ツイッターが「Tweet Ads」で広告ビジネスを開始!

既に話題になっているニュースですが一応。スタバやヴァージンアメリカが最初に広告主だそうです。 — SEO Japan

「Twitterで本当にお金儲けはできるのか?できるのならどうやって?」という湧き上がる疑問に、ついに答えるようなものをTwitterは明らかにしようとしている。新しいTwitterのビジネスモデルは、広告をTwitterの検索結果やTwitter.com上のユーザーフィード、ゆくゆくはTwitterのサードパーティクライアントに表示するという「Promoted Tweets」を頼りにしたものだ。

つまり、もしあなたがTweetDeckや他のモバイルやデスクトップ上のTwitterアプリを使っているのなら、毎日ツイートと共に表示される広告を見ることになるのだ。Twitterの「promoted ads」は、初めはTwitter上で実行された検索結果でのみ表示される。

今から数時間後にこの広告システムが始まると、Twitter上で実行した検索結果のトップに1つの広告が表示されることになる。この広告は通常のツイートの形態をしているため、Twitterの広告モデルからのツイートだと気が付かないかもしれないので、リツイートや返信をする時は注意が必要だ。

最初の試みとして、スターバックス、ブラボ、ヴァージンアメリカなどがこの「Promoted Tweets」を実施する。これらの企業はTwitterのヘビーユーザーで、このサービスをコミュニケーションメディアとして使用している。

「私たちは、Twitter上に既に顧客を持っている企業の会話をもっと強調するようなことをしたかった」とTwitterのCOOであるディック・コストロ氏は言う。

さて、あなたの見解はどうだろう?Twitterはこれで成功し、ついにお金儲けのマシンになることができるのだろうか?


この記事は、Search Engine Journalに掲載されたArnold Zafraによる「Suddenly Twitter Has a Business Model, Tweet Ads」を翻訳した内容です。

流石に最初から一流広告主を抑えていますね。果たして成功するのかどうか見守っていきたいと思います。 — SEO Japan


アイオイクスではSEOを軸としたWebコンサルティングサービスを提供しています。

いわゆるSEOの型に沿った施策ではなく、お客様の事業やWebサイトの構成を踏まえた最適な施策のご提案を重要視しています。SEOにお困りの際はぜひご相談ください。

→SEOコンサルティング サービスページ

アイオイクスでは一緒に働く仲間を募集しています

アイオイクスのWebコンサルティング事業部では、「一緒に挑戦し、成功の物語を共有する」という理想像を掲げ、本質的な取り組みを推進しています。私たちと汎用性の高いスキルを突き詰め、自由に仕事をしていきませんか。

メールマガジンの登録はこちら

SEOに関連する記事の更新やセミナー情報をお届けします。

Page Top

投稿ナビゲーション