検索エンジンマーケティング

「検索エンジンマーケティング」と言う言葉はインターネット業界でもまだまだ普及していません(2002年春現在)。実際、SEO Japanが自らの業務の中で自然に命名した一種の造語(フレーズ)です。従来、検索エンジンを活用したウェブサイトのプロモーション手法は、検索エンジン最適化、英語で言うと Search Engine Optimization (SEO) と呼ばれてきました(実際当サイトの名前の由来でもあります)。ただ現在のインターネット上では、最適化を含む検索エンジンを利用したプロモーション手法は単なる1ツールとしての役割から、インターネットマーケティング全体に関わる重要な手法として認識、成長しつつあります。

事実、米国でも2002年に入り、同様の言葉(Search Engine Marketing)が徐々に使われるようになってきています。SEO Japanは日本において逸早く検索エンジンマーケティングの概念を提唱し、検索エンジンを活用した効果的なインターネットマーケティングプランの考案と実践を提唱します。SEO Japanでは検索エンジンマーケティングを:

”検索エンジン最適化、ウェブポジショニングなど検索エンジンを活用したウェブサイトのマーケティング手法”

と定義します。さらに検索エンジンマーケティングを:

”検索エンジンマーケティング=検索エンジン最適化+ウェブポジショニング”

と言う方程式で構成されるインターネットマーケティング手法と考えます。このセクションでは検索エンジンマーケティングとその重要性について、そして検索エンジン最適化、ウェブポジショニングなど検索エンジンマーケティングを構成する要素について説明していきます。

SEO Japanはいわゆる「検索エンジン最適化」から一歩進んだ「検索エンジンマーケティング」の理念を元に日本の検索エンジン最適化 / マーケティング業界の活性化と発展を目指しています。当サイトを通じて「検索エンジンマーケティング」をよくある流行語、「Buzz Word」とは全く違い、もちろん検索エンジンのアルゴリズムを悪用して不当に検索結果に上位表示されるような手法とは一線を画す、インターネットユーザーの特性を理解、活用した効率的なウェブサイトマーケティング手法として普及させていきたいと考えます。