リンク切れリンク構築 – 究極のリンク構築ガイド7

一瞬、矛盾したタイトルに読めますが、SEOマニアの人なら知っているであろう、リンク切れしているページの管理人にリンク切れを伝えることによって、結果的に被リンクを得ようという古典的な手法。労力がかかることから、特に日本で真面目に取り組んでいる人は皆無の手法と思いますが、有料リンクが絶命品種に近くなった今の時代だからこそ、改めて初心に戻ってリンク切れを活用したリンク構築について考えてみませんか。リンク切れページの自動発見法から、相手に応じたメールの文例パターンまで用意されており、徹底的にやるってこういうことなんだな、と感銘を受けます。 — SEO Japan

関係構築と同じく、リンク切れリンク構築も、以前から存在する手法だが、被リンクウェブスパムが流行している間は、見過ごされることが多かった。現在、ホワイトハットなリンク構築戦略が増え続けており、リンク切れリンク構築に再び注目が集まっている。このチャプターでは、隠れたリンク切れリンク構築の機会を探し出し、eメールによる接触により、より多くの被リンクを獲得することが出来るように、幾つか近道を紹介していく。

リンク切れを起こしたリンクを持つページを探す

リンク切れしたリンクを持ち、関連性が高く、尚且つ、信頼されているページを特定する方法は幾つかある。しかし、その前に、リンク切れを速やかに発見する際に有効なツールをダウンロードする必要がある。

Domain Hunter Plus

まず、グーグルクロームのDomain Hunter Plusをダウンロードする。Domain Hunter Plusは、ページ上のリンク切れを素早くチェックしてくれる。

http://domainhunterplus.com/にアクセスする。「DOWNLOAD」ボタンをクリックし、指示に従い、エクステンションをインストールする。



緑の十字ボタンをクリックすると、自動的にリンク切れのチェックが行われる(また、リンク先のサイトが、登録の対象になっているかどうかもチェックしてもらえる)

Buzzmarker

このツールもまた時間を節約する効果がある(このツールの詳細は、チャプター 6「関係をベースとしたリンク構築」で確認してもらいたい)。Buzzmarkerは、連絡先の情報をあっと言う間に見つけてくれる。

検索の文字列

リンク切れリンク構築のターゲットを探す上で有効な文字列は、無数にある。通常は、多数の外部リンクを持つ、関連するページを探すことになる。

そこで、まずは次の文字列を試してもらいたい:

  • キーワード + “参照情報”
  • キーワード + intitle:参照情報
  • site:.gov キーワード + “リンク”
  • site:.edu キーワード + “推奨するサイト”
  • キーワード + “関連 リンク”

多数のリンクを掲載していると思えるページを探す。

Domain Hunter Plusを有効にする。

すると、全てのリンク切れしたリンクのリストが生成される。このデータをエクセルにエクスポートする。

これで、サイトのウェブマスターに送信するためのリストが手に入ったことになる。

最後に、Buzzmarkarを使って、サイトの連絡先情報を探す。

日付ベースの検索

日付ベースの検索を使って、リンク切れしたリンクを持つページを探す方法は、あまり知られていない。通常、ページが古ければ古いほど、より多くのリンク切れが起きている傾向がある。

グーグルで、検索の文字列を使って、検索を行う。結果が表示されたら、「検索ツール」ボタンをクリックする:


範囲を選択し、2、3年前から1年前の結果のみを表示させる。

まとめてリンク切れをチェック

このプロセスの仕組みを理解したら、ステップアップし、一度に大量のページを取得し、リンク切れを探す取り組みを行う。

この取り組みを行うには、次の2つのツールが必要である。

大量のページを一度にチェックする方法を紹介する。まず、http://home.snafu.de/tilman/xenulink.htmlにアクセスし、このソフトウェアをダウンロードする:

