Twitterを使って未来を予測しよう

ブライアン・ソリスからツイッターの会話と映画のヒット状況を比較分析した記事を。まだまだ研究過程のこの分野ですが、なかなか興味深い内容です。 — SEO Japan

トレンドのトピックは、心、気持ち、そして、ツイッターユーザーのキーボードを魅了するアイテムを明らかにするだけではない。ツイッターのトレンドは、注目、そして、意図の状態を反映する文化的な鏡なのだ。そのため、ツイートは消費者の心を映し出すMRIともいえる。また、リリースされる直前直後の製品およびサービスの運命を明らかにする水晶玉としての役割も持つ。この点はさらに重要度が高い。

しかし、貴重な見識の多くは手付かずの状態である。企業はむしろボリュームや人数に焦点を絞り、ブランドを会話に引き込もうと試みており、本質的に共感、そして、最終的に関連性を呼び起こすアクティビティを捉え、分析する行為を疎かにしている。

この傾向が変わろうとしている…

予測市場としての会話

リサーチが明らかにしているのは出来事の状態だけではない。需要と意図も示しており、絞り込むためのフィルターを通して分析すると、データを使って未来を予測することも出来る。

ハリウッドは予想および予測とは切っても切れない関係である。現在、テクノロジーを基に集団の知識を集めて、予測市場を作る手法は最も正確なソリューションの一つに数えられている。例えば、ハリウッド・ストック・エクスチェンジ(HSX)では、映画およびスターのバーチャルな株を取引することが出来る。世界を代表する娯楽の株式市場として、映画会社の重役は、興味、需要、そして、プロジェクトの候補作を計測することが可能なリアルタイムのテロップを見ることが出来るようなものだ。

そんな中、パロ・アルトのHP Labの科学者達が、映画スタジオ、そして、通常の企業がチャンスとポテンシャルを見出すことが可能な、新たなリアルタイムの取引所を発見した可能性がある。この会話を介した株式市場は、ツイッターと言う名前で知られている。

HP Labsのシタラム・アスール氏およびベルナルド・ヒュバーマン氏は、ソーシャルデータが正確にチケットの売上を予測することが出来ると証明した。両氏は以下のように説明している…

ここ数年、ソーシャルメディアはユビキタス化し、ソーシャルネットワークおよびコンテンツの共有にとって、欠かせない存在となった。私たちはソーシャルメディアのコンテンツを現実の結果を予測するために利用することが出来る点を実証する。とりわけ私たちはツイッタードットコムの会話を用いて、映画のチケットの売上を予測する。特定のトピックに関するツイートが生成される割合をベースにしたシンプルなモデルが、市場ベースの予測を凌ぐ点を証明する。さらに、ツイッターから抽出した感情をソーシャルメディアの予測力を改善するために用いることが出来る点も実証する。

彼らのリサーチの内容を噛み砕くと、アスール氏とヒュバーマン氏は、基本的に三ヶ月間24本の映画と290万本のツイートを追跡し、映画のタイトルがツイッターに出てくる頻度を計算したとまとめることが出来る。対象映画には、アバターやニュームーン:トワイライト・サーガが含まれていた。

彼らが分析に取り入れたアプローチが2つあった。そして、そのためには、噂、口コミ、そして、経験の確かな効果を企業が考慮する必要性を強調している。これは、行動にインパクトを与え、影響を及ぼすためである。

1つ目の分析では、アスール氏とヒュバーマン氏は、一週目のパフォーマンスを「リリース日に関するツイートの割合」と「映画を上映する映画館の数のツイートの割合」の2つの変数を組み込むコンピュータモデルをベースに調査した。1つ目のモデルの結果は、封切週の週末のチケットの売上を97.3%の確率で予測しており、その正確性には度肝を抜かれる思いだ。現在、封切のチケットの売上の予測の基準とされているHSX.comは、1%低い96.5%であった。

2つ目の分析は、ポジティブなツイートとネガティブなツイートの割合を割り出すため、経験等から噂を区別した。このデータは別の予測アルゴリズムと融合され、94%の精度を達成した。

あらゆるリサーチプロジェクトに共通することだが、私たちはサンプルを取るグループを注意して選ぶ必要がある。結果にとって年齢層が重要なら、ツイッターユーザーの平均年齢が39.1歳であり、ユーザーベースの男女比は57:43である点に注意する必要がある。しかし、ソーシャルネットワークのソーシャルデータは非常に有益であり、その大半は調査に利用することが可能だ。

事業の預言者

予測市場、そして、行動の実現性は、不確かな市場から予測市場にシフトチェンジするビジョンを受け入れる用意が出来ているなら、誰でも達成することが出来る。HP Labsから派生したリサーチの最も素晴らしい点は、パフォーマンスを予測することが出来るだけでなく、消費者のリアクションおよびアクションから教訓を得ることが出来る点だ。

例えば、アップルは同じような公式をiPadのリリース後1週間および2週間の売上を正式に予測するために用いることも出来たはずだ。公式にデビューするまでの数週間、特に数日間において、iPadは何度かトレンド化していた。

予測のパフォーマンスはさておき、アップルに限らず、あらゆるブランドが、同様のアクティビティを監視し、新しい機能に対する機会を探り当て、修正箇所の優先順位をつけ、そして、今後の製品、応用、繰り返しを思い描くために経験を評価することが出来る。また、潜在的な問題が大きくなり、ソーシャルな津波と化す前に、巧みに、そして、自信をもって行動を起こせば、問題を検知する力をブランドは持っている。例えば、iPadに関しては、コンフリクト、クラッシュ、ハードウェアのトラブル等をリアルタイムで把握することが可能であり、同社のインフラで迅速に反応することが出来るような仕組みが用意されているなら、修正の開発および配信、コミュニケーション、そして、ソリューションの提供を開始することが出来るだろう。

IF–影響要因の力を無視してはならない。このような会話はすべて感情と意図を表し、さらに、影響を受けるソーシャルグラフの付随する行動を左右する。これが製品およびサービスの形勢および運命を決定するネットワーク効果をお膳立てし、今後の参考のための中心的なハブとなる。

ブランドや組織は、耳を傾け、情報を多く持った状態で交流を行うことが出来れば、知覚や認識に寄与し、補助的な視点を手に入れた人々に影響を与えることが出来る。会話は私たちがいてもいなくても発生し、私たちがいない場合、言葉はさらに重要性を増す。

しかし、結局は、低水準で、ありふれた、もしくは、当たり障りのない製品やサービスには何の効果もない。要するに、アイテムをリアルタイムの情報をすぐに手に入れることが不可能なマーケットに継続的に導入するなら、結果を素直に受け入れざるを得ないのだ。こうなると、やがて機会が減り、競争が激しくなるため、神頼みになる。ツイッターやその他のソーシャルネットワークは、重要な情報、そして、意図や意味を作りだし、参加する上で私たちに力を与えてくれる影響力のある意見を映し出す水晶玉と言えるだろう。

未来の未来

シタラム・アスール氏とベルナルド・ヒュバーマン氏のリサーチは、根本的に企業がパフォーマンスを予測する方法を転換させるための非常に奥深いリサーチと言えるだろう。しかし、これは始まりに過ぎない。

アスール氏とヒュバーマン氏のリサーチは、企業だけでなく、付随する文化、そして、製品開発、サービス、さらに、外から中、同様に、下位から上位への交流を育む方法をも変えていくきっかけを明らかにするだろう。

集団の知識は、クリエイティブに役立てることが出来れば、意義深く、真の製品の作成を促すために必要なあらゆる情報を得ることが出来る – こうなると、消費者の意見が最終結果の形成および進化に貢献するため、消費者が関係者となる。そして、耳を傾ける取り組み、予測分析、そして、マーケットのリアクションの調査の担当者は、マーケットが会話によって定義される点を学び、そして、実証していくことになるだろう。


この記事は、Brian Solisに掲載された「A Prediction: Twitter to Predict the Future」を翻訳した内容です。

ツイッターの会話をリアルタイム分析しながらのマーケティング活動というのは今後辺り前になる日が来るのは間違いなさそうですね。企業の製品サービスからエンターテイメント関連、選挙まで全ての分野でツイッターが提供する情報の影響は力を増してきそうです。ある意味、Googleがもたらした情報革命上の革命がそこにはあるのかもしれません。。。 — SEO Japan

投稿ナビゲーション