あなたのライティングスキルを今すぐ改善する7つの秘策

久しぶりのコピーブロガーからライティングのスキルを上達させる7つのテクニックを。ライティング能力がかつてない程、マーケッターに求められる時代、何か参考になることはあるでしょうか? — SEO Japan

大勢の人がもっと説得力のあるブログ投稿や記事やウェブコピーを書きたいと思っているだろう。

あなたは古い定番のアドバイスは全て聞いた。習うより慣れろ。10,000時間を確保しろ。とにかく姿を現し、書け

もちろん、これらは全て良いアイディアだ。ただ、ひどく時間がかかる。

その一方、私は今すぐにあなたのライティングを改善する手っ取り早い方法を知っている。そんな煩わしくてつまらない“練習”の効力が生じるのを待つ必要はない。

もっと良い方法があるのだ。

簡潔明瞭に

この言葉は何百万回も聞いたことがあるだろう。きっちりと詰まった簡潔で読みやすい文章は読者にとって素晴らしいものだ。長くて複雑で入り組んだ文章はただ混乱を招くだけだ。

非常に多くの場合、あなたが長く書けば書くほど、読者の興味を引きつけることは少なくなる。

言いたいことを何語かで分かりやすく言うことが出来なければ、あなたは読者を失うことになるのだ。短く書き無駄なく書き明瞭に書く。そうすれば、自分が今書いたことを説明するための言葉を無駄に浪費する必要がなくなる。

短くする

ライティングのことではなく(それも良いアイディアではあるが)、1行の長さのことだ。

面白いことに、実際、人は長い行ほど素早く読む。しかし、あなたが彼らにして欲しいことは必ずしも早く読むことではない。読者には、あなたが書いたものを吸収し、メッセージを理解して欲しいし、それと同時に心地よく読んで欲しいのだ。

それならば、短くすることだ。ページレイアウトを設定して全幅にしないようにするか、もし全幅が必要であれば、文を短くし、段落分けを多く使用するのだ。

1行に100文字が速度的には最適だが、読者の快適さの面では45文字程度がベストだ。

3にこだわる

3は魔法の数字だ。

人は一度に7ビットの情報を処理できると言われている。しかし、最も説得力のある数字は、私たちが一番好きな数字、3なのだ。

だから、3つの箇条書きを使う。3つのステップ、3つの戦略。できるだけ頻繁に3という数字を使うのだ。

そうすることによって、より読者の興味を引くだけでなく、読者があなたの書いたことを覚えておく能力も高めることになるのだ。私たちは、情報を3つのグループに分割することによってそれらをより簡単に思いだすことができる傾向があるのだ。

トーンに注意する

ライターは、読者が自分のライティングからムードやトーンを受け取ることができるということは容易に想像できる。

私たちは、書いている時の自分の気持ち、ユーモア、興味、心の状態を必ず知っている。しかし、読者にとってそれは理解しにくいことなのだ。彼らはあなたのトーンを推測している―そしてそれは間違った推測かもしれないのだ。

例を挙げよう:

Honey. Please.(ハニー、プリーズ)

私は怒ってじろっと横目で睨んでいたのか?笑顔で優しくせがんでいるのか?辛辣に嫌味っぽいのか?それとも、ただ単に私はトーストを食べていて、クマの形をしたビンに手を伸ばそうとしているだけなのか?

読者であるあなたには、その表現の周辺にある言葉が私の書いたトーンへの合図を出さない限りは、分からないのだ。

食べ物、セックス、危険を語る

What Makes Them ClickのSusan Weinschenkが「あなたが人々について知っておくべき100のこと」という素晴らしいシリーズを書いている。

それをチェックしてみよう。良いものだ。本当に良い。

この資料の中で、私たちの脳は常に以下のような質問をしているのだとスーザンは述べている:

それは食べられる?それとセックスできる?それは私を殺す?

素晴らしい。

あなたにとっても素晴らしいことだ。なぜなら、もしあなたが自分の文章にもっと人々の注目を集めたいのであれば、これらの3大トピックを扱えばいいのだ(またこの数字だ)。食べ物、セックス、危険にまつわるストーリーや例を使うのだ。

説明を記述し、連想させる言葉を加える。お望みとあらば、それと素敵な画像を組み合わせる。それが読者をそのページにくぎ付けにするだろう。

細分化する

長くて大きな塊の段落をスプールしているライターを私は幾度となく目にしてきた。

だめだ、だめだ、だめだ。

人々があなたの作品を読むのを簡単にしてあげるのだ。それが簡単になれば、彼らはもっとあなたの要点を理解し、読むのを楽しむようになる。それこそあなたが求めていることなのだ。

オンラインで読むのは疲れる(もちろん、Y世代のあなたにとっても)。だから、あなたはその負担を軽減するために、あなたができることは全てやる必要があるのだ。

  • 1つの段落に3つ以上の文を入れないこと、そしてそれらの文は短くすること。
  • 箇条書き小見出しを加えて読者を導く。
  • それから、フォントサイズを上げてみては?小さいと目を細める。それは良くないことだ。

本題から外れない

これがどれだけ難しいかは私も知っている。私は、あまりに頻繁に脇道にそれるという罪を犯していて、自分の要点から遠くに脱線しすぎないようにしなければならない。

もしも私が1つの文章にあまりにたくさんのポイントを入れ過ぎたら、読者は私の記事の主要ポイントが何なのか混乱してくる。それはあなたの文章でも同じだ。

大筋をたてることが役に立つ。自分の文章の主要なポイントを決め、それをサポートする3つのサブポイントを作るのだ。必ずその1つ1つが読者に届けたいメッセージと結びつくようにすること、そして各サブポイントは支えとなり関連性があるものにすることだ。

これが、あなたが今すぐに優れたライターになるための手っ取り早いガイドである。

すぐにライティングを向上させるための秘訣、あなたも何か持っているだろうか?コメント欄で教えて欲しい!


この記事は、CopyBloggerに掲載された「7 Ways to Improve Your Writing … Right Now」を翻訳した内容です。

よくある内容の薄いリスト記事かと思いきや、意外とどれも納得して読めました。「今すぐ」効果があるかどうかは分かりませんが、文章を書く前に意識することでもしかすると即効性がある気がしなくもありません。 — SEO Japan
Page Top

投稿ナビゲーション