ページランク

2001年以降のロボット型検索エンジンのGoogleの日本国内における普及は目覚しいものがあります。Yahoo! Japanは元よりNifty、Biglobe、Excite Japan、So-net、、、今や日本の検索の70%以上がGoogleのエンジンを利用して行われているとさえ言われています。

そんな状況下で検索エンジン業界で脚光を浴びているのがこの「ページランク」。ページランクとはGoogle独自のウェブページ評価指標であり、Googleのキーワード検索結果はこのページランクに多大に影響を受けています。そこで誰もが気になるのがページランクとは何か、そしてランクと言うからには、どうすればページランクを向上できるのかと言う疑問です。

ページランクとは?

ページランクを説明するにはそのままGoogleの開設を引用するのが最適な方法でしょう。Googleによるとページランクは下記のように定義されています(実際のページはコチラ):

”PageRank(TM) は、Webの膨大なリンク構造を用いて、その特性を生かします。ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。しかしGoogleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。

「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。 こうした分析によって高評価を得た重要なページには高いPageRank(TM) (ページ順位)が与えられ、検索結果内の順位も高くなります。”

簡単に言えばあるウェブページが他のウェブページからリンクされていればいる程、Googleはそのウェブページのページランクを高く評価し、同時にキーワード検索結果で上位表示されやすくなる、と言うことです。またリンクしているウェブページのページランクが高い、またリンク先のウェブページの内容と関連性が高けれな高い程、対象ウェブページのページランクも上がることになります。

この考え方は従来のウェブページの検索エンジン最適化とは全く概念が違ってきます。従来は対象とするウェブページの内容をいかに最適化するか、と言うことが課題となっていましたが、ページランクを基準に考える場合、ウェブページ自体の内容より外部のサイトからのリンクを重要視しなければならないのです。そこではウェブページ内の最適化は効力を持つものではなく結果的に過去のウェブページ最適化のテクニックは以前に比べ最適化の基本事項ではあっても実質的な効果と言う意味ではほとんど意味を成さないものとなっています。

ページランクの重要性

Googleの圧倒的な普及を前に、検索エンジンマーケターもページランクを最重要視する時代に突入しています。現状のGoogleに対する最適化対策としては、ウェブページの内容ももちろんですがそれ以上にウェブページに対して貼られるリンク数を如何に増やすか、と言うことが最重要視されています。そのウェブサイト内のウェブページからのリンクならともかく、外部のサイトからのリンクを増やすと言うことは簡単ではありません。

一般論で言えば「人気があるサイト、役に立つサイトは自然に他のユーザーからリンクを貼られるので結果として有用なサイトがより高いページランクを持ち、上位に表示される」と言うことになるのですが、当然そこには様々なノウハウとテクニックが存在しています。

参考までに、ページランクは1から10までの基準があり、現状の日本のインターネットでは主要ポータルサイトであればページランク7~9、平均的な人気サイトであればページランク4~6が与えられています。ウェブサイト運営者の課題としてはこのページランクを可能な限り向上し、キーワード検索時に上位表示されることを目指す、と言うことになります。

ページランク測定方法

特定のウェブページのページランクを測定するにはGoogleが無料で提供しているGoogle Tool Barをブラウザーにインストールすることで、アクセスしたウェブページのページランクをリアルタイムで測定できます。Tool Barのページランクは100%正しいものではありませんが大体の数値は測定できます。この際、注意が必要なのはTool Barは日本語版ではなく、英語版をインストールすることです。Tool Bar上でアクセス中のウェブページのページランクが棒グラフで表示されますが、英語版のTool Barは棒グラフにカーソルを持っていくと実際のページランクが数値(1~10)で表示され、簡単にそのページのページランクが測定可能です。

検索エンジンを利用したインターネットマーケティングを考えているあなたがGoogle Tool Barをブラウザにインストールすることは、基本中の基本です!まだインストールしていない、または日本語版をインストールしてしまったと言う方はこちらから英語版をインストールしておきましょう。