Simple Google Results

これは、グーグルの結果を、エクセルやテキスト文書形式で容易に表示させることが可能なブックマークレットである。

http://www.onlinesales.co.uk/google-results-bookmarklet/にアクセスし、緑色のボタンをファイヤーフォックスのブックマークツールバーにドラッグする。

  1. グーグルの検索結果を拡大する

    少なくとも50点の結果を一度に分析してもらいたい。そのためには、検索の文字列をグーグルに入力し、右側の歯車のボタンをクリックする必要がある。

    「グーグルインスタント検索の結果は表示しない」を選択する。

    ページあたりの表示件数を100に設定する。

    「保存」をクリックする。

  2. Simple Google Results

    これで、50-100件の結果が1つのページに表示されるようになった。続いて、結果を取得していく。

    Simple Google Resultsブックマークレットをクリックする。

    するとプログラムが、取得した結果用のタブを開く。

    ページの一番下までスクロールし、「Plain Lising」(プレーンなリスティング)の結果をコピーする。

  3. リストを整理する

    ViranteのDuplicate Keyword Deleter(http://www.virante.org/seo-tools/delete-duplicates)に貼り付ける。このツールは、重複するURLを全て削除する。

    「Submit Your Keywords」(キーワードを投稿する)をクリックする。

    このクリーンなリストをコピーし、今度は、メモ帳ファイルに貼り付ける。

    .txtファイルとして保存する。

  4. リストを分析する

    Xenu Link Sleuthを開く。まず、「Options」(オプション) 「Preferences」(好み)の順にアクセスする。「Maximum depth」(最大の深さ)を「1」に設定する。すると、Xenuは、アップロードしたページのリンクのみをチェックする。


    「Report」(レポート)のセクションで、「Broken links, ordered by page」(リンク切れ ページごと)以外のチェックを全て外す。

    「OK」をクリックする。

    ここで、Xenu Link Sleuthを開く。File Check URL Listの順にアクセスする。

    先程保存した.textファイルを開く。

    プログラムが、全てのリンクをチェックし終えるまで待つ。チェックが終わると、レポートを提供する必要があるかどうか問われるので、「Yes」をクリックする。

    ブラウザの新しいタブが開き、HTML形式でレポートが表示される。

    「Broken links, ordered by page」(リンク切れ ページごと)セクションまでスクロールする。

    このセクションに、リンク切れを起こしたリンクが、ページごとに掲載されている。このデータを保存するため、この情報をコピーする。

    エクセルに貼り付ける。

    これで、リンク切れを起こしたリンクを持つページが、最大で100ページ掲載されたリストが完成した。

Broken Link Index

このツールは、自動的にリンク切れを持つページをコピーする。嬉しいことに、無料でデータベースを検索することが出来る。

まず、http://brokenlinkindex.com/にアクセスする。自分のサイトの分野に関連するキーワードを入力する(若干広範なキーワードを選ぶことを薦める)


httpStatusCodeで並べ替える。

403と404のステータスコードを持つページを見つけたいところだ。

次にOpen Site Explorerでページのスタッツを確認するため、「OSE Link」をクリックする。

ドロップダウンメニューから「Only external」(外部リンクのみ)を選ぶ。

続いて「Filter」(絞り込む)をクリックする。

すると、このリンク切れを起こしているページにリンクを張っているページが表示される。後は、各サイトのオーナーに接触し、リンク切れについて知らせる。

ドメイン全体を分析する

誰にでも、リンクを得ることを夢見ているオーソリティサイトがあるはずだ。リンク切れが、その夢を叶えてくれるかもしれない。特定のドメインでリンク切れを探すツールに関しては、Free Broken Link Checker(http://www.brokenlinkcheck.com/の右に出るものはいない。

Free Broken Link Checkerにアクセスし、リンクを獲得したいサイトのホームボタンのURLを入力する。続いて、「Find Broken Links」(リンク切れを探す)をクリックする(大きなサイトの場合、スキャンに時間がかかることもある)

すると、リンク切れを起こしたリンクのリストが、リンクが掲載されているページのURLとエラーのタイプと共に表示される。

これからサイトのオーナーに接触し、(ついに)リンクを獲得する取り組みに移るため、このデータをどこかに保存しておく。

接触する

アウトリーチ(接触)は、リンク切れリンク構築において、最も重要な取り組みである。テンプレートをそのまま利用したようなありきたりのeメールでは、見返りを得ることは出来ない。あらゆるリンク構築アウトリーチキャンペーンにおいて、パーソナライズのスケールが重要な鍵を握る。そこで、ニッチ、そして、アプローチに応じて、1つ、または、複数のeメールのテンプレートを採用したいところだ(Yeswareを使って、記録することが可能)。しかし、テンプレート内に出来るだけ個人に特化した情報を盛り込む必要がある。

整理する

連絡の経過の記録を取っておくべきである。こうすることで、無視した人物にフレンドリーな「確認」メールを続けて送ることが出来るようになる。記録するためには、BuzzStreamやエクセル等のプログラムが便利である。ターゲットの大半とは「関係を構築」することが目的ではないため、ここではエクセルのみを利用する。

まず、スプレッドシートを作成し、分析したサイトの名前、URL、連絡先の情報(または問い合わせページ)、そして、リンク切れを起こしたリンクを記入する:

返信定型文

効果が証明されている、検査済みのテンプレートを幾つか紹介していく。eメールを送信する度に毎回テンプレートをコピー/貼り付けするのではなく、Gメールの返信定型文を使って、このプロセスをスピードアップさせるべきである。

まず、Gメールを開く。歯車のボタンをクリックし、「設定」を選択する。

「Labs」をクリックする。

「返信定型文」が現れるまでスクロールする。

「有効にする」を選択する:

一番下までスクロールし、「変更を保存」をクリックする。

新たにメールを作成し、「返信定型文」タブをクリックする。

「返信定型文を作成」を選ぶ。

定型文に名前をつける(下のテンプレートの名前をコピーしてもよい):

eメールの本文に利用したテンプレートを入力する。

再び「返信定型文」タブをクリックする。今回は、「保存」のカテゴリで名前を与えた定型文を選択する:

今後、新たにメールを作成する際は、返信定型文を選べばよい。

すると、返信のテンプレートがすぐに表示されるようになる。

Yeswareを利用する

開封率が高いeメールの件名を記録したいなら、Yeswareが便利である。

まず、http://www.yesware.com/にアクセスし、大きな「Add Yesware to Gmail」ボタンをクリックする。

次にブラウザへのソフトウェアのインストールを許可する。

プロンプトに従い、Gメールのアカウントにログインする。

次にGメールへのアクセスを許可する。

eメールを新たに作成する。クリックのトラッキングを有効にする。

異なる件名を試すことで、開封率の違いを計測し、今後のアウトリーチキャンペーンに応用することが出来る。

この台本では、リンク切れをたまたま発見したランダムなウェブサーファーの役を演じ….好きなサイトの一つを代わりのリンク先として「提案」する。

件名: Re: (サイトの名前)の問題

はじめまして、(サイトのオーナーの名前)様/さん

本日、(サイトの名前)をチェックしていたのですが、幾つかリンクが無効になっていることに気づきました。

このページ: (リンク切れを起こしたリンクを持つページ)

リンクを張ったこの2つのページは、もう存在しないようです:

(リンク切れ #1)

(リンク切れ #2)

代わりの参照情報が必要なら、私が先週見つけ、良いと思った次のページを薦めます:

(自分のページ)

この情報が役に立つことを願っています。また、今後も素晴らしい作品を期待しています。

(本名以外の名前)

当該のサイトが好きでたまらない(別のサイトを運営する)人物を演じる。アイドル的存在のサイトを支援し、リンクを自分のサイトに向けてもらうことが目標だ。

件名: (サイトの名前)に関して質問があります

初めまして、(相手の名前)様/さん

いつも(相手のサイトの名前)をとても楽しく読ませてもらっています。

昨日の午後、(相手のサイト)を代表する記事を熟読させて頂きました。

その時、特に「当該のページのリンク」を気に入りました。

しかし、この記事で掲載されていたリンクが、動作していませんでした。サイトがアドレスを変えてしまったようです。

大騒ぎするようなことではありませんが、どうしてもお伝えしたかったのです。

実は、同じトピックを取り上げた記事を最近投稿しました(記事のリンク)。

(相手のサイト)の大ファンとして、リンク切れを起こしたリンクを私のコンテンツへのリンクに交換して頂ければ、これ以上の名誉はありません。

それが不可能でも問題ありません。もちろん、今後も(割いてのサイト)を読ませて頂きます。

ご検討宜しくお願いします。

(自分の名前)

この台本は、2つのパーツで構成される。まず、eメールを送り、具体的な情報を示さずに、リンク切れがある点のみを伝える。その後、再びメールを送り、リンク切れの詳細…そして、自分のサイトへ向かう、代わりのリンクを紹介する。

件名: (相手のサイト)にリンク切れがあります

初めまして

(相手のサイト)に幾つかリンク切れがあるようです。

こちらのeメールアドレスが、適切な連絡先なのかどうか分かりませんでしたが、とりあえずメールを送らせてもらいました。

以上

(名前)

件名: (相手のサイト)にリンク切れがあります

度々失礼します。

それでは、以下に私が見つけた動作しないリンクを挙げていきます:

(リンク切れを起こしたリンク #1)

(リンク切れを起こしたリンク #2)

代わりに私のサイトのこのページにリンクを張ってもらると嬉しいです: ページのURL

この記事は評価が高く、リンク切れを起こしたページの代わりとして、うってつけだと思います。

ご検討宜しくお願いします

(自分の名前)

このテンプレートは、1997年のジオシティのサイトのようなサイトに向いている。返信率が非常に低いため、実際に当該のサイトを運営している人物がいるかどうかを確認することを目的としたメールである。返信があったら、時間をかけて接触する。

件名: (相手のサイト)の運営は続いていますか?

はじめまして

本日、たまたま(相手のサイト)を訪問し、とても有益な情報(そして、幾つかのリンク切れ)を見つけることが出来ました。

このサイトの更新がまだ行われているのかどうか知りたかったため、メールを送らせて頂きました。

ご返信して頂ければ幸いです。

(名前)

新しい(改善した)コンテンツを作成する

基本的に、出来るだけ質の高いコンテンツを代わりにウェブマスターに提供するべきである。リンク切れのリンク先のコンテンツに対して、関連性が高ければ高いほど良い。しかし、どうしてもリンクを獲得したいページがある場合、行方不明のリンク先のコンテンツの新しく、改善したバージョンを作成することも可能である。こうすることで、より楽にリンクを手に入れることが出来るようになるだろう。

Wayback Machine

まず、リンク切れを探す。

http://archive.org/web/web.php(Wayback Machine)にアクセスする。リンク切れのリンク先のページのURLをWayback Machineに入力し、「Take Me Back」(過去に遡る)をクリックする。

最近のキャプチャをクリックする。

すると、当該のページのコンテンツが表示される。

次に、同じ考え方を採用して(そして、改善を加えて)新たにコンテンツを作成する。今までリンクを張っていた(そして、もう存在しない)コンテンツよりも、さらに質の高いコンテンツを持っていることをサイトのオーナーに伝えれば、ほぼ間違いなくリンクを張ってもらえる

リンク切れリンク構築は、これでマスターしたはずだ。

続いて、リンク構築ツールの中で、特にパワフルなツール: ScrapeBoxを利用した戦略を伝授する。準備が出来ているなら、早速、チャプター 8: ScrapeBoxを使った上級者向けリンク構築に進もう。

究極のリンク構築ガイド


この記事は、Quick Sproutに掲載された「The Advanced Guide to Link Building : Chapter 07」を翻訳した内容です。[G+]