだ:

  • 自分のトピックは、母親や飼い猫以外の他の人にとって本当に興味深いものなのだろうか?
  • 自分は、読者から受け取ることを求めているものよりも多く読者に与えているだろうか?
  • 自分は、同じ考えを持ったブロガーのネットワークを育て、自分を助けてもらうことを期待するのと同じ位彼らのことをサポートすることに取り組んでいるだろうか?

もし全ての答えがイエスなら、あなたはもう少しの忍耐を養う必要がある。かなりの頑固さと言ってもいいかもしれない。それが簡単ではないことは私も分かっている。The Dipを読んで、目的を達するまでの間自分自身のやる気を保つのだ。

4. 説得力のなさ

ブログは、お金を出せば出すほど訪問者数が増える昔からある広告のようなものではない。ソーシャルメディアマーケティングでは、あなたが支払う通貨は本当に見事であることなのだ。

あなたのコンテンツに説得力がなければ、読者を見つけることもできなければメッセージを広めることもできない。あなたのコンテンツが素晴らしいものならば、あなたが言うべきことを愛するたくさんの読者を見つけることができる。そういう人達の多くは、電子書籍やコンサルティングの時間や、包括的なメンバー専用サイトや、単なるおしゃれなTシャツでも、あなたが提供するものをさらに得るために喜んで追加料金を払う。

意欲を起こさせる演説者Zig Ziglarの言葉を引用すると、説得力のないブロガーは痩せた子どもを持っているのだ。

5. 完全同一性

反対意見の人もいるだろうが、私は他の誰かになりたいと思ってブログを始めることは全く問題ないと思っている。それは、私がSeth Godinになりたいと思って最初のブログを始めたからかもしれない。

私はSethにはならなかった(まず髪形が私には似合わないだろう)が、素晴らしい読者と私が本当に貢献することができるニッチを見つけた。

偉大なブロガーに刺激されることは素晴らしい。しかし、ブログの世界で自分独自の読者と自分独自の居場所を作るためには、自分独自の声を見つける必要がある。

こんなのはどうだろうか:

もしかしたらあなたはドラッグクイーンのためのプロブロガーかもしれないし、ヘルスケアのChris Broganかもしれない。

他の人に刺激を受け、自分独自の場所を見つけるのだ。

面白いことに、その場所はしばしばあなたが奉仕する人によって定義される。彼らについてもっと考えるのだ。

6. 的外れ

あなたのパーソナリティを注ぐため、本物の感じのいい人間として受け入れられるため、コンテンツに心を込めることは素敵なことだ。

でも、あなたのことはどうでもいいのだ。

他の人が関心のあるトピックに自然と魅かれる人もいればそうでない人もいる。自分が好きだからと言って、ブロッコリーのアイスクリームを売ろうとしないことだ。

7. 不作法さ

不作法さは大抵、他の7つの大罪のうちの1つから生まれるものだ。自己中心的であることが最も一般的だ。

パーティーで絶対に話をやめようとしない人を知っているだろうか?青酸カリを持っていれば黙らせられるのにとあなたが思っていることにも気が付かずに、オンラインゲームのWarcraftで集められるアイテムについて45分間の講義をするような人だ。

そんな奴にはならないこと。


この記事は、CopyBloggerに掲載された「The 7 Deadly Sins of Blogging」を翻訳した内容です。

ブログに限らず、ウェブビジネスというか生きる上でも?!参考になりそうな内容でした。単純ながら「仕事がないのではない。仕事が少ないのだ。」という言葉は重く受け止めたい! — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション