ビジネスブログで大活躍する11のWordPressプラグイン

サーチエンジンジャーナルの運営者ロレン・ベイカーが自らWordpress、特にビジネスブログに便利なプラグインを11個、紹介してくれました。初めて聞くプラグインも色々ありました。Wordpressユーザーには何か新しい発見があるかも?– SEO Japan

WordPressは、Wordpress.comを使うにしろ、Worldpress.orgのソリューションを使うにしろ、また、個人ブログ、プロフェッショナルブログ、情報サイト、世界中のビジネスのCRMバックエンド、そのどこで使うにしても、今日最も有名なブログ用のソフトウェアである。

その多くの理由は、Wordpressの値段の安さにあるが、Wordpressが人気のある別の大きな理由は、ダウンロードして使用が可能なプラグインが多数あることだ。信用できる一連のプラグインを使って、原則的にあなたがやりたいことなら何でもできる完全に唯一のウェブサイトを作ることが可能なのだ。そうは言っても、何をしようとするかは関係なくほとんど全ての人が見ておくべきプラグインもいくつか存在する。そこで、現在存在しているプラグインで、あなたのビジネスやブログまたはその他何にをしようとしているにしても、最も役に立つプラグインをいくつか紹介しよう。

Shopp

製品情報を見つけにくくなってしまっては意味がない。なぜなら、人は単純に自分が細かく調べることのできないものは買おうとはしないからだ。掲載された写真がぼけていたり、説明が乏しかったり、データや特性が埋もれてしまっていれば、人はその製品をもっと近くで見ることに興味を持たないだろう。Shoppプラグインは、この問題を解決するのに役に立つ。Shoppでは、製品の写真を簡単に管理ができ、それを綺麗に編集し、実際の製品ページに難なくリンクさせることができる。さらに、製品データやその特性のリストを写真の隣に効果的に表示するための簡単な記入欄も提供している。

残念ながら、このプラグインは、個々のサイトのテーマやデザインに関わらず完全に同一の配置しか作らない。これはShoppを使用している企業の数を考慮すると問題かもしれない。しかしながら、もしあなたが自分の製品を良く見せたいと思っていて、一般的に見えることを気にしないのであれば、Shoppはかなり役に立つプラグインであると言える。

Customer Manager

大部分の購買者は怠け者だ。これは、一般論として多くの人が怠け者であることを考えれば驚くべきことではない。これがインターネットのマーケッターに意味するところは、ターゲット市場によって簡単に発見されれば、その製品はかなり売れやすくなるということだ。これにはいくつかの方法があるが、その1つがCustomer Managerをインストールすることだ。

Customer Managerには、見込み客ごとの購入習慣を視察し、その習慣に最も適合しそうな製品はどれかを決めるというかなり便利な機能が備わっている。そして、素朴だが魅力的なボックスで、その商品を顧客に勧めるのだ。基本的に、このプラグインはあなたの顧客のためのものだ。そして、Customer Managerは実際この分野に関してのみ卓越している。もしそういうものとして始めから売り込まれているのなら良いが、このブラグインは全てのビジネスに汎用できるテンプレートであるとうたっているのだから、それ以上のものを期待してしまうかもしれない。

WordPress-to-Lead

もしビジネスで、商取引を追跡し観察し締めくくるまでのCRMソリューションとしてSalesforceを使用しているのであれば、Salesforce WordPress-to-Leadプラグインは、Wordpressのコンタクトフォームにもビジネスの成長のためにブログを活用することにも必要なソリューションだ。

一言で言えば、Wordpress-to-Leadは、一連のやり取りや問い合わせの全ての情報を中央のSelesforceプラットフォーム内で管理すると同時に、Yahoo!、Gmail、Outlookなどと同期して全てのやり取りを追跡し、コンタクトフォームから直接情報を取り出すことを可能にするのだ。このプラグイン機能があれば、一連のやり取り、それが直接的なビジネスにしろ、ホワイトペーパーに興味のある企業またはあなたのブログの広告に関するやり取りにしろ、それを追跡し続けるために受信箱からCRMまでをくまなく調べる大変な作業をする必要がなくなる。

Live Chat

良いカスタマーサービスがオンライン市場で成功するのがとても難しい理由の1つは、顧客と店の経営者の直接的な繋がりがないことだ。コメントは匿名で書きこまれ、ショッピングカートは匿名で継続されたり中止されたりし、おススメ商品の紹介も通常は匿名だ。どちら側の活動にも説明責任がないのである。Live Chatは、売り手と買い手の間に簡単で個人的な繋がりを確立することによって、この問題を取り除くことに非常に大きな役割を果たす。

Live chatは、それぞれの買い物の最後に自由に流れる会話ができるようにする。売り手が客になぜその商品を買わなかったのかと尋ねたり、客が売り手にそのビジネスに分からない部分があれば詳しく説明を求めることもできるのだ。Live Chatプラグインは、客が混乱することがよくあったり、技術的すぎる製品を扱っている企業には不可欠だ。 しかしながら、一端で働く生身の販売員の必要性は、小さな会社では現実的ではない。このアプリケーションの実用性は否定できないが、コストの制限を考えると、良く整備されたFAQページの方が良い判断かもしれない。

Meta Robots

Meta Robots は、他のどのWPのプラグインよりも簡単で安全にロボットのメタデータをブログのどのページにも追加することができるものだ。好きな時にRobots Metaを使って、検索結果ページや、ホームページへ繋がるサブページや、ログインページ、登録ページ、管理ページなどがインデックスされるのを防ぐことができる。検索エンジンにページ上にあるリンクをフォローさせつつも、簡単な“nofollow”タグでほとんど全ての情報を非公開のままにしておくことが可能なのだ。

もしかしたらこのアプリケーションは、少しGoogleやYahooとの相互作用に焦点を合わせすぎていると思うかもしれないが、ほとんどのサイトでは問題にはならない。特別なニーズを備えたサイトであれば別の場所にも目を向ける必要があるかもしれないが、ほとんどの人にとって、これが不安定なサイトを管理するのに一番の選択肢になるだろう。

Sociable

どんなブログでもできる一番重要なことは恐らく広めることだろう。口コミやリンクによってインターネット上で自らを複製することによって、ブログは生き残る。これが意味するところは、もしあなたが広い意味で本当にブログを成功させたいのであれば、話題にされる必要があるということだ。Sociableはあなたを話題にすることができるプラグインである。

Sociableはソーシャルネットワークの共有プラグイン、つまり、人々があなたのコンテンツをソーシャルネットワークサイトで共有しやすいようにする。あなたのサイトを外部のソーシャルサイトに簡単に添付するために、人目を引く大きなボタンを設置することによって、Sociableは人々が楽しくあなたのために働いてくれるようにする。Sociable と基本的に同様のプログラムはいくつかあるが、ビジターの目を引くような魅力的なものを作っているものは他にはない。ここではこれが大きな違いを生むのである。

Sociableに関して私からのアドバイスは、ブログ記事の下に全てのソーシャルサイトを並べないことだ。あなたのマーケットまたはブログテーマに最も関連しているものだけを載せること。あなたのコンテンツがDiggで盛り上がらないならば、Diggを選択肢に加える必要はないのである。

Yet Another Related Post Plugin

サイトのある1ページでビジターに良い印象をつけたならば、同じ様に次も良い印象を与えることは重要である。1つの記事を読んだ後、多くの人は評価をする前にもう1つ読むだろう。そして、2つ目の記事でも楽しむことができれば、ビジターはそのサイトは良いコンテンツで満たされていると判断するだろう。もし2つ目の記事が期待していたものでなかった場合、一般的に、最初に読んだページはたまたま面白かっただけだと判断し他のサイトに行ってしまう。つまり、サイト内でビジターの2回目の交流をもっと魅力的なものにすれば、もっとリピーターを作れるようになる。Yet Another Related Post Plugin (YARPP)は、この原理を頭に入れてデザインされたものだ。

ビジターがあなたのサイトを閲覧し始めた時に、YAARPは彼らの動きを追跡してそのデータをカスタマイズ可能なアルゴリズムに入力する。記事のタイトルやタグやカテゴリーを考慮しながら、YARPPはブログ上の各記事対の“適合スコア”を計算して、ビジターごとにカスタマイズされたプロフィールに最も合う記事に簡単にアクセスできるようにする。これによって、ビジターの2回目の交流が好意的になる確率は目覚ましく上昇し、それによってサイトへのリピーター数も劇的に増加することになる。YARPPは本来、リピーターを当てにしているブログであれば、無視できないプラグインなのだ。

Redirection

あなたのウェブサイトが何を達成しようとしているにしろ、コンテンツをサイトのある場所から他の場所に移したいと思う状況は常にあるものだ。この行動の相対的な単純さに関わらず、多くの場合でウェブサイトの管理で最もストレスが多く苛立たしい状況の1つが生じる。検索エンジンでページのステイタスを失うことになってしまったり、リンク切れになってしまったり、いくつか数字を間違って入力したことでサイト中の404エラーを警告するEメール攻めにあったり、いずれにせよこれらは悪夢だ。

Redirection は、これらの主要な問題を全て対処するのに役に立つ。リンク切れを避けるために301リダイレクトを設定したり、全ての404をキャッチしてそれをあなたに警告したり、エラーのためのRSSフィードを設定したり、ステイタスの喪失に備えて全てのURLを記録したりする。サイト間でのコンテンツの移動をしない限りはリダイレクションを頻繁に使用することはないと思うかもしれないが、大規模にリダイレクトが必要になればすぐに、安全をお金で買ったことに満足するだろう。

Survey Gizmo

ビジターが自分たちの声が無視されていると感じれば、将来的な必要性でサイトに戻ってきたり、友達にそのサイトを勧めたりすることは極めて少なくなってくるだろう。コメント欄は便利であるし、Eメールアドレスもある程度の快適さを提供はするが、多くの人は、自分たちの考えが含まれていることを確信しない限りは満足しないのだ。では、これを重要視して、あなたが良く耳を傾けていることを示したらどうだろうか?

Survey Gizmoを使うと、サイトのビジターのデータを集めると同時にビジターに参加している気分にさせるという二重の利益になる。質問の結果がSurvey Gizmoの許可により明確に表示される時、全てのビジターは意見を言いたいと思い、それが勝ち組にいるかいないかは関係なく、意見を言ったことに良い気分になるのだ。情報が完全になればなるほど、ビジターはもっとそのサイトを見ることに時間を費やすようになる。全てのサイトはこれを活用することができる。Survey Gizmoの代用としては、KISSinsightsがあり、これはKISSmetricsと同じ人が作った新しいツールである。

WordPress Database Manager

データベースをバックアップできることの重要性は言い過ぎることはない。何日も何週間もかけて集めた情報を失うことは、個人的なものにしてもビジネス関連のものにしても、ブログ管理者に起こり得るおそらく最も腹立たしいことかもしれない。データベースのバックアップだけはできないが、それを自由に削除、復元、カスタマイズしたりするのが1つのプラグインをダウンロードするだけで出来たらどうだろう?興味深くはないだろうか?

WordPress Database Managerは、これらのことを全て可能にしてくれるのと、もし希望するのであれば、これらのことを全て自動スケジュールに設定することも可能だ。自由に変更することができる最適化データベースがあれば、サイトの運営もよりスムーズに早くなり、エラーだって想像以上に少なくなるだろう。もしかしたら、これこそがWordpressの中で最も重要なプラグインかもしれない。

WordPress Super Cache

現在活動中のサイトで処理速度の増加から恩恵を受けていないものはない。動作が遅かったり、ビジターのスピードについていくことができないサイトは、失敗する運命にある。しかしラッキーなことに、私たちにはWordPress Super Cacheという味方がいる。

Super Cacheは、比較的重いPHPスクリプトを処理せずにApacheから直接供給されるhtmlファイルを作成することによって、サイトの処理速度を目覚ましく上昇させる。静的なアプリケーションのため、要求されたもの全ては、目立った速度の変化が始まる前に簡単にダウンロードされる。Super Cacheは、その便利さの普遍性と操作の簡単さの理由から、どんなサイトも使用すべき最初のプラグインの1つであるべきだ。

もしあなたがビジネスブログを運営しているのであれば、ここで紹介したプラグインを是非試してみて欲しい。私たちは常にここに多くの機能を実装する予定だし、もしあなたが他のWordpressブロガーにおススメしたいプラグインがあれば、コメント欄で共有して欲しい。


この記事は、Search Engine Journalに掲載されたLoren Bakerによる「Crucial WordPress Plugins for Competitive Business Blogs」を翻訳した内容です。

半分以上、初耳のプラグインでした。。。RedirectionはWordpressでサイトをリニューアルした際に使いましたが、確かにかなり便利でした。データベースのバックアップやキャッシュなども使ってみたいところですね。関連記事の表示プラグインはSEO Japanでも使っていますし、アンケートプラグインも便利そうですね(日本語が通るのか分かりませんが)。

しかしSalesforceとの連携やライブチャットなどビジネス用途で開発されたプラグインも色々あるんですね。Wordpressを使ってサイト運営を考える際に、単なるブログツールだからこの機能は無い、と判断する前にプラグインにどんなものがあるかチェックしてみると意外と何かが用意されているかもしれません。 — SEO Japan

Page Top

投稿ナビゲーション